『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

作法 3 十戒

善男子、汝 既に三聚清浄戒(サンジュショウジョウカイ)を受けたり。応に十戒を受くべし。
是れ乃ち諸仏菩薩清浄の大戒なり。

第一、不殺生。 汝今身
(コンジン)(ヨ)り仏身に至るまで、此の戒能く持(タモ)つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第二、不偸盗(フチュウトウ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第三、不貪婬(フトンイン)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第四、不妄語。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第五、不酤酒(フコシュ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第六、不説在家出家菩薩罪過。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第七、不自讃毀他(フジサンキタ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第八、不慳法財(フケンホウザイ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第九、不瞋恚(フシンイ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
第十、不謗三宝(フボウサンボウ)。 汝今身従り仏身に至るまで、此の戒能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
上来十戒、一一犯すことを得ざれ。汝 今身従り仏身に至るまで、此の戒 能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
是の事、是の如く持つべし。(受者礼三拝)
上来三帰、三聚浄戒、十重禁戒、是れ諸仏の受持したまふ所なり。汝今身従り仏身に至るまで、此の十六支戒、能く持つや否や。
 答て云く、能く持つ。(三問三答)
是の事、是の如く持つべし。(受者礼三拝)
 次に処世界梵(ショセカイボン)を作(ナ)し訖(オワッ)て云く。帰依仏、帰依法、帰依僧。
(次に受者 道場を出づ)

 この受戒の儀、かならず仏祖正伝せり。丹霞天然(タンカテンネン) 薬山高沙弥(ヤクサンコウシャミ)等、おなじく受持しきたれり。比丘戒を受けざる祖師あれども、この仏祖正伝菩薩戒うけざる祖師、いまだあらず。かならず受持するなり。

 正法眼蔵 受戒 

【現代語訳】
 今、入信の善男子は、既に三か条の清浄戒を受け終わりました。次には十戒を受けなさい。この戒は諸仏菩薩の清浄な大戒です。
第一、不殺生。生あるものを殺してはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第二、不偸盗。盗んではならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第三、不貪婬。淫欲を貪ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第四、不妄語。うそを言ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第五、不酤酒。酒を売ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第六、不説在家出家菩薩罪過。他の罪過ちを説いてはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第七、不自讃毀他。自分をほめ他をそしってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第八、不慳法財。世財法財を施すことを惜しんではならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第九、不瞋恚。怒ってはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
第十、不謗三宝。三宝(仏と法と僧)を誹謗してはならない。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
この十戒は、どれも犯してはなりません。あなたは今から仏になるまで、この戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
これらの事を答えたように保ちなさい。(戒を受ける者は三拝する)
この三宝の帰依・三か条の清浄戒・十か条の禁戒は、諸仏が護持しているものです。あなたは今から仏になるまで、この十六か条の戒をよく保つことができますか。
 (答えて言う)よく保ちます。(三回尋ね、三回答える)
これらの事を答えたように保ちなさい。(戒を受ける者は三拝する)
 次に処世界梵を唱え終わって言う。「仏に帰依す、法に帰依す。僧に帰依す。」
 (次に戒を受けた者は道場を出る)

 この受戒の作法は、必ず仏祖が正しく相伝して来たものです。丹霞天然和尚や薬山高沙弥和尚なども同じく受けて護持してきました。出家の具足戒を受けていない祖師はいましたが、この仏祖の正しく相伝した菩薩戒を受けていない祖師はおられません。祖師であれば必ず受けて護持しているのです。

《最後に、具体的な戒律十箇条が与えられ、受戒者の誓いがなされます。
 ちなみにキリスト教の十戒は次のようだそうです(サイト「クリスチャン メデイア オンライン」より 出エジプト記二十 三~一七)
第1戒 あなたはわたし以外に、ほかの神があってはならない。
第2戒 あなたは自分のために、偶像を造ってはならない。
第3戒 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに口にしてはならない。
第4戒 安息日を覚えて、これを聖なるものとせよ。
第5戒 あなたの父と母を敬え。
第6戒 殺してはならない。
第7戒 姦淫してはならない。
第8戒 盗んではならない。
第9戒 あなたの隣人について、偽りの証言をしてはならない。
第10戒 あなたの隣人の家を欲してはならない。
 ここの第1戒は仏法の第十戒に相当すると思いますが、まずその順番がおもしろく、まず第一に言うのか、最後に満を持していうのか、という違いでしょうか。
 またこちらには積極的排除の意識が感じられるのに対して、仏法の方は、あれほど厳しく「外道」を退ける言葉がありながら、とりあえず他の教えに対する意識が見えません。

 「受戒」おわり。


 とうとう、終わりになりました。最後に、「一百八法明門」巻を読んでみます。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


第二の誤り ~4

 (カツ)て聞く、人有りて自ら成仏すと謂(オモ)へり。待てども天暁(ア)けず、為に魔障(マショウ)ならんと謂へり。
 暁(ア)け已(オハ)るに、梵王の説法を請(ショウ)するを見ず。自ら仏に非ずと知り、自ら是れ阿羅漢ならんと謂へり。
 又 他人に之を罵られて、心に異念を生じ、自ら是れ阿羅漢に非ずと知りぬ。仍(ヨ)って是れ第三果ならんと謂へり。
 又女人を見て欲想を起こし、聖人(ショウニン)に非ずと知りぬ。此れも亦良(マコト)に教相を知るに由るが故に、乃ち是くの如し。
  それ仏法をしれるは、かくのごとくみづからが非を覚知し、はやくそのあやまりをなげすつ。しらざるともがらは、一生むなしく愚蒙(グモウ)のなかにあり。生(ショウ)より生をうくるも、またかくのごとくなるべし。
 この優婆毱多(ウバキクタ)の弟子は、四禅をえて四果とおもふといへども、さらに我非羅漢(ガヒラカン)の智あり。無聞比丘も、臨命終(リンミョウジュウ)のとき、四禅の中陰みゆることあらんに、我非羅漢としらば、謗仏の罪あるべからず。
 いはんや四禅をえてのちひさし、なんぞ四果にあらざるとかへりみしらざらん。すでに四果にあらずとしらば、なんぞあらためざらん。いたづらに僻計(ヘキケイ)にとどこほり、むなしく邪見にしづめり。
 

【現代語訳】
 私は以前、次のような話を聞いた。
「ある人が、自分は仏になったと思った。そこで夜明けを待っていたが、なかなか夜が明けなかったので、悪魔が妨げているのであろうと思った。
 そして朝になっても、梵天が自分に説法を求めることはなかった。そこで自分は仏ではないことを知り、ならば自分は一切の煩悩を滅ぼした阿羅漢であろうと思った。
 又、他人に罵られて心が乱れ、自分は阿羅漢ではないことを知った。ならば自分は欲望の誘惑を断った第三果の阿那含であろうと思った。
 又女人を見て愛欲の思いを起こし、自分は聖人ではないことを知った。」という。
 この話も又、仏の教えをよく知っていたので、このように自分の非を知ることが出来たのである。
 そもそも仏法を知っている者は、このように自分の非を自覚して、すぐにその誤りを投げ捨てるものです。しかし、仏法を知らない者は、一生を空しく愚かさの中に送り、生を終えて次の生を受けても、また同じような一生を送るのです。
 この優婆毱多の弟子は、四禅(四つの禅定)を得て四果(四つの聖者の悟り)を得たと思ったけれども、自分はまったく羅漢ではないと知る智慧がありました。前の無聞比丘(教えを聞かない比丘)も、臨終の時に、涅槃に入らずに四禅定の中陰が現れたのを見て、自分は羅漢ではないと知ったならば、仏を謗る罪を犯すことはなかったのです。
 ましてこの比丘は、四禅を得てから久しいのであり、なぜ四果を得ていないことを省みて知ることがなかったのでしょうか。既に四果を得ていないと知っていたのなら、どうして改めなかったのでしょうか。この比丘は、徒に僻見に滞り、空しく邪まな考えに沈んでいたのです。
 

《ここも前半(訳文が常体である部分)は引用で、原文は漢文です。
 「それ仏法をしれるは」以下が禅師の解説です。
 前章までの「優婆毱多の弟子」の比丘の場合とほとんど同じ話のように思いますので、このまま通過することにします。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

鳩摩羅多尊者曰く~2

あるいは人、あるいは狼(ロウ)、あるいは余趣のなかに、生得(ショウトク)にしばらく宿通をえたるともがらあり。しかあれども、明了(ミョウリョウ)の種子(シュウジ)にあらず、悪業の所感なり。
 この道理、世尊ひろく人天(ニンデン)のために演説しまします、これをしらざるは疎学のいたりなり。
 あはれむべし、たとひ一千生、一万生をしるとも、かならずしも仏法なるべからず。外道すでに八万劫をしる、いまだ仏法とせず。わづかに五百生をしらん、いくばくの能にあらず。
 近代宋朝の参禅のともがら、もともくらきところ、ただ不落因果を邪見の説としらざるにあり。あはれむべし、如来の正法の流通(ルヅウ)するところ、祖祖正伝せるにあひながら、撥無因果の邪党とならん。
 参学のともがら、まさにいそぎて因果の道理をあきらむべし。いま百丈の不昧因果の道理は、因果にくらからずとなり。
 しかあれば、修因感果のむねあきらかなり、仏仏祖祖の道なるべし。おほよそ仏法いまだあきらめざらんとき、みだりに人天のために演説することなかれ。
 

【現代語訳】
 或いは人、或いは狼、或いは他の生命の中には、生まれながらに少し過去世を知り得る仲間もあります。しかしこれは悟りの智慧ではなく、悪業(悪行)の影響によるものです。
 この因果の道理を、釈尊は広く人間界天上界の人々の為に説いておられます。これを知らないのは、仏道を学ぶことが疎かだからです。
 哀れなことです、たとえ一千生、一万生を知っていても、それは必ずしも仏法の智慧ではないのです。外道には既に八万劫という長い時間を知っている者もありますが、それでもまだ仏法の智慧とはいえません。ですから、わずか五百生を知っているというだけでは、たいした能力ではないのです。
 近代の宋国に於いて、禅に参ずる仲間たちの最も暗いところは、ただ「因果に落ちない」という説が誤った説であると知らないことにあります。哀れなことです。彼らは如来(釈尊)の正法が行き渡るところで、祖師から祖師へと正しく相伝された仏法に遇いながら、因果を無視する不正の徒となってしまったのです。
 仏道を学ぶ仲間たちは、急いでこの因果の道理を明らかにしなさい。今、百丈禅師が言われた「因果をくらまさない」というのは、因果の道理に明るいということなのです。
 このように、「善悪の因を修すればそれに応じて善悪の果を感得する」という教えは明白であり、仏祖の道なのです。ですから、およそ仏法をまだ明らかにしていない時には、みだりに人間界天上界の人々のために法を説いてはいけません。
 

《ここの主旨は、普通の人の中にも、修行もしないままに「宿通をえたる」ものがいるのだが、それは「悪業の所感」に過ぎないのであって、「不昧因果」というのは「修因感果」でなければならない、ということだと思われます。
 『全訳注』が「修因感果」について「因を修め果を感ず」である。つまり、善因を納めて善果を感ずるのである。それが仏教だといっておるのである」と注していますが、さて、どういうことか、…。
 単純に考えれば、生得ではなくて「修」したものでなくてはならない、ということに見えます。
 幼児がたまたま一見前衛画家の絵のようなものを画くことがありますが、だからといって、その絵が「芸術」であるわけではないように(もちろんそれは決して「悪業の所感」ではないのですが)、普通の人が因果を思うのは、自分に都合がわるいことが起こったときに、一時的に、過去にあんなことをした罰が当たったのだと感じるだけのことで、それは、そのことの意味、宇宙がそのように因果によって巡っているのだと理解することとは、全く異なることなのだ、というようなことでしょうか。
 いわば、無常「感」は誰でも時折感じることだが、それが無常「観」となるほどに自分のものにする人は少ないのだ、そこまでいかなければ、無常を人に説いてはならないのだ、というような、…。
 我流の理解はどこまで行っても我流にすぎない、如来の正法」、「祖祖正伝せる」因果の理解でなくては、真の理解とは言えないのだ、…。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

外道の邪教

 「おほよそ外道の邪教にしたがうて、牛戒(ゴカイ)、鹿戒(ロクカイ)、羅刹戒(ラセツカイ)、鬼戒、瘂戒(アカイ)、聾戒(ロウカイ)、狗戒、雞戒、雉戒(チカイ)、灰を以て身に塗り、長髪を相と為し、羊を以て時を祠(マツ)り、先に咒(ジュ)して後に殺し、四月(ヨツキ)火に事(ツカ)へ、七日風に服し、百千億華(ケ)もて、諸天に供養し、諸の欲(ネガ)ふ所の願、此れに因りて成就すといふ。
 是(カク)の如き等の法は、能く解脱の因と為らんには、是の処(コトワリ)有ること無けん。智者の讃(ホ)めざる所、唐(ムナ)しく苦しんで善報なし。」
 かくのごとくなるがゆゑに、いたづらに邪道に帰せざらんこと、あきらかに甄究(ケンキュウ)すべし。たとひこれらの戒にことなる法なりとも、その道理、もし孤樹 制多等の道理に符合せらば、帰依することなかれ。
 人身(ニンシン)うることかたし、仏法あふことまれなり。いたづらに鬼神の眷属として一生をわたり、むなしく邪見の流類(ルルイ)として多生(タショウ)をすごさん、かなしむべし。
 はやく仏法僧の三宝に帰依したてまつりて、衆苦を解脱するのみにあらず、菩提を成就すべし。

 

【現代語訳】
 また世尊の言われるには、
「およそ外道の邪教に従って、牛戒 鹿戒(牛や鹿の行動に習う戒)、羅刹戒 鬼戒(邪悪な鬼神に習う戒)、瘂戒 聾戒(聾唖の如くする戒)、狗戒 雞戒(イヌ、ニワトリ、キジの行動に習う戒)を守ったり、灰を身体に塗って髪を長く伸ばしたり、羊でもって時の神を祭り、先ず呪(まじな)いをして後に殺したり、四ヶ月間火に仕えたり、七日間 風に仕えたり、百千億の華で諸々の天神に供養したりすれば、諸々の願いを成就することが出来ると言うが、このような方法は、解脱の因縁とはならない。これらは知者の褒めない行為であり、徒に苦しいばかりで善い報いはないのである。」と。
 このようなことですから、徒に邪道に帰依してはならないということを明らかに弁えなさい。たとえこれらの戒と異なる法であっても、その道理が若し一樹や廟などの神を祭る道理と一致するのであれば、帰依してはいけません。
 人間として生まれることは難しく、仏法に出会うことは希なのです。徒に鬼神の一族となって一生を送り、空しくよこしまな考えの部類として、多くの生を過ごすならば、それは悲しいことです。
 ですから、すでに「仏陀仏法僧団」の三宝に帰依して、多くの苦を解脱するだけでなく、菩提(仏の悟り)を成就するように努めなさい。
 

《「牛戒、鹿戒、…雞戒」は動物のマネをしなければならないという「戒」を行うということのようです。後に出てくる「灰を以て身に塗り」以下のことは「外道の邪教」にありそうなことですが、そういう動物のマネを勧めるような変な教えがあったのでしょうか。
 いずれにしても、そういう馬鹿なことで「解脱」や「菩提」が得られるとはとても思えませんが、熊がしゃべったりする話が通用する時代のことだと思えば、そういう教えもあり得たのかも知れません。逆にそういうことが普通に信じられている世界では、仏法僧に帰依するなどということは、大変奇妙で、新奇で、斬新な教えであっただろう、というふうにも思われます。
 なお、ここの訳では初めに「世尊の言われるには」とあり、禅師が釈尊の言葉を引用したようになっています(多分そうなのでしょう)が、『全訳注』の原文にはその初めの言葉はなく、また続くカギ括弧「 」の中に当たる部分は漢文で、しかも括弧が付けてなく、禅師自身の言葉として扱われている書き方になっています。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

3 大般涅槃経 第二十二~3

 そのときの売身(マイシン)の菩薩は、今釈迦牟尼仏(コンシャカムニブツ)の往因なり。他経を会通(エヅウ)すれば、初阿僧祇劫(ショアソウギコウ)の最初、古釈迦牟尼仏を供養したてまつりましますときなり。
 かのときは瓦師(ガシ)なり、その名を大光明と称す。古釈迦牟尼仏ならびに諸弟子に供養するに、三種の供養をもてす。いはゆる草座、石蜜漿(シャクミツショウ)、燃燈(ネントウ)なり。
 そのときの発願(ホツガン)にいはく、「国土、名号(ミョウゴウ)、寿命、弟子、一如今釈迦牟尼仏。」かのときの発願、すでに今日成就するものなり。
 しかあればすなはち、ほとけを供養したてまつらんとするに、その身まづしといふことなかれ、そのいへまづしといふことなかれ。
 みづから身をうりて、諸仏を供養したてまつるは、いま大師釈尊の正法なり、たれかこれを随喜歓喜(カンギ)したてまつらざらん。
 このなかに、日日に三両の身肉(シンニク)を割取(カッシュ)するぬしにあふ。善知識なりといへども、他人のたふべからざるなり。
 しかあれども、供養の深志(ジンシ)のたすくるところ、いまの功徳あり。いまわれら如来の正法を聴聞する、かの往古の身肉を処分せられたるなるべし。
 いまの四句の偈は、五枚の金銭にかふるところにあらず。三阿僧祇劫一百大劫のあひだ、受生捨生(ジュショウシャショウ)にわするることなく、彼仏是仏のところに証明せられきたりましますところ、まことに不可思議の功徳あるべし。
 遺法(ユイホウ)の弟子、ふかく頂戴受持すべし。如来すでに一偈の力、なほよくかくのごとしと宣説(センゼツ)しまします、もともおほきにふかかるべし。
 

【現代語訳】
 その時に自分の身を売った菩薩とは、今の釈迦牟尼仏の前世の因縁でした。これは他の経文によると、初めの阿僧祇劫の最初の頃、昔の釈迦牟尼仏を供養した時のことでした。
 釈尊はその時瓦職人であり、名前を大光明と言いました。彼は、昔の釈迦牟尼仏とその弟子たちを供養するのに三種の品を施しました。いわゆる草座(草の敷物)、石蜜漿(氷砂糖を溶かした水)、燃燈(燈明)です。
 そしてその時に、「私は、国土、名号、寿命、弟子など、皆今の釈迦牟尼仏と等しい者になる。」と発願しました。その時の発願は、すでに今日成就しているのです。
 ですから、仏を供養しようとする時には、自分の身が貧しいと言ってはいけません。自分の家が貧しいとも言ってはいけません。
 自分から進んで身を売って諸仏を供養することは、今の大師釈尊の正しい法なのです。仏の供養を志す者であれば、誰がこれを喜ばないものでしょうか。
 そして、自分の身を売ろうとする中で、日々に三両の身体の肉を求める人に出会いました。それが良き導師であっても、他の人には耐えられないことです。
 しかし、諸仏供養の深い志しに助けられて、その発願を成就する功徳がありました。今、我々が如来の正法を聞くことが出来るのは、釈尊がその昔、自身の肉を病人に分け与えたからなのです。
 先ほどの四句の教えは、五枚の金銭に換えられるようなものではありません。何故なら、これは釈尊が三阿僧祇劫 一百大劫に亘る修行の間、生を受け 生を捨てても忘れることなく、あらゆる仏の所で証明してきた教えであって、まことに不可思議な功徳があるからです。
 ですから、釈尊の遺された教えを学ぶ弟子は、その教えを深く頂戴し護持しなさい。如来は一つの教えの力でさえ、このように功徳があると説いておられるのですから、その教えは本当に甚だ深いものなのです。
 

《どうも、禅師の関心は、私の疑問のような重箱の隅の点にはなくて、話の本筋である、釈尊が供養のために「日日に三両の身肉を割取する」ことを甘んじて受け入れた、という一点にあったようです。
 いや、そういう決死の覚悟は、あんなつまらぬ疑問などを弾き飛ばして、その功徳を顕現させたというべきでしょうか。
 そうなると、あの中国版シャイロックも、あたかも杜子春物語の閻魔大王のように、彼の意志の真実を探るための役割を担っていた、別の仏ではなかったのか、という気がしてきます。私としては、あの偈を受けて帰って来たところで、病人が忽然と姿を変えて菩薩になり、よく帰って来たと言って、肉を切ることなく、得道の認可を与えた、という形で終わるのかと思っていて、肉を切り取る痛みもなく、その傷跡はすぐに消え、病人の病も完治したという、完璧な終わりになりました。
 功徳の前には意味のない関心ですが、こういう話は、全くの作り話というわけではないでしょうが、どこまでの事実があったのでしょうか。》



にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ