『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

二十六億の餓龍

 世尊在世に、二十六億の餓龍(ガリュウ)、ともに仏所に詣し、みなことごとくあめのごとくなみだをふらして、まうしてまうさく、
「唯願はくは哀愍(アイミン)して、我を救済(グサイ)したまへ。大悲世尊、我等過去世の時を憶念するに、仏法の中に於て、出家することを得と雖も、備(ツブ)さに是の如くの種々の悪業を造れり。悪業を以ての故に、無量の身を経て三悪道に在り。亦余報を以ての故に、生じて龍の中に在りて極大苦(ゴクダイク)を受く。」
 仏諸龍に告げたまはく、
「汝等今当に尽く三帰を受け、一心に善を修(シュ)すべし。此の縁を以ての故に、賢劫(ケンゴウ)の中に於て、最後の仏に値(ア)ひたてまつらん。名づけて楼至(ルシ)と曰ふ。彼の仏の世に於て、罪除滅することを得ん。」
 時に諸龍等、是の話を聞き已りて、皆悉く至心(シイシン)に、其の形寿(ギョウジュ)を尽すまで、各(オノオノ)三帰を受く。」
 ほとけみづから諸龍を救済(グサイ)しましますに、余法なし、余術なし、ただ三帰をさづけまします。過去世に出家せしとき、かつて三帰をうけたりといへども、業報(ゴッポウ)によりて餓龍となれるとき、余法のこれをすくうべきなし。このゆゑに、三帰をさづけまします。
 しるべし、三帰の功徳、それ最尊最上、甚深(シンジン)不可思議なりといふこと、世尊すでに証明しまします。衆生まさに信受すべし。
 十方の諸仏の名号(ミョウゴウ)を称念せしめましまさず、ただ三帰をさづけまします。仏意の甚深なる、たれかこれを測量(シキリョウ)せん。
 いまの衆生、いたづらに各各の一仏の名号を称念せんよりは、すみやかに三帰をうけたてまつるべし。愚暗にして大功徳をむなしくすることなかれ。
 

【現代語訳】
 世尊(釈尊)が世にありし時に、二十六億の飢えた竜が、ともに仏の所にやって来て、皆雨のように涙を降らせて仏に申し上げた。
「どうか哀れみを垂れて、我等をお救いください。大慈悲の世尊よ、我等は過去世を思い起こすと、昔仏法の中に出家することが出来たけれども、皆このように色々な悪業(悪報いを受ける因縁)を作りました。この悪業のために、生まれ変わり死に変わり無量の身を三悪道(地獄、餓鬼、畜生)の中に送りました。また残りの報によって竜の中に生まれ、極大の苦を受けています。」と。
 仏は、竜たちに話した。
「お前たちは、今から皆三帰(仏陀 仏法 僧団への帰依)を受けて、一心に善行を修めなさい。この因縁によって、お前たちは賢劫(千仏の賢者が出現するという現在の世界)の中で、最後の仏に出会うことであろう。その名を楼至といい、その仏の世で、お前たちの罪は消滅するであろう。」と。
 その時に竜たちは、この話を聞き終わると、皆真心でもって、その命の尽きるまで、おのおの三帰を受けた。
 ここで仏は、自ら竜たちを救済されるのに、ほかの方法や術ではなく、ただ三帰を授けられたのです。この者たちは、過去世で出家した時に三帰を受けていたのですが、悪業によって飢えた竜となった時には、ほかの法でこれを救えるものがありませんでした。そのために、仏は三帰を授けられたのです。
 このことから知りなさい。三帰の功徳は最尊 最上であり、甚深 不可思議であることを、世尊が既に証明されているのです。これを世の人々は、まさに信じ受け取りなさい。
 仏は竜たちに、諸仏の名号を称え念じさせようとなさらずに、ただ三帰を授けられたのです。この深い仏の心を、誰が推し量ることが出来ましょうか。
 今日の人々は、徒にそれぞれの一仏の名号を称え念じるよりも、早く三帰を受けるようにしなさい。愚かで三帰の大功徳を無駄にすることはいけません。
 

《ここのエピソードは、「大方等大集経」からの引用だそうで(『全訳注』)、後段は禅師の解説です。
 『全訳注』がこの巻の開題の末尾に、巻の後半四分の三が「諸経・諸論からいくつもの引用によって」帰依三宝の功徳について語られていることを紹介しながら、「ただ、いささか残念に思うことは、それらの諸論・諸論の語る帰依三宝の功徳は、かなり超現実的なものを含んでいるので、わたしには少々随いてゆきがたいものが感じられたことであった」と記しています。》 

 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 増一阿含経

 増一阿含経に云く、
「忉利天子(トウリテン)有り、五衰の相現じ、当に猪の中に生ぜんとす。愁憂(シュウウ)の声、天帝に聞こゆ。
天帝之を聞きて、喚び来たりて告げて曰く、汝 三宝に帰依すべし。
即時に教えの如くす。便ち猪に生ずることを免れたり。
仏偈を説いて言(ノタマ)はく、
諸有(ショウ)仏に帰依すれば、三悪道に墜ちず、
(ロ)尽きて人天(ニンデン)に処し、便ち当に涅槃に至るべし。
三帰を受け已りなば、長者の家に生じ、
(マ)た出家することを得て、無学を成ぜん。」
おほよそ帰依三宝の功徳、はかりはかるべきにあらず無量無辺なり。
 

【現代語訳】
 また増一阿含経は次のように説いています。
「ある忉利天子の身体に五つの衰弱の相が現れて、猪の中に生まれそうになり、その憂いの声が天帝(帝釈天)に聞こえた。
 天帝はこの声を聞いて天子を呼び、おまえは三宝に帰依しなさいと教えて言った。
 天子はすぐに教えに従い、猪に生まれることを免れることが出来た。
 そこで仏(釈尊)は次の詩句を説かれた。
 人々が仏に帰依すれば、三悪道(地獄 餓鬼 畜生)に落ちることなく、
 煩悩が尽きて人間界や天上界に生まれ、遂には涅槃(煩悩の滅)に達することであろう。三帰戒を受ければ長者の家に生まれ、
 また出家することを得て、更に学ぶべきことのない阿羅漢の悟りを成就することであろう。」と。
 このように、三宝に帰依する功徳は計り知れず、無量無辺なのです。
 

《古い経典でこのような説話が語られるのは理解できます。しかし何度も言うように、こういう話を禅師の時代に僧たちはどのように聞いたのだろうか、という不思議があります。また、禅師はどのように語ろうとしたのでしょうか。
 ここでは、むしろ「天人五衰」という言葉の意味するところに関心が向きます。三島由紀夫著『豊饒の海』第四部がこのタイトルを持つ巻で、意味を知らないままに読んでいました。意味は「六道最高位の天界にいる天人が、長寿の末に迎える死の直前に現れる五つの兆しのこと」(サイト「NAVER」)だそうです。
 あの物語の終わりは私にとって衝撃的で、そのことは先のブログ「源氏物語おもしろ読み」に書いておきました。関心の向きは覗いてみてください。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

1 希有経に曰く、

 希有経(ケウキョウ)に曰く、
「四天下(シテンゲ)及び六欲天を教化(キョウケ)して、皆四果を得せしむとも、一人の三帰を受くる功徳には如かず。」
 四天下とは、東西南北洲なり。そのなかに、北洲は三乗の化(ケ)いたらざるところ、かしこの一切衆生を教化して、阿羅漢となさん、まことにはなはだ希有なりとすべし。
 たとひその益ありとも、一人ををしへて三帰をうけしめん功徳にはおよぶべからず。
 また六天は、得道の衆生まれなりとするところなり。かれをして四果をえしむとも、一人の受三帰の功徳のおほくふかきにおよぶべからず。
 

【現代語訳】
 希有経には次のように説かれています。
「たとえ四天下(須弥山を中心とする東西南北の全地上世界)と六欲天(天上の欲楽世界に住む六種の天人)を教化して、皆に四果(一切の煩悩を断じた阿羅漢)を得させたとしても、それは一人の人が三帰戒(仏陀仏法僧団に帰依する戒)を受けた功徳には及ばない。」と。
 四天下とは、須弥山の四方に位置する世界で、東西南北の洲のことです。その中でも北洲は、仏の三乗(悟りに至る三つの乗り物。声聞乗、縁覚乗、菩薩乗のこと。)の教えの達しない所であり、そのすべての人々を教化して阿羅漢(一切の煩悩を断じた聖者)にすることは、実に甚だ希有なことと言えます。
 しかし、たとえそのような利益があっても、一人を教えて三帰戒を受けさせた功徳には及ばないというのです。
 また六欲天は、仏道を悟る人々が希な所であり、その人に四果(阿羅漢)を得させたとしても、一人の三帰戒を受けた功徳の多さ深さには及ばないのです。
 

《仏の順位でいうと如来(仏)が最上位で、次の第二位が阿羅漢で、「四果を得せしむ」というのは、その阿羅漢にするということのようで、多くの人をそのように導くのは、「まことにはなはだ希有」ことだけれども、しかし、それよりも、一人の人を仏法僧に帰依させる方が、よりいっそう尊いことだと言います。
 以前、国会で「一番でなきゃだめなんですか。二番じゃだめなんですか」という話が話題になりましたが、ここは、多くの人を二番にするよりも、一番に「帰依」する(一番になるのではないのです)ことの方が尊い、という、ちょっと画期的な考え方です。
 言い換えれば、鶏口牛後の故事の逆の教えです。銀のレプリカをもらうよりも、金の本物を見せてもらう(所有する、のではありません)方がいい、というと、言い過ぎでしょうか。
 「三宝」の尊さは、そのように絶対的なものなのだ、ということです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ