仏、比丘に告げたまはく、「当に知るべし、閻羅王(エンラオウ)、便ち是の説を作さく、『我れ当に何れの日にか此の苦難を脱し、人中に生じて、以て人身を得、便ち出家することを得て、鬚髪(シュホツ)を剃除し、三法衣を著して、出家学道すべし。』
 閻羅王すら尚ほ是の念を作す、何(イカ)に況んや汝等、今人身を得て、沙門(シャモン)と作ることを得たり。
 是の故に諸の比丘、当に身口意の行を念行して、欠有らしむること無かるべし。当に五結を滅し、五根を修行すべし。是の如く諸の比丘、当に是の学を作すべし」。
 爾の時に諸の比丘、仏の所説を聞いて、歓喜奉行しき。
 

【現代語訳】
 釈尊は、出家の弟子たちに説いた、「閻羅王(閻魔)は、次のように語ったことを知りなさい。『私がいつの日か、この苦難を脱け出して、人間の中に生まれて人身を得たならば、すぐに出家して鬚 髪を剃り落とし、三枚の出家の衣を身に着けて、仏道を学ぶこととしよう。』と。
 閻羅王ですら、このように考えるのである。ましてあなた方は、今人身を得て出家となることが出来たのである。
 この故にあなた方は、身と口と心の行いに気を付けて、善行に欠けることのないように努めなさい。五結(貪り、怒り、侮り、妬み、物惜しみ)の心を滅ぼして、五根(眼、耳、鼻、舌、身)を修めなさい。このようにして出家は仏道を学ぶのです。」と。
 その時に出家の弟子たちは、仏の説く教えを聞いて大いに喜び、信じ行いたてまつりました。
 

《ここも漢文で経典の引用ですが、「出処必ずしも定かでない」のだそうです(『全訳注』)。
 「人間が死んで地獄に行くと、その裁きをする」(『提唱』)という閻魔大王は、そういう自分の役目を「苦難」と考えていて、ゆくゆくは人間になって出家したいという希望を持っていた、…。どうも、大変に人間味のある閻魔で桂枝雀の落語に出てきそうな話です。
 閻魔についてサイト「德法寺」は次のように紹介しています。ちょっと長いですが。
今では地獄の王といわれる閻魔ですが、インドではヤマという古代から伝えられている神で、ペルシャ神話にも登場します。インド古代神話の『リグ・ヴェーダ』では、ヤマと妹のヤミーが結婚し、その子供が人類だとされていますから、人間の先祖ということになります。最初に死んだ人間となったので、死者の国の王とされます。ただし、その国は地獄ではなく天上界にあり、良いことをした人間だけが死後生まれることのできる世界でした。仏典でも、閻魔の王宮は広大で美しく豪華な例えとして使われています。
 これが時代と共に変化して地獄の主となってきました。そして大乗仏教になると、地獄は重大な罪を犯した者が死後に赴く世界と見なされるようになります。菩提心を抱かない者にも仏道を歩ませる方便として地獄を用いました。中国に仏教が伝わるとこの地獄の教えは民衆の間に受け入れられていきます。中国に古来からある道教と結びつき、閻魔は冥界の王とされ、閻魔大王や閻羅王となります。そして、中国で作られた仏教経典『閻羅王授記四衆逆修生七往生浄土教』では閻魔は地獄の裁判官になり、これが日本に伝わります。
 元来、地獄が菩提心を抱かせるための方便であるのなら、そこの王である閻魔が涅槃を願っていたというのも不思議ではないと言えそうです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ