「おほよそ外道の邪教にしたがうて、牛戒(ゴカイ)、鹿戒(ロクカイ)、羅刹戒(ラセツカイ)、鬼戒、瘂戒(アカイ)、聾戒(ロウカイ)、狗戒、雞戒、雉戒(チカイ)、灰を以て身に塗り、長髪を相と為し、羊を以て時を祠(マツ)り、先に咒(ジュ)して後に殺し、四月(ヨツキ)火に事(ツカ)へ、七日風に服し、百千億華(ケ)もて、諸天に供養し、諸の欲(ネガ)ふ所の願、此れに因りて成就すといふ。
 是(カク)の如き等の法は、能く解脱の因と為らんには、是の処(コトワリ)有ること無けん。智者の讃(ホ)めざる所、唐(ムナ)しく苦しんで善報なし。」
 かくのごとくなるがゆゑに、いたづらに邪道に帰せざらんこと、あきらかに甄究(ケンキュウ)すべし。たとひこれらの戒にことなる法なりとも、その道理、もし孤樹 制多等の道理に符合せらば、帰依することなかれ。
 人身(ニンシン)うることかたし、仏法あふことまれなり。いたづらに鬼神の眷属として一生をわたり、むなしく邪見の流類(ルルイ)として多生(タショウ)をすごさん、かなしむべし。
 はやく仏法僧の三宝に帰依したてまつりて、衆苦を解脱するのみにあらず、菩提を成就すべし。

 

【現代語訳】
 また世尊の言われるには、
「およそ外道の邪教に従って、牛戒 鹿戒(牛や鹿の行動に習う戒)、羅刹戒 鬼戒(邪悪な鬼神に習う戒)、瘂戒 聾戒(聾唖の如くする戒)、狗戒 雞戒(イヌ、ニワトリ、キジの行動に習う戒)を守ったり、灰を身体に塗って髪を長く伸ばしたり、羊でもって時の神を祭り、先ず呪(まじな)いをして後に殺したり、四ヶ月間火に仕えたり、七日間 風に仕えたり、百千億の華で諸々の天神に供養したりすれば、諸々の願いを成就することが出来ると言うが、このような方法は、解脱の因縁とはならない。これらは知者の褒めない行為であり、徒に苦しいばかりで善い報いはないのである。」と。
 このようなことですから、徒に邪道に帰依してはならないということを明らかに弁えなさい。たとえこれらの戒と異なる法であっても、その道理が若し一樹や廟などの神を祭る道理と一致するのであれば、帰依してはいけません。
 人間として生まれることは難しく、仏法に出会うことは希なのです。徒に鬼神の一族となって一生を送り、空しくよこしまな考えの部類として、多くの生を過ごすならば、それは悲しいことです。
 ですから、すでに「仏陀仏法僧団」の三宝に帰依して、多くの苦を解脱するだけでなく、菩提(仏の悟り)を成就するように努めなさい。
 

《「牛戒、鹿戒、…雞戒」は動物のマネをしなければならないという「戒」を行うということのようです。後に出てくる「灰を以て身に塗り」以下のことは「外道の邪教」にありそうなことですが、そういう動物のマネを勧めるような変な教えがあったのでしょうか。
 いずれにしても、そういう馬鹿なことで「解脱」や「菩提」が得られるとはとても思えませんが、熊がしゃべったりする話が通用する時代のことだと思えば、そういう教えもあり得たのかも知れません。逆にそういうことが普通に信じられている世界では、仏法僧に帰依するなどということは、大変奇妙で、新奇で、斬新な教えであっただろう、というふうにも思われます。
 なお、ここの訳では初めに「世尊の言われるには」とあり、禅師が釈尊の言葉を引用したようになっています(多分そうなのでしょう)が、『全訳注』の原文にはその初めの言葉はなく、また続くカギ括弧「 」の中に当たる部分は漢文で、しかも括弧が付けてなく、禅師自身の言葉として扱われている書き方になっています。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ