善男子、汝 既に三聚清浄戒(サンジュショウジョウカイ)を受けたり。応に十戒を受くべし。
是れ乃ち諸仏菩薩清浄の大戒なり。

第一、不殺生。 汝今身
(コンジン)(ヨ)り仏身に至るまで、此の戒能く持(タモ)つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第二、不偸盗(フチュウトウ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第三、不貪婬(フトンイン)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第四、不妄語。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第五、不酤酒(フコシュ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第六、不説在家出家菩薩罪過。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第七、不自讃毀他(フジサンキタ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第八、不慳法財(フケンホウザイ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第九、不瞋恚(フシンイ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第十、不謗三宝(フボウサンボウ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
上来十戒、一一犯すことを得ざれ。汝 今身従り仏身に至るまで、此の戒 能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
是の事、是の如く持つべし。(受者礼三拝)
上来三帰、三聚浄戒、十重禁戒、是れ諸仏の受持したまふ所なり。汝今身従り仏身に至るまで、此の十六支戒、能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
是の事、是の如く持つべし。(受者礼三拝)
 次に処世界梵(ショセカイボン)を作(ナ)し訖(オワッ)て云く。帰依仏、帰依法、帰依僧。
(次に受者 道場を出づ)

 この受戒の儀、かならず仏祖正伝せり。丹霞天然(タンカテンネン) 薬山高沙弥(ヤクサンコウシャミ)等、おなじく受持しきたれり。比丘戒を受けざる祖師あれども、この仏祖正伝菩薩戒うけざる祖師、いまだあらず。かならず受持するなり。

 正法眼蔵 受戒 

【現代語訳】
 今、入信の善男子は、既に三か条の清浄戒を受け終わりました。次には十戒を受けなさい。この戒は諸仏菩薩の清浄な大戒です。
第一、不殺生。生あるものを殺してはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第二、不偸盗。盗んではならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第三、不貪婬。淫欲を貪ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第四、不妄語。うそを言ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第五、不酤酒。酒を売ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第六、不説在家出家菩薩罪過。他の罪過ちを説いてはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第七、不自讃毀他。自分をほめ他をそしってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第八、不慳法財。世財法財を施すことを惜しんではならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第九、不瞋恚。怒ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第十、不謗三宝。三宝(仏と法と僧)を誹謗してはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
この十戒は、どれも犯してはなりません。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
これらの事を答えたように保ちなさい。(戒を受ける者は三拝する)
この三宝の帰依・三か条の清浄戒・十か条の禁戒は、諸仏が護持しているものです。あなたは今から仏になるまで、この十六か条の戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
これらの事を答えたように保ちなさい。(戒を受ける者は三拝する)
 次に処世界梵を唱え終わって言う。「仏に帰依す、法に帰依す。僧に帰依す。」
 (次に戒を受けた者は道場を出る)

 この受戒の作法は、必ず仏祖が正しく相伝して来たものです。丹霞天然和尚や薬山高沙弥和尚なども同じく受けて護持してきました。出家の具足戒を受けていない祖師はいましたが、この仏祖の正しく相伝した菩薩戒を受けていない祖師はおられません。祖師であれば必ず受けて護持しているのです。

《最後に、具体的な戒律十箇条が与えられ、受戒者の誓いがなされます。
 ちなみにキリスト教の十戒は次のようだそうです(サイト「クリスチャン メデイア オンライン」より 出エジプト記二十 三~一七)
第1戒 あなたはわたし以外に、ほかの神があってはならない。
第2戒 あなたは自分のために、偶像を造ってはならない。
第3戒 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに口にしてはならない。
第4戒 安息日を覚えて、これを聖なるものとせよ。
第5戒 あなたの父と母を敬え。
第6戒 殺してはならない。
第7戒 姦淫してはならない。
第8戒 盗んではならない。
第9戒 あなたの隣人について、偽りの証言をしてはならない。
第10戒 あなたの隣人の家を欲してはならない。
 ここの第1戒は仏法の第十戒に相当すると思いますが、まずその順番がおもしろく、まず第一に言うのか、最後に満を持していうのか、という違いでしょうか。
 またこちらには積極的排除の意識が感じられるのに対して、仏法の方は、あれほど厳しく「外道」を退ける言葉がありながら、とりあえず他の教えに対する意識が見えません。

 「受戒」おわり。


 とうとう、終わりになりました。最後に、「一百八法明門」巻を読んでみます。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ