『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

二十六 結び

 おほよそ我朝は、龍海の以東にところして、雲煙はるかなれども、欽明用明の前後より、秋方の仏法東漸する、これすなはち人のさいはひなり。しかあるを、名相(ミョウソウ)事縁しげくみだれて、修行のところにわづらふ。
 いまは破衣綴盂(ハエテツウ)を生涯として、青巌白石のほとりに茅(ボウ)をむすんで、端坐修練(シュレン)するに、仏向上の事たちまちにあらはれて、一生参学の大事すみやかに究竟(クキョウ)するものなり。これすなはち龍牙(リュウゲ)の誡勅(カイチョク)なり、鶏足の遺風なり。その坐禅の儀則は、すぎぬる嘉禄のころ撰集(センジュ)せし普勧坐禅儀に依行(エギョウ)すべし。
 それ仏法を国中に弘通(グツウ)すること、王勅(オウチョク)をまつべしといへども、ふたたび霊山の遺嘱をおもへば、いま百万億刹に現出せる王公相将、みなともにかたじけなく仏勅をうけて、夙生(シュクショウ)に仏法を護持する素懐をわすれず、生来(ショウライ)せるものなり。その化(ケ)をしくさかひ、いづれのところか仏国土にあらざらん。
 このゆゑに、仏祖の道を流通(ルヅウ)せん、かならずしもところをえらび、縁をまつべきにあらず。ただ、けふをはじめとおもはんや。しかあればすなはち、これをあつめて、仏法をねがはん哲匠、あはせて道をとぶらひ雲遊萍寄(ヒョウキ)せん参学の真流(シンル)にのこす。」

 ときに、寛喜辛卯(カノト ウ)中秋日 入宋伝法沙門道元記 辨道話

【現代語訳】

およそ我が国は、大海の東方に位置していて、釈尊のおられたインドから遙か遠い国ですが、欽明、用明天皇の前後から、西方の仏法が伝来したことは、人々の幸せでした。しかし、その仏法の教えと実践は多様で入り乱れ、修行に悩むところでした。
 今は、破れ衣と粗末な鉢を生涯の友として、苔むす岩や白石のほとりに草庵を結んで、坐禅修練すれば、仏にもとらわれない悟りがすぐに現れて、一生に学ぶべき仏道の悟りを速やかに究めることが出来るのです。これは龍牙居遁(リュウゲコドン)禅師の教えであり、鶏足山(ケイソクセン)に入られた摩訶迦葉尊者が残された家風なのです。その坐禅の作法は、以前 嘉禄の年に私が編集した普勧坐禅儀に従ってください。
 そもそも仏法を国中に広めるには、まず天皇のお許しを待ってするべきものですが、釈尊が霊鷲山で後世に大法を託されたことを思い返せば、今日無数の国々に現れ出た国王、宰相、将軍などは、皆ありがたいことに、釈尊のお言葉を受けて、前世に於いて仏法を護持すると願ったことを忘れずに、この世に生まれてきた人々なのです。その人々が治める地域は、どこであろうとも仏の国なのです。
 このために、仏祖の道を広めることは、必ずしも場所を選び、縁を待つべきではありません。ただ今日を始めの日と思うのです。ですから、これらのことを集めて、仏法を求める優れた人や、仏道を尋ねて雲や浮草のように漂う真の修行者のために、これを書き残すのです。」
 

この時、寛喜三年(西暦1231年) 辛卯 八月十五日 中秋の日 入宋伝法沙門 道元記す。 辨道話。
 

《文明の隔遠の地でありながら私たちの前に古くから仏法がもたらされていたのは幸いと言うべきですが、「名相事縁」、様々な教え(第二十一章)が入り乱れて混乱していました。
 その中で、自分は今、龍牙禅師、迦葉尊者の教えに従って「雲遊萍寄」(第二章)して修行することによって、「仏向上の事たちまちにあらはれて、一生参学の大事すみやかに究竟」しているが、そのことは「普勧坐禅儀」に著したつもりです。…。
 ちなみに、この「普勧坐禅儀」は、「帰朝されたその年(一三三一年)に書かれ、そののち観音導利院で浄書された直筆の美しい『普勧坐禅儀』がいまも残って」(『「普勧坐禅儀」を読む』・内山興正著)いるそうです。
 禅師は、帰朝するに当たって如浄禅師から「国に帰り、化を布き広く人天を利せよ。」と言い贈られたとされます(『道は』)。ここの「仏法を国中に弘通すること王勅をまつべし…」は、そのことを意識したものなのでしょう。
 「霊山の遺嘱」は、「お釈迦さまが霊山におられて、亡くなるときに、これからの仏法は王さまや大臣の助けを得なければならないと言われた」(『講話』)ことを指すとされます。これは、普通に考えると仏法が権力に従属するということになりそうですが、どうも禅師の考え方話は逆に、釈尊がそう言ったことによって、「王公相将」が存在することになったというふうに考えるようで、したがって国王のいる所、仏国土でないところはない、ということになるようです。
 「ふたたび」は、改めて、というような気持ちでしょうか。今改めてその言葉を思い返せば、あえて勅許を求め、場所を選ぶことは、必要がないだろう。自分は「今日をはじめだとばかりおもうてはならない。釈尊当時からの仏法流通のつづきをやるのである」(『参究』)と宣言している口調、ということのようです。
 以上で辨道話を終わります。恐る恐る始めましたが、何とか初めの一巻の終わりにたどりつきました。もう少し続けてみようと思うのですが、次からが『正法眼蔵』の正巻、それもきなり「現成公案」巻です。

 さきの問答往来し、賓主(ヒンジュ)相交することみだりがはし、いくばくか、はななきそらにはなをなさしむる。しかあれども、このくに、坐禅辨道におきて、いまだその宗旨つたはれず。しらんとこころざさんもの、かなしむべし。
 このゆゑに、いささか異域の見聞(ケンモン)をあつめ、明師の真訣(シンケツ)をしるしとどめて、参学のねがはんにきこえんとす。
 このほか、叢林の規範および寺院の格式、いましめすにいとまあらず、又草々にすべからず。

【現代語訳】
 これまでの問答は、自ら問うて又答えてと乱雑なことでした。どれほど花のない空に花を見させたことでしょう。しかしながらこの国は、坐禅修行に於いてまだその教えが伝わっていません。それを知ろうと志す者は悲しむことでしょう。
 このために、少しばかり外国の見聞を集め、正法に明るい宗師の秘訣を記して、仏道を学びたい人に伝えるのです。
 この他の、禅道場の規範や寺院の規則については、今教える余裕はありませんし、又それらは、簡略に済ませるべきものではありません。
 

《結びの章です。「みだりがはし」は謙遜の言葉でもあるでしょうが、半ばは本音で、こんな当たり前のことは言わなくてもいいようであればいいのに、という気持ちもあるのではないでしょうか。
 これはあくまで初心者講習で、本当は、もう一歩進んだところの話をしたいのだが、しかし、今はまずその初心者を育てなくてはならない、ということでしょう。
 「はななきそらに…」は、今はまだ正法の受け入れられているとは言えないわが国で、こればかりのことを話してみても、それが大きく変わるというものではないだろうが、僧でもしなければまじめな後進たちの拠り所がないであろうから、せめて自分が学んできたことを書き著せば、いささかなりともその手助けにはなるだろう、という気持ちと思われます。
 そうでもしなければ、さしあたって仏法に志している者の道しるべとなるものがない、本当ならこの他に「叢林の規範および寺院の格式」についても、もっときちんと話すべきだが、それをするには、今はまだ準備ができておらず、軽々に語ることはできないから、それはまた改めてのことにしなければならない、…。
 「寺院の格式」を語らねばならないというのは、急に現世的な話で変ですが、『全訳注』は「儀式」と訳していますから、日常の行動の作法など、後に「洗浄」や「洗面」巻に語られるような内容を言うのでしょうか。

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ