『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

外道の邪教

 「おほよそ外道の邪教にしたがうて、牛戒(ゴカイ)、鹿戒(ロクカイ)、羅刹戒(ラセツカイ)、鬼戒、瘂戒(アカイ)、聾戒(ロウカイ)、狗戒、雞戒、雉戒(チカイ)、灰を以て身に塗り、長髪を相と為し、羊を以て時を祠(マツ)り、先に咒(ジュ)して後に殺し、四月(ヨツキ)火に事(ツカ)へ、七日風に服し、百千億華(ケ)もて、諸天に供養し、諸の欲(ネガ)ふ所の願、此れに因りて成就すといふ。
 是(カク)の如き等の法は、能く解脱の因と為らんには、是の処(コトワリ)有ること無けん。智者の讃(ホ)めざる所、唐(ムナ)しく苦しんで善報なし。」
 かくのごとくなるがゆゑに、いたづらに邪道に帰せざらんこと、あきらかに甄究(ケンキュウ)すべし。たとひこれらの戒にことなる法なりとも、その道理、もし孤樹 制多等の道理に符合せらば、帰依することなかれ。
 人身(ニンシン)うることかたし、仏法あふことまれなり。いたづらに鬼神の眷属として一生をわたり、むなしく邪見の流類(ルルイ)として多生(タショウ)をすごさん、かなしむべし。
 はやく仏法僧の三宝に帰依したてまつりて、衆苦を解脱するのみにあらず、菩提を成就すべし。

 

【現代語訳】
 また世尊の言われるには、
「およそ外道の邪教に従って、牛戒 鹿戒(牛や鹿の行動に習う戒)、羅刹戒 鬼戒(邪悪な鬼神に習う戒)、瘂戒 聾戒(聾唖の如くする戒)、狗戒 雞戒(イヌ、ニワトリ、キジの行動に習う戒)を守ったり、灰を身体に塗って髪を長く伸ばしたり、羊でもって時の神を祭り、先ず呪(まじな)いをして後に殺したり、四ヶ月間火に仕えたり、七日間 風に仕えたり、百千億の華で諸々の天神に供養したりすれば、諸々の願いを成就することが出来ると言うが、このような方法は、解脱の因縁とはならない。これらは知者の褒めない行為であり、徒に苦しいばかりで善い報いはないのである。」と。
 このようなことですから、徒に邪道に帰依してはならないということを明らかに弁えなさい。たとえこれらの戒と異なる法であっても、その道理が若し一樹や廟などの神を祭る道理と一致するのであれば、帰依してはいけません。
 人間として生まれることは難しく、仏法に出会うことは希なのです。徒に鬼神の一族となって一生を送り、空しくよこしまな考えの部類として、多くの生を過ごすならば、それは悲しいことです。
 ですから、すでに「仏陀仏法僧団」の三宝に帰依して、多くの苦を解脱するだけでなく、菩提(仏の悟り)を成就するように努めなさい。
 

《「牛戒、鹿戒、…雞戒」は動物のマネをしなければならないという「戒」を行うということのようです。後に出てくる「灰を以て身に塗り」以下のことは「外道の邪教」にありそうなことですが、そういう動物のマネを勧めるような変な教えがあったのでしょうか。
 いずれにしても、そういう馬鹿なことで「解脱」や「菩提」が得られるとはとても思えませんが、熊がしゃべったりする話が通用する時代のことだと思えば、そういう教えもあり得たのかも知れません。逆にそういうことが普通に信じられている世界では、仏法僧に帰依するなどということは、大変奇妙で、新奇で、斬新な教えであっただろう、というふうにも思われます。
 なお、ここの訳では初めに「世尊の言われるには」とあり、禅師が釈尊の言葉を引用したようになっています(多分そうなのでしょう)が、『全訳注』の原文にはその初めの言葉はなく、また続くカギ括弧「 」の中に当たる部分は漢文で、しかも括弧が付けてなく、禅師自身の言葉として扱われている書き方になっています。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

3 大般涅槃経 第二十二~3

 そのときの売身(マイシン)の菩薩は、今釈迦牟尼仏(コンシャカムニブツ)の往因なり。他経を会通(エヅウ)すれば、初阿僧祇劫(ショアソウギコウ)の最初、古釈迦牟尼仏を供養したてまつりましますときなり。
 かのときは瓦師(ガシ)なり、その名を大光明と称す。古釈迦牟尼仏ならびに諸弟子に供養するに、三種の供養をもてす。いはゆる草座、石蜜漿(シャクミツショウ)、燃燈(ネントウ)なり。
 そのときの発願(ホツガン)にいはく、「国土、名号(ミョウゴウ)、寿命、弟子、一如今釈迦牟尼仏。」かのときの発願、すでに今日成就するものなり。
 しかあればすなはち、ほとけを供養したてまつらんとするに、その身まづしといふことなかれ、そのいへまづしといふことなかれ。
 みづから身をうりて、諸仏を供養したてまつるは、いま大師釈尊の正法なり、たれかこれを随喜歓喜(カンギ)したてまつらざらん。
 このなかに、日日に三両の身肉(シンニク)を割取(カッシュ)するぬしにあふ。善知識なりといへども、他人のたふべからざるなり。
 しかあれども、供養の深志(ジンシ)のたすくるところ、いまの功徳あり。いまわれら如来の正法を聴聞する、かの往古の身肉を処分せられたるなるべし。
 いまの四句の偈は、五枚の金銭にかふるところにあらず。三阿僧祇劫一百大劫のあひだ、受生捨生(ジュショウシャショウ)にわするることなく、彼仏是仏のところに証明せられきたりましますところ、まことに不可思議の功徳あるべし。
 遺法(ユイホウ)の弟子、ふかく頂戴受持すべし。如来すでに一偈の力、なほよくかくのごとしと宣説(センゼツ)しまします、もともおほきにふかかるべし。
 

【現代語訳】
 その時に自分の身を売った菩薩とは、今の釈迦牟尼仏の前世の因縁でした。これは他の経文によると、初めの阿僧祇劫の最初の頃、昔の釈迦牟尼仏を供養した時のことでした。
 釈尊はその時瓦職人であり、名前を大光明と言いました。彼は、昔の釈迦牟尼仏とその弟子たちを供養するのに三種の品を施しました。いわゆる草座(草の敷物)、石蜜漿(氷砂糖を溶かした水)、燃燈(燈明)です。
 そしてその時に、「私は、国土、名号、寿命、弟子など、皆今の釈迦牟尼仏と等しい者になる。」と発願しました。その時の発願は、すでに今日成就しているのです。
 ですから、仏を供養しようとする時には、自分の身が貧しいと言ってはいけません。自分の家が貧しいとも言ってはいけません。
 自分から進んで身を売って諸仏を供養することは、今の大師釈尊の正しい法なのです。仏の供養を志す者であれば、誰がこれを喜ばないものでしょうか。
 そして、自分の身を売ろうとする中で、日々に三両の身体の肉を求める人に出会いました。それが良き導師であっても、他の人には耐えられないことです。
 しかし、諸仏供養の深い志しに助けられて、その発願を成就する功徳がありました。今、我々が如来の正法を聞くことが出来るのは、釈尊がその昔、自身の肉を病人に分け与えたからなのです。
 先ほどの四句の教えは、五枚の金銭に換えられるようなものではありません。何故なら、これは釈尊が三阿僧祇劫 一百大劫に亘る修行の間、生を受け 生を捨てても忘れることなく、あらゆる仏の所で証明してきた教えであって、まことに不可思議な功徳があるからです。
 ですから、釈尊の遺された教えを学ぶ弟子は、その教えを深く頂戴し護持しなさい。如来は一つの教えの力でさえ、このように功徳があると説いておられるのですから、その教えは本当に甚だ深いものなのです。
 

《どうも、禅師の関心は、私の疑問のような重箱の隅の点にはなくて、話の本筋である、釈尊が供養のために「日日に三両の身肉を割取する」ことを甘んじて受け入れた、という一点にあったようです。
 いや、そういう決死の覚悟は、あんなつまらぬ疑問などを弾き飛ばして、その功徳を顕現させたというべきでしょうか。
 そうなると、あの中国版シャイロックも、あたかも杜子春物語の閻魔大王のように、彼の意志の真実を探るための役割を担っていた、別の仏ではなかったのか、という気がしてきます。私としては、あの偈を受けて帰って来たところで、病人が忽然と姿を変えて菩薩になり、よく帰って来たと言って、肉を切ることなく、得道の認可を与えた、という形で終わるのかと思っていて、肉を切り取る痛みもなく、その傷跡はすぐに消え、病人の病も完治したという、完璧な終わりになりました。
 功徳の前には意味のない関心ですが、こういう話は、全くの作り話というわけではないでしょうが、どこまでの事実があったのでしょうか。》



にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 大般涅槃経 第二十二~2

 善男子、我爾(ソ)の時に於て、即ち其の銭を取りて、還た仏の所(ミモト)に至り、頭面(ズメン)に礼足(ライソク)し、其の所有を尽して、而以(モッ)て奉献(ブコン)しき。
 然る後に、誠心(ジョウシン)に是の経を聴受せり。我時に闇鈍(アンドン)にして、経を聞くことを得と雖も、唯だ能く一偈の文句を受持せり。
 如
来涅槃を証したまひ、
 永く生死
(ショウジ)を断ず。
 若し至心
(シイシン)に聴くこと有らば、
 常に無量の楽を得べし。
 是の偈を受け已(オワ)りて、即便(スナワ)ち還た彼(カ)の病人の家に至る。
 善男子、我時に復た日日に三両の肉を与ふと雖も、念偈の因縁を以ての故に、以て痛しと為さず。日日廃せず、一月(ヒトツキ)を具満す。
 善男子、是の因縁を以て、其の病瘥(イ)ゆることを得、我が身も平復して、亦瘡痍(ソウイ)無し。我時に身の具足完具するを見て、即ち阿耨多羅三藐三菩提心を発(オコ)せり。
 一偈の力、尚能く是(カク)の如し。何(イカ)に況や具足して受持し読誦(ドクジュ)せんをや。
 我此の経に是の如くの利有るを見て、復た倍(マスマス)発心(ホッシン)し、未来に於て仏道を成ずることを得て、釈迦牟尼仏と字(アザナ)せんことを願へり。
 善男子、是の一偈の因縁力(インネンリキ)を以ての故に、我をして今日大衆(ダイシュ)の中に於て、諸の天人の為に、具足して宣説(センゼツ)せしむ。
 善男子、是の因縁を以て、是の大涅槃は、不可思議にして、無量無辺の功徳を成就す。乃ち是れ諸仏如来、甚深秘密之蔵(ジンジンヒミツノゾウ)なり。」
 

【現代語訳】
 善男子よ、私はその時にその金銭を受け取り、仏の所に行って仏のみ足を礼拝し、持てるもの全てを仏に差し上げたのである。
 その後に、誠の心でこの大涅槃経を聞いたのである。しかし、私はその時に愚鈍で、経を聞いても一つの語句を覚えることが出来ただけであった。それは、「如来は涅槃(煩悩の火を吹き消すこと)を悟られて、永く苦界の生死流転を断っている。もし誠の心でその教えを聞けば、常に無量の楽を得るであろう。」という語句であった。
 私はこの語句を覚えると、すぐにその病人の家に行った。
 善男子よ、私はその時、日々に三両の身体の肉を病人に与えたが、この語句を念じていた因縁によって、傷は痛まず、日々止めずにひと月を経過したのである。
 善男子よ、この因縁によってその者の病は癒え、私の身体も治って傷跡も無くなったのである。私はその時に、自分の身体が完全に戻ったのを見て、阿耨多羅三藐三菩提心(無上の悟りを求める心)を起こしたのである。
 この経の一語の功徳力でさえ、このとおりである。まして、大涅槃経の全てを受け取り唱える功徳は広大なのである。私は、この大涅槃経にこのような利益のあることを見て、益々発心し、未来には仏道を成就して、釈迦牟尼仏と呼ばれることを願ったのである。
 善男子よ、この経の一語の因縁、功徳力のお陰で、私は今日人々の中で、人間や天界の人々のために、この経を欠ける所なく説くことが出来るのである。
 善男子よ、この因縁で分かるように、この大涅槃経は、不可思議で無量の功徳を成就しているのである。この経は諸仏如来の奥深い秘密の蔵なのである。」
 

《釈尊は、かの中国版シャイロックの言う「一日」を受け入れて、金を受け取り、メロスのごとく釈迦牟尼如来のところに急いで、もらったすべての金を供養し、「誠心に是の経を聴受せり」と言います。身を売って聞くから「誠心」だというのではなく、それほどにしてまで聞きたい説法だったからなのでしょう。
 しかし、残念ながら、その時の釈尊には、その説法の中身は理解できず、ただその経の一節を記憶にとどめただけだったと言います。
 さて、かの男のところに帰ってきた釈尊は、一ヶ月間、約束の苦役を果たしました。その間彼はずっと覚えた一節を唱えていたことでしょう。
 ともあれ、彼の苦役によって、その男の病は癒えたのでしたが、驚いたことに、彼も「我が身も平復して、亦瘡痍無し」ということになりました。彼は命の覚悟をしていたのでしょうが、それが何事も無かったのを見て、あの「一偈」のおかげであろうと「菩提心を発し」ました。
 如来の説法を聞こうと思った段階で、すでに「発菩提心」と言ってもいいのでしょうが、それ以上に深い思いだったのでしょうか。
 そうして釈尊は「釈迦牟尼仏」と呼ばれるようになりたいものと願い続け、今日、こうして人々に語ることができるようになったのだと、話して聞かせます。
 あれ? この前の話では、そういう願いを持って供養することは、ダメだったのではないか、という気がしますが、…。
 さて、以下、禅師の解説です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


1 大般涅槃経第二十二~1

 大般(ダイハツ)涅槃経第二十二に云く、
「仏の言(ノタマ)はく、善男子、我過去無量無辺那由他劫(ナユタゴウ)を念ふに、爾の時に世界を名づけて娑婆と曰ふ。
 仏世尊有り、釈迦牟尼如来、応供(オウグ)、正遍知(ショウヘンチ)、明行足(ミョウギョウソク)、善逝(ゼンゼイ)、世間解(セケンゲ)、無上士、調御丈夫(チョウゴジョウブ)、天人師、仏世尊と号す。諸の大衆(ダイシュ)の為に、是(カク)の如くの大涅槃経を宣説(センゼツ)したまふ。
 我爾の時に、善友の所より、転じて彼の仏の当に大衆の為に大涅槃を説きたまふを聞けり。
 我是を聞き已(オハ)りて、其の心歓喜し、供養を設けんと欲(オモ)ふに、居(キョ)貧にして物無し。自ら身を売らんと欲へども、薄福にして售(ウ)りえず。即ち家に還らんと欲ふに、路に一人を見て、而便(スナハ)ち語(ツ)げて言く、吾身を売らんと欲ふ、若(ナンジ)能く買ふや不(イナ)や。
 其の人答へて曰く、我が家の作業、人の堪ふる者無し、汝設し能く為さば、我当に汝を買ふべし。
 我即ち問ふて言く、何の作業有りてか、人の能く堪ふること無きや。
 其の人見答(ケントウ)すらく、吾に悪病有り、良医の処薬、応当(マサ)に日に人肉三両を服すべしと。卿(ナンジ)若し能く身肉三両を以て、日々に見給(ケンキョウ)せば、便ち当に汝に金銭五枚を与ふべし。
 我時に聞き已りて、心中歓喜しき。
 我復た語(ツ)げて言く、「汝我に銭を与へ、我に七日を仮(カ)すべし。我が事訖(ヲワ)るを須(マ)ちて、便ち還(マ)た相ひ就(ツ)かん。」
 其の人見答(ケントウ)すらく、「七日は不可なり、審(マコト)に能く爾(シカ)あれば、当に一日を許すべし。」
 

【現代語訳】
 大般涅槃経 第二十二に説かれている。
 仏(釈尊)は言われた。「善男子よ、私は無量の過去を思うに、その時娑婆(忍土)という名の世界があった。
 そこには世に尊き仏がおられ、その名を釈迦牟尼如来、応供(供養に値する者)、正遍知(正理を窮め尽くした知者)、明行足(智慧と実践の具わる者)、善逝(善所に行ける者)、世間解(世間を知解する者)、無上士(この上なき優れた人)、調御丈夫(如何なる者でもよく導く人)、天人師(人間や天衆を導く無上の師)、仏世尊(世に尊き仏)と呼ばれた。この仏は、多くの人々のために、このような大涅槃経を説かれた。
 私は、その時に善友から、この仏が人々のために大涅槃を説かれたことを聞いた。私はこれを聞いて心から喜び、仏に供養の席を設けようと思ったが、家が貧しくて供養するものも無かった。そこで自分の身を売ろうとしたけれども、福徳が薄いので売れなかった。そこで家に帰ろうとすると、道で一人の男に会ったので尋ねた。「私は自分の身を売りたいのだが、あなたは買ってはくれまいか。」
 その人は答えて、「我が家の仕事は、耐えられる者がいない。お前がもし出来るのなら、私はお前を買おう。」
 私は尋ねた、「どのような仕事で、人が耐えられないのですか。」
 その人は答えて、「私には悪い病気があり、良医の処方では、一日に人の肉三両を服用せよと言われている。お前がもし身体の肉三両を、日々に提供できれば、お前に金銭五枚を与えよう。」
 私はこれを聞いて、心の中で喜んだのである。
 そこで、私は又言うに、「私にそのお金を下さい。そして私に七日の猶予を下さい。自分の用事を済ませてから、すぐにまた戻って来ます。」
 その人は答えて、「七日はだめだ、それが本当なら一日だけ許そう。」
 

《第五番目の引用です。
 さて、話は釈尊が無限の過去の世界にいたときのこと、そこは「娑婆」世界でした。何か、宇宙の彼方に地球と同じような星があって、そこには人間(または、それと同じようなもの)が住んでいた、というような感じです。
 そこには釈迦牟尼如来と言われる立派な仏がおられて(釈尊は釈迦牟尼仏と呼ばれるので、ややこしいのですが)、釈尊はその如来が大般若経を説かれると聞いて大喜びし、供養をしようと思ったのですが、貧しくて(大変人間的です)何も無かったので、自分の体を売ってそれに当てようと考えました。
 しかし買ってくれる人がいなくて諦めかけていたところで、やっと、それならと言ってくれる人に出会いました。
 するとその人は、「ベニスの商人」のような人で、「卿若し能く身肉三両を以て、日々に見給せば」、買ってやろうと言います。「一両」は「一斤の十六分の一」(『全訳注』)だそうです。ちなみに、一斤は、現代の中国本土では500gのようですが、Wikipediaが、漢代は200g余り、随唐代には680gと様々だったという説を紹介しています。
 釈尊は、それを聞いて早速承知したのですが、ただ、前金にして、七日後からの勤めにしてほしいと頼みます。先に供養をしたかったわけです。しかし中国版シャイロックは一日しか猶予をくれませんでした。
 そして今度は「走れメロス」の雰囲気になります。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

解説~2 転輪聖王

 転輪聖王(ジョウオウ)は、八万歳以上のときにいでて、四洲を統領せり、七宝具足せり。そのとき、この四洲みな浄土のごとし。輪王の快楽(ケラク)、ことばのつくすべきにあらず。
 あるいは三千界統領するもありといふ。金銀(コンゴン)銅鉄輪の別ありて、一二三四洲の統領あり。かならず身に十悪なし。
 この転輪聖王、かくのごときの快楽にゆたかなれども、かうべにひとすぢの白髪おひぬれば、くらゐを太子にゆづりて、わがみすみやかに出家し、袈裟を著(ヂャク)して山林にいり修練し、命終(ミョウジュウ)すればかならず梵天にうまる。
 このみづからがかうべの白髪を銀函(ギンカン)にいれて、王宮にをさめたり。のちの輪王に相伝す。のちの輪王、また白髪おひぬれば、先王に一如(イチニョ)なり。
 転輪聖王の出家ののち、余命のひさしきこと、いまの人にたくらぶべからず。すでに輪王八万上といふ、その身に三十二相を具せり。いまの人およぶべからず。
 しかあれども、白髪をみて無常をさとり、白業(ビャクゴウ)を修して功徳を成就せんがために、かならず出家修道するなり。
 いまの諸王、転輪聖王におよぶべからず。いたづらに光陰を貪欲のなかにすごして出家せざるは、来世くやしからん。いはんや小国辺地は、王者の名あれども王者の徳なし。
 貪じてとどまるべからず。出家修道せば、諸天よろこびまぼるべし、龍神うやまひ保護すべし。諸仏の仏眼、あきらかに証明し、随喜しましまさん。
  

【現代語訳】
 偉大な統治者である転輪聖王は、人の寿命が八万歳以上であった時代に世に出て、四方の国々を統治しました。この王は、七宝(輪宝、象宝、紺馬宝、神珠宝、玉女宝、主蔵臣宝、主兵臣宝)を所有していました。この輪王に統治された四方の国々は、みな仏の浄土のように安穏であり、王の日々の楽しさは、言葉では言い表せないほどでした。
 輪王の中には 宇宙を統治する王もあるといわれています。この輪王には 金輪王、銀輪王、銅輪王、鉄輪王という王の区別があり、金輪王は東西南北の四国を、銀輪王は東西南の三国を、銅輪王は東南の二国を、鉄輪王は南の一国を統治すると言われます。そして これらの王には、決して十悪(殺生、偸盗、邪淫、妄語、綺語、悪口、両舌、貪欲、瞋恚、邪見)はありませんでした。
 転輪聖王は、このように楽しみが豊かであったが、頭に一本の白髪が生えれば、王位を太子に譲って、自分は速やかに出家し、仏衣の袈裟を着けて 山林に入って修練し、その命が終われば必ず梵天に生まれました。
 また、この自分の白髪を銀の箱に入れて王宮に納め、後の輪王に伝えた。そして後の輪王もまた、白髪が生えれば先王に倣って王位を譲り出家した。
 転輪聖王の出家後の余命の長いことは、今の人と比べものになりません。既に輪王の寿命は八万歳以上といわれ、その身には三十二の好相を具えているのです。とても今の人の及ぶところではありません。
 しかしながら 自分の白髪を見て無常を悟り、善業を修めて天界の功徳を成就するために、必ず出家して仏道を修めたのです。
 今の諸国の王で、この転輪聖王の行いに及ぶ者はおりません。徒に月日を貪欲の中に過ごして出家しないことは、来世になって悔やむことでしょう。まして小国辺地では、王者の名前はあっても王者としての徳が無く、ただ権勢をむさぼるばかりで止むことがありません。
 出家して道を修めれば、諸々の天神は喜んで守ってくださり、龍神も敬って保護してくれるのです。また諸仏の眼がその人をはっきりと証明し、喜んでくださるのです。
  

《「転輪聖王」は「統治の輪を転がす王の意。インドのジャイナ教徒,ヒンドゥー教徒,仏教徒の間で考えられていた武器を用いず正義だけで世界を統治する全世界の理想的帝王」(コトバンク)なのだそうです。
 帝王として理想的な生活を送った人でさえも、一本の白髪を見てあっさり出家した、というこの話は、現世における生活がいかにはかなく取るに足らないものであるかということを語っていると同時に、当然ながら、この王の立派な心構えを称えてもいるのでしょう。
 さらには、「転輪聖王の出家ののち、余命のひさしきこと、いまの人にたくらぶべからず」と、第二章に帰って、出家したことによって得られた果報を語っているということでもあり、いわば理想的な例になっている話のようです。
 途中、後段の「いまの諸王」はおそらく中国の王、「小国辺地」は日本のことを指しているのでしょう。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ