『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

七 第一、二問

2 正門 

 とふていはく、「なんぞひとり正門とする。」
 しめしていはく、「大師釈尊、まさしく得道の妙術を正伝し、又 三世の如来、ともに坐禅より得道せり。このゆゑに正門なることをあひつたへたるなり。しかのみにあらず、西天(サイテン)東地の諸祖、みな坐禅より得道せるなり。ゆゑにいま正門を人天(ニンデン)にしめす。」
 

【現代語訳】

問う、「どうしてそれだけを正門とするのか。」
 答え、「大師釈尊は、まさに悟りを得る妙術として坐禅を伝えたのであり、また三世(過去現在未来)の如来(仏)も、皆共に坐禅によって悟りを得たのです。このために、坐禅が正門であることを人々に伝えるのです。それだけでなく、西天のインドや東地中国の祖師たちは、皆坐禅によって悟りを得たのです。そのために今、坐禅という仏法の正門を人間界天上界の人々に示すのです。」
 

《さて、どうして坐禅だけが「正門」なのかという問いです。
 ここでも、私としてはその内容において他より優れているという答えを期待するのですが、そういう答えではなく、伝統において正統なのだというものでした。釈尊から始まって歴代、またインドでも中国でも、「諸祖、みな坐禅より得道」して来たという実績があるのだから、これこそが正統なのだと言います。つまりはその諸祖を信じてその後を踏むべきだということのようです。

 なお「坐禅より得道」をここでは「坐禅によって悟りを得た」という訳になっていますが、『参究』が、そう解すると「坐禅が得道の手段方法であるという一面だけに終わる」として、「坐禅より得道」という言い方は、「悟りというものは、坐禅の中から出た功徳の一波瀾、二波瀾にすぎないという、ひびきを蔵している」と言います。
 坐禅は悟りのための手段ではなく、そういう物欲しげな気持ちで坐ってはならない、坐禅自体が悟りの姿なのだ、という考え方は、禅の世界では根強いようで、時々こういう議論が出てきます。

 細かく見ると、原文は、坐禅により得道、ではなく、「坐禅より得道」であって、そうすると、坐禅を通って得道に至った、というふうに読むことができます。

そこで、坐禅は悟りという世界の入り口であると考えてはどうでしょうか。入り口という言葉には、その世界の外の意味と内側の意味がありますが、すでに坐禅をしてるなら、それは一歩を踏み入れているわけで、実はすでにその世界の内部にいるということになりそうです。

得道の世界にも深浅があって、坐禅から(または坐禅において)「一波瀾、二波瀾」(「に過ぎない」かどうかは別にして)を経てより深い得道に至る、というふうに考えると、考えやすいような気がします。
 坐禅しながら妄想に襲われている姿と、同じ姿で「音のない交響楽」(第五章1節)に聞き入っているのとは、ただ深浅の差があるだけで、同じ世界にいるのだと考えたいのです。》

 

1 十八問一覧

 いまこの坐禅の功徳、高大なることをききをはりぬ。おろかならん人、うたがふていはん、「仏法におほくの門あり、なにをもてかひとへに坐禅をすすむるや。」
 しめしていはく、「これ仏法の正門(ショウモン)なるをもてなり。」

 

【現代語訳】

あなたは今、この坐禅の功徳の広大なことを聞き終わりましたが、愚かな人は、疑って言うことでしょう、「仏法には多くの門があるのに、なぜもっぱら坐禅を勧めるのか。」と。
 答え、「この坐禅は仏法の正門だからです。」

 

《ここからは問答形式で十八のことが語られます。「古来十八問答といわれている」のだそうです。

 初めに、『道は』が、その「概要」を見だしふうに挙げていますので、引いておきます。

①② 坐禅が仏法の正門であること

③  坐禅には広大な功徳があること

④  大乗諸宗との優劣について

⑤  坐禅は仏法の全体であること 

⑥  坐禅は安楽の法門であること

⑦  修証一等

⑧⑨ この正法は道元がはじめてつたえたこと

⑩  自然主義(本覚思想)批判

⑪  戒律は当然重視されるべきこと

⑫  兼修否定

⑬⑭ 平等主義(男女・貴賤・出家在家)

⑮  正像末の三時否定

⑯  自他の見をやめるべきこと

⑰  悟りへの正しい道は坐禅であること

⑱  坐禅は日本人の機微にもかなうこと

 さて、第一の問いは、仏教にはいろいろな教えがあるのに、どうして坐禅だけをそんなに勧めるのですかというものです。たいへんまっとうな問いで、別に「愚かな人」の質問とは思えませんが、禅師の思いの強さがそう言わせるのでしょう。

 むしろその答えの方が、質問の意図を外したもので、本来この質問には、他の様々な教えと坐禅を比較してその優れている点が示されるべきで、それによって「正門」であることがおのずと理解されていくはずです。

 いきなり「正門」だからだと言われても、困るので、当然次の質問になります。》

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ