『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

2 増一阿含経

 増一阿含経に云く、
「忉利天子(トウリテン)有り、五衰の相現じ、当に猪の中に生ぜんとす。愁憂(シュウウ)の声、天帝に聞こゆ。
天帝之を聞きて、喚び来たりて告げて曰く、汝 三宝に帰依すべし。
即時に教えの如くす。便ち猪に生ずることを免れたり。
仏偈を説いて言(ノタマ)はく、
諸有(ショウ)仏に帰依すれば、三悪道に墜ちず、
(ロ)尽きて人天(ニンデン)に処し、便ち当に涅槃に至るべし。
三帰を受け已りなば、長者の家に生じ、
(マ)た出家することを得て、無学を成ぜん。」
おほよそ帰依三宝の功徳、はかりはかるべきにあらず無量無辺なり。
 

【現代語訳】
 また増一阿含経は次のように説いています。
「ある忉利天子の身体に五つの衰弱の相が現れて、猪の中に生まれそうになり、その憂いの声が天帝(帝釈天)に聞こえた。
 天帝はこの声を聞いて天子を呼び、おまえは三宝に帰依しなさいと教えて言った。
 天子はすぐに教えに従い、猪に生まれることを免れることが出来た。
 そこで仏(釈尊)は次の詩句を説かれた。
 人々が仏に帰依すれば、三悪道(地獄 餓鬼 畜生)に落ちることなく、
 煩悩が尽きて人間界や天上界に生まれ、遂には涅槃(煩悩の滅)に達することであろう。三帰戒を受ければ長者の家に生まれ、
 また出家することを得て、更に学ぶべきことのない阿羅漢の悟りを成就することであろう。」と。
 このように、三宝に帰依する功徳は計り知れず、無量無辺なのです。
 

《古い経典でこのような説話が語られるのは理解できます。しかし何度も言うように、こういう話を禅師の時代に僧たちはどのように聞いたのだろうか、という不思議があります。また、禅師はどのように語ろうとしたのでしょうか。
 ここでは、むしろ「天人五衰」という言葉の意味するところに関心が向きます。三島由紀夫著『豊饒の海』第四部がこのタイトルを持つ巻で、意味を知らないままに読んでいました。意味は「六道最高位の天界にいる天人が、長寿の末に迎える死の直前に現れる五つの兆しのこと」(サイト「NAVER」)だそうです。
 あの物語の終わりは私にとって衝撃的で、そのことは先のブログ「源氏物語おもしろ読み」に書いておきました。関心の向きは覗いてみてください。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

1 希有経に曰く、

 希有経(ケウキョウ)に曰く、
「四天下(シテンゲ)及び六欲天を教化(キョウケ)して、皆四果を得せしむとも、一人の三帰を受くる功徳には如かず。」
 四天下とは、東西南北洲なり。そのなかに、北洲は三乗の化(ケ)いたらざるところ、かしこの一切衆生を教化して、阿羅漢となさん、まことにはなはだ希有なりとすべし。
 たとひその益ありとも、一人ををしへて三帰をうけしめん功徳にはおよぶべからず。
 また六天は、得道の衆生まれなりとするところなり。かれをして四果をえしむとも、一人の受三帰の功徳のおほくふかきにおよぶべからず。
 

【現代語訳】
 希有経には次のように説かれています。
「たとえ四天下(須弥山を中心とする東西南北の全地上世界)と六欲天(天上の欲楽世界に住む六種の天人)を教化して、皆に四果(一切の煩悩を断じた阿羅漢)を得させたとしても、それは一人の人が三帰戒(仏陀仏法僧団に帰依する戒)を受けた功徳には及ばない。」と。
 四天下とは、須弥山の四方に位置する世界で、東西南北の洲のことです。その中でも北洲は、仏の三乗(悟りに至る三つの乗り物。声聞乗、縁覚乗、菩薩乗のこと。)の教えの達しない所であり、そのすべての人々を教化して阿羅漢(一切の煩悩を断じた聖者)にすることは、実に甚だ希有なことと言えます。
 しかし、たとえそのような利益があっても、一人を教えて三帰戒を受けさせた功徳には及ばないというのです。
 また六欲天は、仏道を悟る人々が希な所であり、その人に四果(阿羅漢)を得させたとしても、一人の三帰戒を受けた功徳の多さ深さには及ばないのです。
 

《仏の順位でいうと如来(仏)が最上位で、次の第二位が阿羅漢で、「四果を得せしむ」というのは、その阿羅漢にするということのようで、多くの人をそのように導くのは、「まことにはなはだ希有」ことだけれども、しかし、それよりも、一人の人を仏法僧に帰依させる方が、よりいっそう尊いことだと言います。
 以前、国会で「一番でなきゃだめなんですか。二番じゃだめなんですか」という話が話題になりましたが、ここは、多くの人を二番にするよりも、一番に「帰依」する(一番になるのではないのです)ことの方が尊い、という、ちょっと画期的な考え方です。
 言い換えれば、鶏口牛後の故事の逆の教えです。銀のレプリカをもらうよりも、金の本物を見せてもらう(所有する、のではありません)方がいい、というと、言い過ぎでしょうか。
 「三宝」の尊さは、そのように絶対的なものなのだ、ということです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

法華経

 法華経に云く、
「若し人、塔廟(トウビョウ)宝像及び画像に於て、華香(ケコウ)幡蓋(バンガイ)を以て敬心(キョウシン)にして供養し、若しは人をして楽(ガク)を作(ナ)さしめて、鼓(ク)を撃ち、角貝(カクバイ)を吹き、簫笛(テキ)(キン)箜篌(クゴ)琵琶鐃(ニョウ)銅鈸(ドウハツ)、是の如くの衆妙(シュミョウ)の音、尽く持ちて以て供養し、或は歓喜(カンギ)の心を以て、歌唄(カバイ)して仏徳を頌(ジュ)し、乃至一小音せん、皆已に仏道を成ぜり。
 若し人、散乱の心にして、乃至一華を以て画像を供養せんも、漸く無数(ムシュ)の仏を見たてまつらん。
 或は人有りて礼拝(ライハイ)し、或は復た但だ合掌し、乃至一手を挙げ、或は復た少しく低頭(テイヅ)して、此れを以て像を供養せんも、漸く無量の仏を見たてまつり、自ら無上道を成じて、広く無数の衆を度(ド)せん。」
 これすなはち、三世諸仏の頂○なり、眼睛(ガンゼイ)なり。見賢思斉(シセイ)の猛利精進(ミョウリショウジン)すべし、いたづらに光陰をわたることなかれ。石頭無際大師云く、「光陰虚しく度(ワタ)ること莫れ。」
 かくのごときの功徳、みな成仏す。過去現在未来おなじかるべし。さらに二あり三あるべからず。供養仏の因によりて、作仏(サブツ)の果を成ずること、かくのごとし。
 

【現代語訳】
 法華経には、このように説かれています。
「もし人が、仏塔や仏像仏画などを、花や香、衣笠などで恭しく供養したり、もしくは人に音楽を奏でさせて、鼓を打ったり角貝を吹いたりして、簫、笛、琴、箜篌、琵琶、鐃、銅鈸などの様々な楽器の美しい音色で供養したり、或は喜んで仏徳を讃える歌を歌うなどして、たとえ小さな音一つでも供養したならば、その人達は皆、既に仏道を成就しているのである。
 もし人が、乱れた心で、ただ一つの花で仏画を供養しても、その人は次第に無数の仏を見ることであろう。
 或は、ある人は礼拝して、或はただ合掌して、又は片手を挙げて、或は又少し頭を下げて、これによって仏像を供養しても、その人達は次第に無量の仏を見て、自ら無上の仏道を成就し、広く無数の衆生を済度することであろう。」と。
 これは、過去現在未来の仏達の頭や眼とも言うべき肝要の教えです。ですから、先賢を慕って勇猛精進しなさい。徒らに時を過ごしてはいけません。石頭無際大師(石頭希遷)も、「月日を空しく過ごしてはいけない。」と戒めています。
 このような供養の功徳によって、皆が仏となることは、過去現在未来でも同じなのです。仏となる方法が、決して二つあるわけでも三つあるわけでもありません。仏を供養する因によって、仏となるという果が得られることは、ここに説かれている通りなのです。
 

《第六番目の引用と、禅師の解説です。
 途中、「○」のところは、パソコンに文字が無かったようで、『全訳注』では、「寧」の左に「頁」の字。ネイ、ニョウと読むようで、意味は「頂」(『提唱』)。私のATOKにも『漢語林』にも見つかりませんでした。
 ここは、今風に考えれば、つまりお勤めをしたり、法要を営んだり、あるいは信徒が寺に寄付、寄贈したり、さらには、ただ手を合わせるだけ、頭を下げるだけでも、その仏に対して行う一切のことが、すべて供養である、ということを言っているようです。
 それは当たり前のことのように思われますが、ここでは、単にそうであるだけではなく、それが「過去現在未来の仏達の頭や眼とも言うべき肝要の教え」だと言い、さらに「さらに二あり三あるべからず」とまで言っているところが目を引きます。
 しかし、ここではそれ以上のことは語られません。もし、禅師がこの巻を語られることがあったならば、ここでも、あるいはその所以を縷々説かれたのかも知れませんが、今はその詳細に思いを致す由もありません。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

解説~3

戯女(ケニョ)のむかしは信心にあらず、戯笑(ケショウ)のために比丘尼の衣を著(ヂャク)せり。おそらくは軽法(キョウホウ)の罪あるべしといへども、この衣をその身に著せしちから、二世に仏法にあふ。
 比丘尼衣とは袈裟なり。戯笑著袈裟のちからによりて、第二生(ダイニショウ)に迦葉仏のときにあふたてまつる。出家受戒し、比丘尼となれり。
 破戒によりて堕獄受罪すといへども、功徳くちずしてついに釈迦牟尼仏にあひたてまつり、見仏聞法、発心修習して、ながく三界をはなれて、大阿羅漢となれり、六通、三明(サンミョウ)を具足せり、かならず無上道なるべし。
 しかあればすなはち、はじめより一向無上菩提のために、清浄(ショウジョウ)の信心をこらして袈裟を信受せん、その功徳の増長、かの戯女の功徳よりもすみやかならん。
 いはんやまた、無上菩提のために菩提心をおこし、出家受戒せん、その功徳無量なるべし。人身(ニンシン)にあらざれば、この功徳を成就することまれなり。
 西天東土(サイテントウド)、出家受戒の菩薩祖師おほしといふとも、龍樹祖師におよばず。酔婆羅門、戯女等の因縁、もはら龍樹祖師これを挙(コ)して、衆生の出家受戒をすすむ。龍樹祖師すなはち世尊金口の所記なり。
 

【現代語訳】
 遊女は昔、信心からでなく、笑いふざけるために尼僧の衣を着けました。おそらくは仏法を軽んじる罪があったでしょうが、その衣を身に着けた功徳の力によって、後には二つの世で仏法にあうことが出来ました。
 尼僧の衣とは袈裟のことです。遊女は、笑いふざけて着けた袈裟の力によって、次の生には迦葉仏 出世の時に会うことが出来ました。そして出家受戒し、尼僧となったのです。
 その後、破戒したことで地獄に堕ちて罪を受けたけれども、功徳は朽ちることなく、遂に釈迦牟尼仏に出会い、親しく法を聞いて発心修行し、永く迷いの世界を離れて大阿羅漢になりました。この尼僧は、聖者の智慧である六神通三明智を得たのです。このように必ず無上道を得るのです。
 このようでありますから、もし初めから ひたすら無上菩提のために、清浄な信心を起こして 袈裟を拝受すれば、その功徳の増長は、かの遊女の功徳よりも速いことでしょう。
 まして、無上菩提のために 菩提心を起こして出家受戒すれば、その功徳は無量にちがいありません。人間でなければ、この功徳を成就することは難しいのです。
 インドや中国に於いて、出家受戒を促した菩薩祖師は数多くおられますが、龍樹祖師に及ぶ人はいません。この龍樹祖師は、酔ったバラモンや 遊女などの因縁をもっぱら取り上げて、人々に出家受戒を勧めました。龍樹祖師は釈尊の説法をそのまま伝えているのです。
 

《ここまでの話のまとめ、結論のようです。後半、「しかあればすなはち」以下が主旨で、けっして優鉢羅華比丘尼や酔婆羅門のようであってよいというのではなく、二人はあくまでも最低ラインの例示だったのでした。
 それにしても大変面白い、楽しい話で、「酔阿羅漢」などはそのまま落語のネタになりそうです。
 最後は、こうした話をしながら衆生を導いた龍樹への賛嘆ですが、私などは、ついつい、それよりも優鉢羅華比丘尼の実際の生涯がどんなものだったのかと思ってしまいます。
 「第二生に迦葉仏のときにあふたてまつる」(第三章)というのは、何をもって「第二生」としたのか、また、「世世に地獄に堕し、地獄より出ては悪人為り。悪人死して還た地獄に入る、都て所得無し」という話は、現実の話としてはどういうことだったのか、…。彼女にとって迦葉仏は何だったのか、「地獄より出ては悪人為り」とはどう生きたことを言うのか、そんなことを思い巡らしてみたくなるのですが、それは文学の世界、ここの本題ではありません。禅師にこれを読まれたら、外道と叱責を受けることでしょう。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 此生に善をつくりて、善報をえたる例~2

深く慶悦を生じ、尋いで城内に帰り、宮門に侍立(ジリュウ)し、使いに附して王に啓し、入りて奉覲(ブゴン)せんことを請ふ。
 王喚び入れしめ、怪しんで所由(ユエ)を問う。是に於いて黄門、具に上(カミ)の事を奏す。王聞いて驚喜し、厚く珍財を賜う。転じて高官を授け、外事を知らせしむ。
 是の如くの善業(ゼンゴウ)は、要(カナラ)ず相続を待って、或いは相続に度(ワタ)りて、方に其の果を受く。
 あきらかにしりぬ、牛畜(ゴチク)の身、をしむべきにあらざれども、すくふひと、善果をうく。いはんや恩田(オンデン)をうやまひ、徳田(トクデン)をうやまひ、もろもろの善を修せんをや。
 かくのごとくなるを、善の順現法受業となづく。善により悪によりて、かくのごとくのことおほかれど、つくしあぐるいとまあらず。
 

【現代語訳】
 黄門は深く喜んで、すぐ城内に帰って王宮の門にかしこまって立ち、使いに言づけて王に拝謁を請いました。
 王は黄門を呼び入れて、いぶかって理由を尋ねると、黄門は詳しくこれまでの出来事を申しあげました。話を聞いた王は大変喜び、たくさんの珍しい財物を黄門に与えて、さらに転職して高い官位を授け外務に当たらせました。
 このような善業は、必ず現世に因果の相続を待って、或いは因果の相続を現世にわたって、その果報を受けるのです。
 この話から明らかに知ることは、牛の身体は大切に思うべきものではないが、それを救った人は善い果報を受けたということです。まして恩田(恩を受けた父母や師長)を敬い、徳田(功徳のある如来や阿羅漢)を敬って多くの善を修めれば、必ずや善い果報を受けることでしょう。
 このような例を、善業(善き行い)の順現法受業というのです。善業や悪業によって、このように果報を受けた例は多いのですが、今すべてを取り上げることはできません。
 

《その宦官は大喜びして、と、ここまではいいのですが、「使いに附して王に啓し、入りて奉覲せん」とした、というのは、ちょっと意外です。そういうことは、王に直ちに直々に伝えることなのでしょうか。
 また、「王聞いて驚喜し」というのも、「驚」はいいとしても、「喜」は、何か、王と黄門の間に人間的交流があったような感じでちょっと意外です。
 また、この善行によって与えられた役職が「外事を知らせしむ」であったというのも、どうもちがうんじゃないかという気がします。
 しかし、そういう詮索は本題ではありませんから、そういうことだったのだと承知することにしましょう。
 かくして黄門は莫大なお褒めの金品を賜り、さらに職務の上でも要職に抜擢されました。
 牛の身を助けるという小さな善行(と禅師自身が言うのは、らしくないような感じで、別の意味でちょっと意外です)によって、大きな報いを受けたわけですが、こういうこと、つまり現世において行った善行によって現世においてその報いを受けることを「善の順現法受業」というのだ、と結ばれます。》

 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ