世尊在世に、二十六億の餓龍(ガリュウ)、ともに仏所に詣し、みなことごとくあめのごとくなみだをふらして、まうしてまうさく、
「唯願はくは哀愍(アイミン)して、我を救済(グサイ)したまへ。大悲世尊、我等過去世の時を憶念するに、仏法の中に於て、出家することを得と雖も、備(ツブ)さに是の如くの種々の悪業を造れり。悪業を以ての故に、無量の身を経て三悪道に在り。亦余報を以ての故に、生じて龍の中に在りて極大苦(ゴクダイク)を受く。」
 仏諸龍に告げたまはく、
「汝等今当に尽く三帰を受け、一心に善を修(シュ)すべし。此の縁を以ての故に、賢劫(ケンゴウ)の中に於て、最後の仏に値(ア)ひたてまつらん。名づけて楼至(ルシ)と曰ふ。彼の仏の世に於て、罪除滅することを得ん。」
 時に諸龍等、是の話を聞き已りて、皆悉く至心(シイシン)に、其の形寿(ギョウジュ)を尽すまで、各(オノオノ)三帰を受く。」
 ほとけみづから諸龍を救済(グサイ)しましますに、余法なし、余術なし、ただ三帰をさづけまします。過去世に出家せしとき、かつて三帰をうけたりといへども、業報(ゴッポウ)によりて餓龍となれるとき、余法のこれをすくうべきなし。このゆゑに、三帰をさづけまします。
 しるべし、三帰の功徳、それ最尊最上、甚深(シンジン)不可思議なりといふこと、世尊すでに証明しまします。衆生まさに信受すべし。
 十方の諸仏の名号(ミョウゴウ)を称念せしめましまさず、ただ三帰をさづけまします。仏意の甚深なる、たれかこれを測量(シキリョウ)せん。
 いまの衆生、いたづらに各各の一仏の名号を称念せんよりは、すみやかに三帰をうけたてまつるべし。愚暗にして大功徳をむなしくすることなかれ。
 

【現代語訳】
 世尊(釈尊)が世にありし時に、二十六億の飢えた竜が、ともに仏の所にやって来て、皆雨のように涙を降らせて仏に申し上げた。
「どうか哀れみを垂れて、我等をお救いください。大慈悲の世尊よ、我等は過去世を思い起こすと、昔仏法の中に出家することが出来たけれども、皆このように色々な悪業(悪報いを受ける因縁)を作りました。この悪業のために、生まれ変わり死に変わり無量の身を三悪道(地獄、餓鬼、畜生)の中に送りました。また残りの報によって竜の中に生まれ、極大の苦を受けています。」と。
 仏は、竜たちに話した。
「お前たちは、今から皆三帰(仏陀 仏法 僧団への帰依)を受けて、一心に善行を修めなさい。この因縁によって、お前たちは賢劫(千仏の賢者が出現するという現在の世界)の中で、最後の仏に出会うことであろう。その名を楼至といい、その仏の世で、お前たちの罪は消滅するであろう。」と。
 その時に竜たちは、この話を聞き終わると、皆真心でもって、その命の尽きるまで、おのおの三帰を受けた。
 ここで仏は、自ら竜たちを救済されるのに、ほかの方法や術ではなく、ただ三帰を授けられたのです。この者たちは、過去世で出家した時に三帰を受けていたのですが、悪業によって飢えた竜となった時には、ほかの法でこれを救えるものがありませんでした。そのために、仏は三帰を授けられたのです。
 このことから知りなさい。三帰の功徳は最尊 最上であり、甚深 不可思議であることを、世尊が既に証明されているのです。これを世の人々は、まさに信じ受け取りなさい。
 仏は竜たちに、諸仏の名号を称え念じさせようとなさらずに、ただ三帰を授けられたのです。この深い仏の心を、誰が推し量ることが出来ましょうか。
 今日の人々は、徒にそれぞれの一仏の名号を称え念じるよりも、早く三帰を受けるようにしなさい。愚かで三帰の大功徳を無駄にすることはいけません。
 

《ここのエピソードは、「大方等大集経」からの引用だそうで(『全訳注』)、後段は禅師の解説です。
 『全訳注』がこの巻の開題の末尾に、巻の後半四分の三が「諸経・諸論からいくつもの引用によって」帰依三宝の功徳について語られていることを紹介しながら、「ただ、いささか残念に思うことは、それらの諸論・諸論の語る帰依三宝の功徳は、かなり超現実的なものを含んでいるので、わたしには少々随いてゆきがたいものが感じられたことであった」と記しています。》 

 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ