「帰依三宝」巻は、『全訳注』では第八巻に、前の「供養諸仏」に続いて載っています。同じように禅師の没後に書写されたものです。
 

 禅苑清規(ゼンネンシンギ)に曰く、「仏法僧を敬うや否や」(一百二十問第一)。
 あきらかにしりぬ、西天東土、仏祖正伝するところは、恭敬(クギョウ)仏法僧なり。帰依せざれば恭敬せず、恭敬せざれば帰依すべからず。
 この帰依仏法僧の功徳、かならず感応(カンノウ)道交するとき成就するなり。たとひ天上人間地獄鬼畜なりといへども、感応道交すればかならず帰依したてまつるなり。
 すでに帰依したてまつるがごときは、生生世世(ショウショウセセ)、在在処処に増長し、かならず積功(シャック)累徳し、阿耨多羅三藐三菩提を成就するなり。
 おのづから悪友にひかれ、魔障(マショウ)にあうて、しばらく断善根となり、一闡提(センダイ)となれども、つひには続善根し、その功徳増長するなり。帰依三宝の功徳、つひに不朽なり。
 その帰依三宝とは、まさに浄信をもはらにして、あるひは如来現在世にもあれ、あるひは如来滅後にもあれ、合掌し低頭(テイヅ)して、口にとなへていはく、
「我某甲(ワレソレガシ)、今身(コンジン)より仏身にいたるまで、仏に帰依す。法に帰依す。僧に帰依す。仏に両足の尊に帰依す。法に離欲の尊に帰依す。僧に衆中の尊に帰依す。仏に帰依し竟(オ)わる。法に帰依し竟わる。僧に帰依し竟わる。」
 はるかに仏果菩提をこころざして、かくのごとく僧那を始発(シホツ)するなり。しかあればすなはち、身心(シンジン)いまも刹那刹那に消滅すといへども、法身(ホッシン)  かならず長養して、菩提を成就するなり。
 

【現代語訳】
 禅門の規範である禅苑清規には、「仏、仏の法、仏の僧団を敬っているであろうか。(一百二十問の第一)」とあります。
 このことから明かに知られることは、インドや中国の仏祖の正しく伝えるところの教えは、仏、仏の法、仏の僧団を敬うということです。しかし、仏、仏の法、仏の僧団に帰依しなければそれらを敬うことは出来ないのであり、敬わなければ帰依することは出来ないのです。
 この、仏、法、僧団に帰依する功徳は、必ず仏、法、僧団とその心が相通じる時に成就するのです。たとえ天上界、人間界、地獄界、餓鬼や畜生界の者であっても、その心が仏、法、僧団と相通じれば、必ずその者は帰依し奉るのです。
 すでに仏、法、僧団に帰依し奉っている者は、未来永劫にあらゆる所でその功徳を増長し、功徳を積み重ねて、必ず仏の無上の悟りを成就するのです。
 たまたま悪友に引かれて魔障にあい、暫く善根を断って成仏しない者となっても、遂には善根を積む身となってその功徳を増長するのです。この三宝(仏、仏の法、仏の僧団)に帰依する功徳は、遂に朽ちることがないのです。
 三宝に帰依するとは、まさに清浄な信心を専らにして、或は如来(釈尊)が居られる世であれ、或は如来の滅後であれ、合掌し低頭して次のように口に唱えるのです。
 「私だれそれは、今日より仏身を成就するまで、仏に帰依いたします。仏の法に帰依いたします。仏の僧団に帰依いたします。仏である人間の中の尊き人に帰依いたします。仏の法である欲を離れた尊き人の教えに帰依いたします。仏の僧団である人々の中の尊き人々に帰依いたします。仏に帰依し終ります。仏の法に帰依し終ります。仏の僧団に帰依し終ります。」
  
遠く仏の悟りを志して、このように誓願を起こすのです。そうすれば、この身心は今も刹那刹那に消滅しているけれども、自らの法身(仏身)は必ず長く養われて、仏の悟りを成就することが出来るのです。

 

《まず、三宝に帰依することが仏道の始まりである、という話を、「禅苑清規」の中の一句をもとにして語ります。
 そしてその要点を「帰依仏法僧の功徳、かならず感応道交するとき成就するなり」と言います。
 「感応道交」を『提唱』は「仏の世界とわれわれ普通の人間の世界とが理屈ではなしに通じ合う状態」と言います。「世界」は余計な言葉のような気がしますが、およそそういうことなのでしょう。
 ではそれはどういうことかというと、例えば「香厳撃竹」、あるいは「讃岐の源太夫」(『発心集』第三・四話)のエピソードのようなことを言うのでしょうか。
 なお、「三宝」の三つ目は、普通は「僧」だと思いますが、ここの訳では「仏の僧団」となっていて、ちょっと聞き慣れない気がします。
 ちなみに『提唱』は「僧侶と尼僧と在家の男子と在家の女子と、この四種類の人々によって構成されておる仏道を勉強するための集団」と言っていて、これなら分かりますが、それでもどうして特に「集団」と言う必要があるのか、よく分かりません。
 「恭敬」する対象は、「集団」ではなくて、つねに個人ではないのだろうかと思うのですが、…。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ