禅苑清規(ゼンエンシンギ) 第一に云く、
「三世諸仏、皆出家成道と曰(イ)ふ。西天二十八祖、唐土六祖、仏心印を伝ふる、尽く是 沙門なり。蓋(ケダ)し以て毘尼(ビク)を厳浄(ゴンジョウ)し、方(マサ)に能く三界に洪範たり。然れば則参禅問道は、戒律を先と為す。既に過を離れ非を防ぐに非ずば、何を以てか成仏作祖せん。」
 たとひ澆風(ギョウフウ)の叢林なりとも、なほこれ薝蔔(センプク)の林なるべし、凡木凡草のおよぶところにあらず。
 また合水(ゴウスイ)の乳のごとし。乳をもちゐんとき、この和水の乳をもちゐるべし、余物(ヨモツ)をもちゐるべからず。
 しかあればすなはち、三世諸仏、皆曰出家成道の正伝、もともこれ最尊なり。さらに出家せざる三世諸仏おはしまさず。これ仏仏祖祖正伝の正法眼蔵涅槃妙心無上菩提なり。
 

正法眼蔵 出家功徳第一 建長七年 乙卯(キノトウ) 夏安居日(ゲアンゴビ)。延慶三年八月六日、之を書写す。
 

【現代語訳】
 禅苑清規第一に言う。
「三世(過去現在未来)の諸仏は、皆出家して仏道を成就するといわれる。又インド二十八代の祖師や中国六代の祖師など、仏心を証し伝えてこられた方々は、すべて出家である。そもそも出家は戒律を厳守して、まさに世間の立派な模範となるべきものである。その故に、禅に参じ仏道を学ぶには、まず戒律を守ることが大切である。自ら罪過を離れ非法を防ぐことなくして、どうして仏となり祖となることができようか。」と。
 たとえ末世の道場であっても、この道場はクチナシの薫る林であって、平凡な草木の生える所ではありません。
 又修行僧は、水と乳とがよく混ざりあうように和合しなさい。その乳は、水に溶ける新鮮な乳を使うべきであり、古い残り物を使ってはいけません。
 このように、「三世の諸仏は、皆出家して仏道を成就するといわれる。」という正しい伝統は、最も尊いものです。出家をしない三世の諸仏は決しておられないのです。出家は仏祖の正しく伝えた正法眼蔵(仏法の神髄)であり、涅槃妙心(煩悩を滅ぼした優れた心)であり、無上菩提(最上の悟り)なのです。
 

《『禅苑清規』は、「禅苑というのは、禅寺禅林に同じ。清規とは軌範のこと。『禅苑清規』は現存する最古の清規である。…宋の慈覚大師・長蘆宗賾…によって記された」(サイト「つらつら日暮らしWiki」)というもののようです。
 そこで言われているのは、まず出家をして、そして受戒しなければ「成仏作祖」はあり得ない、ということです。
澆風」の「澆」は「薄い」の意で、学道の心の薄い時代ということでしょうか、そういう時代の僧堂であっても、僧堂であるのだから、凡俗とは異なる、立派な生活がなされているところでなくてはならない、…、と言っているところをみると、この「叢林」は永平寺のことを言っているのでしょうか。
 「和水の乳をもちゐるべし」がよく分かりません(以前、どこかに出てきたような気もします)が、ともあれ水で薄めた乳、乳を飲むときに、水で薄めた乳の他のものを飲んではならない、「澆風」ゆえに学道心が薄いのは仕方がないが、仏法以外のものを求めたりしてはならない、というようなことでしょうか。
 終わりのところ、ここには「出家功徳第一」とありますが、諸注、「第一」の語がありません。
 以上で、「出家功徳」巻を終わり、次は「供養諸仏」巻を読んでみます。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ