『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

2 執侍服労の日月

 かくのごとくの供養、かならず誠心(ジョウシン)に修設(シュセツ)すべし。諸仏かならず修しきたりましますところなり。その因縁、あまねく経律にあきらかなれども、なほ仏祖まのあたり正伝しきたりまします。
 執侍(シツジ)服労の日月、すなはち供養の時節なり。形像(ギョウゾウ)舎利を安置し、供養礼拝し、塔廟をたて支提(シダイ)をたつる儀則、ひとり仏祖の屋裏(オクリ)に正伝せり、仏祖の児孫にあらざれば正伝せず。
 またもし如法(ニョホウ)に正伝せざれば、法儀相違す。法儀相違するがごときは供養まことならず。供養まことならざれば、功徳おろそかなり。かならず如法供養の法、ならひ正伝すべし。
 令韜(レイトウ)禅師は曹谿の塔頭(タッチュウ)に陪侍して年月をおくり、盧行者は昼夜にやすまず碓米供衆(ツイメイクジュ)する、みな供養の如法なり。これその少分なり、しげくあぐるにいとまあらず。かくのごとく供養すべきなり。
 
 正法眼蔵 供養諸仏 第五
 
 建長七年 夏安居
(ゲアンゴ゙)の日
 弘安第二 己卯(ツチノトウ)六月二十三日 永平寺衆寮(ジュリョウ)に在って之を書写す。

【現代語訳】
 このような供養を、必ず真心で行いなさい。これは諸仏が必ず修めてこられたものなのです。その供養の因縁は、広く経や律に明らかに説かれていますが、さらに仏祖(仏と祖師)は、それを直接 正しく伝えてこられたのです。
 諸仏に仕える月日とは、つまり供養の日々のことなのです。仏像や舎利(仏の遺骨)を安置して供養礼拝すること、塔廟や霊廟を建てる作法などは、ただ仏祖の教えの中だけに正しく伝えられてきたのであり、仏祖の児孫(門弟)でない者はそれを正しく伝えていないのです。
 又、もし法の通りに正しく伝えなければ、作法は違ったものになります。作法が違えばその供養はまことのものになりません。供養がまことのものでなければ功徳は劣ります。ですから、必ず法の通りに供養の法を学んで正しく伝えていきなさい。
 令韜禅師は曹谿(六祖慧能)の墓塔に仕えて年月を送り、また盧行者(六祖慧能)は五祖弘忍のもとで、昼夜に休まず米を搗いて僧衆に供養したことは、皆供養の作法であったのです。これはその少しの例であって多くを取り上げることはできませんが、我々はこのように供養するべきなのです。
 

正法眼蔵 供養諸仏 第五

建長七年(1255)夏安居の日
弘安二年(1279)六月二十三日、永平寺衆寮に於いてこれを書写する。

 

《禅師の結びの言葉です。
 ここでは、「執侍服労の日月、すなわち供養の時節なり」という言葉が全てでしょうか。仏道において行う振る舞いは、全てが供養ということだ、という意味と思われます。それを伝えられてきているとおり、正しい作法で行わなければならない、逆にそれがまた仏道と言うことなのだ、ただし、その供養は、「かならず如法供養の法、ならひ正伝すべし」というものでなければならない、…。
 かくして修行は定められた型のとおりに、日夜繰り返されます。
 永平寺の日課は開山以来その形を変えることなく続けられていると聞きます。
 

次から、「帰依三宝」を読んでみます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


1 供養心六種

 次に、供養の心に六種有り。
一には福田無上心。生福田(ショウフクデン)の中の最勝なり。
二には恩徳無上心。一切の善楽(ゼンギョウ)は、三宝に依って出生(シュッショウ)す。
三には生一切衆生最勝心(ショウイッサイシュジョウサイショウシン)
四には如優曇鉢華難遇心(ニョウドンハツゲナングウシン)
五には三千大千世界殊独一心。
六には一切世間出世間、具足依義心(エギシン)。謂(イハ)く、如来世間出世間の法を具足したまひ、能く衆生の与(タメ)に依止処(エシショ)と為(ナ)りたまふを、具足依義と名づく。

の六心を以て、是れ少物(ショウモツ)なりと雖も、三宝に供養すれば、能く無量無辺の功徳を獲(エ)しむ。何(イカ)に況や其の多からんをや。」
 

【現代語訳】
 次に、供養の心には六種類がある。
一は、三宝(仏、仏の法、仏の僧団)は福田(福の収穫を与える田)の中で無上のものと観じる心。三宝は福を生じる田の中で最も優れたものである。
二は、仏の恩徳(恩恵)は無上のものと観じる心。すべての善き楽しみは三宝によって生まれる。
三は、三宝はすべての人々に最勝の心を生じさせると観じる心。
四は、仏には三千年に一度咲くという優曇華のように会い難いと観じる心。
五は、仏心は、全世界の中でかけがえのない一つの心であると観じる心。
六は、仏はすべての世間と出世間(出家)の人々のよりどころであると観じる心。如来(仏)は世間と出世間の法を熟知されていて、よく人々のためによりどころとなられていることを具足依義という。
 この六つの心によって、たとえ少しの物でも三宝に供養すれば、無量無辺の功徳が得られるのである。まして、その供養が多ければなおさらである。」と。
 

《供養するときの気持ちの持ち方、何を信じて供養ということをするのか、という点での区別でしょうか。
 『提唱』が、例えば「福田無上心」について、「供養ということが幸福を生む源泉(福田)であって、しかもその最高のものであるという気持ちを持って供養することである」と言っていて、こういうふうに解すると分かりやすく思われます。つまり、そういう気持ちを持って供養するというやり方がある、場合がある、と考えるわけです。
 二については、「恩徳無上心」は「供養によって得られるところの仏恩、あるいは功徳というものが最高であるという判断で供養をおこなうことである」とした上で、「一切のよい楽しみ(善楽。『全訳注』は「善と楽」としています)というものは、…三宝(仏・法・僧)の恩徳(先の言葉で言えば仏恩でしょうか)が最高のものであるということを確信して供養をする」やり方だと言います。
 三は、ここの訳は「三宝は」となっていますが、やはり「供養は」で、「すべての人々に最勝の心を生じさせると」信じて行うやり方。
 四は、優曇華の花のように滅多に見られるものではないから、「機会があったならば、ぜひ供養しようという気持ちを持」って行う。
 五は、広い世界の中で自分一人でも行おうと思って行う。
 六は、「依義」が「正しさに頼る」、「具足」が「欠けることがない」の意で、「この世の中の法則、あるいは仏道の法則、そういう正しさに完全に頼って生きていく、そういう気持ちで供養を行う」。
 一、二、三は、供養によってもたらされるものを信じる心、四、五、六は、供養ということがかけがえのないものであると信じる心、というようなことになりましょうか。
 と言われると、逐条的には一応なるほどと思いますが、やはりこの巻の初めの方で繰り返し語られてきた「有所得」の供養への批判に微妙に触れることになるのではないか、という気がします。供養は、求めるところのない、ひたすらなる無償の行為でなくてはならなかったのではなかったか、…。
 あ、いや、「観じる(信じる)」のだから、「求める」のとは違うとも言えますか。そこは大事なところかも知れません。》



にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

最上品の功徳

 しかあれば すなはち、世人もし子孫をあはれむことあらば、いそぎ出家せしむべし。父母をあはれむことあらば、出家をすすむべし。
 かるがゆゑに、偈にいはく。「若し過去世無くんば、応に過去仏無かるべし、若し過去仏無くんば、出家受具無からん。」
 この偈は、諸仏如来の偈なり。外道の過去世なしといふを破するなり。しかあればしるべし、出家受具は過去諸仏の法なり。われらさいはひに諸仏の妙法なる出家受戒するときにあひながら、むなしく出家受戒せざらん、なにのさはりによるとしりがたし。
 最下品(サイゲボン)の依身(エシン)をもて、最上品(サイジョウボン)の功徳を成就せん、閻浮提(エンブダイ)および三界のなかには、最上品の功徳なるべし。この閻浮の人身いまだ滅せざらんとき、かならず出家受戒すべし。
 

【現代語訳】
 ですから世の人が、もし子孫をいとおしむのなら、急いで出家させなさい。父母をいとおしむのなら、出家を勧めなさい。
 それゆえに、仏法の詩句は次のように説いています。「もし過去の世が無ければ過去の仏は無かったであろう。もし過去の仏が無ければ 出家受戒も無かったであろう。」と。
 この詩句は 諸仏如来の詩句であり、外道の説く過去の世は無いという考えを破るものです。このことから知りなさい、出家受戒は過去の諸仏が伝えた法なのです。我々が、幸いにも諸仏の優れた法である出家受戒をする機会に会いながら、空しく出家受戒しなければ、それは何の障りによるものか知り難いところです。
 最下等のこの身によって、最上等の出家受戒の功徳を成就することは、人間の住む世界、この世の中では最上等の功徳なのです。ですから、この世の人身がまだ滅しないうちに、必ず出家受戒しなさい。
 

《昔、王侯貴族の心ある人々のもとで無数の人々が出家し、釈迦一族が釈迦の導きによって皆が出家したように、お前たちも、身内を大事に思うなら出家を勧めるのがよい、…。
 その後の「かるがゆゑに」がよく分かりません。この前後はどういうふうにつながるのでしょうか。
 その前に偈の意味を考えます。この偈から否定語を除くと「過去世があるから過去仏があり、過去仏があるから出家受具ということがある」となります。
 で、その先を勝手に続けると、そのように出家受戒ということが可能なのだから、それに沿ってよろしく出家受戒すべきである、というこになるでしょうか。
 そして後段の、出家受戒こそは「最上品の功徳」なのである、となります。
 この偈はそこまでの意味を持っている、という理解でしょうか。
 それにしても、「かるがゆゑに」の原因と結果が反対で、だから出家を勧めよと始めに返るのが普通の言い方ではないかと思いますが、…。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

順次生受業~6 提婆達多4

 瞿伽離(クカリ)比丘は、千釈(センジャク)出家の時、そのなかの一人なり。調達(チョウダツ)、瞿伽離二人、出城門のとき、二人のれる馬、たちまちに仆倒(フトウ)し、二人むまよりおち、冠ぬけておちぬ。ときのみる人、みないはく、「この二人は仏法におきて益をうべからず。」
 この瞿伽離比丘、また倶伽離といふ。此生に舎利弗(シャリホツ)、目犍連(モッケンレン)を謗するに、無根の波羅夷(ハライ)をもてす。世尊みづからねんごろにいさめましますに、やまず。梵王(ボンノウ)くだりていさむるに、やまず。二尊者を謗するによりて、次生に地獄に堕しぬ。いまに続善根の縁にあはず。
 四禅比丘、臨命終のとき、謗仏せしによりて、四禅の中陰かくれて、阿鼻獄の生相(ショウソウ)たちまちに現じてすなはち命終し、阿鼻地獄に堕せり。かくのごとくなるを、順次生受業となづく。
 

【現代語訳】
 瞿伽離比丘は、千人の釈迦族が出家した時の、その中の一人でした。その時、調達(提婆達多)と瞿伽離の二人が城門を出ようとすると、二人の乗った馬が突然倒れ、二人は馬から落ちて冠が抜け落ちました。それを見た人は皆言いました。「この二人には仏法の利益はなかろう。」と。
 この瞿伽離比丘は、又の名を倶伽離と言います。この人は生前に根拠なく、舎利弗や目犍連が波羅夷罪(重罪)を犯していると誹謗しました。
 釈尊は自ら瞿伽離を制止しましたが止めませんでした。また梵天王が天から下りてきて彼を制止しましたが、それでも止めませんでした。瞿伽離は、この二人の尊者を誹謗したことで、次の生には地獄に堕ちました。彼は今になっても善根を育てる縁に会うことが出来ません。
 また四禅比丘(四種の禅定を得て四果の悟りを得たと慢心する出家)は、命が終わる時に仏を謗ったことで、四禅の中陰が隠れて阿鼻地獄の相がたちまち現れ、死後には阿鼻地獄に堕ちました。このような例を順次生受業と言います。
 

《瞿伽離比丘は、提婆達多の弟子と言われている人のようです。
 始めに語られる二人とも揃って「馬、たちまちに仆倒」したという話は、奇跡的なことですが、それがいきなり「仏法におきて益をうべからず」となるのは、ちょっと飛躍があるような気がします。
 ひょっとして、前後二つのエピソードは、前後逆順で、普段、舎利弗や目犍連の悪口を言っていたのを、世間の人が快からず思っていた(提婆達多についても、同じようなことがあったのでしょう)ので、落馬したときに、人々はそれ見たことかと思った、という順序が普通のように思います。
 あるいは、提婆達多の弟子ということで、普段からそういう目で見られていて、落馬をなにかよからぬ兆しと人々が思って噂していたところ、はたせるかな、舎利弗や目犍連の悪口を言い出した、という順序なのでしょうか。
 四禅比丘は「四禅定を得て、それですでに仏果を得たのだとうぬぼれていた比丘である。くわしくは『四禅比丘』の巻を参照されたい」(『全訳注』)という人です。
 なお、前節で、この節は『全訳注』、『提唱』と合流すると言いましたが、文章は少しずつ異なっていました。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

奥書

 彼の本の奥書(オクガキ)に曰く。
 建長五年正月六日、永平寺に于(オイ)て書す。
 如今(イマ)、建長七年乙卯(キノトウ)、解制の前日、義演書記をして書写せしめ畢(オハ)んぬ。同じく之を一校せり。

 右の本は、先師最後の御病中の御草なり。
 仰ぎ以(オモン)みるに、前(サキ)に撰ずる所の仮字正法眼蔵等、皆書き改め、竝(ナラ)びに新草具(ツブ)さに都盧(トロ)一百卷、之を撰ずべしと云云。既に始草の御(オン)此の卷は、第十二に当たれり。
 此の後、御病漸漸(ゼンゼン)に重増したまふ。仍(ヨ)って御草案等の事も即ち止みぬ。所以(ユエ)に此の御草等は、先師最後の教勅なり。
 我等不幸にして一百卷の御草を拝見せず、尤も恨むる所なり。若し先師を恋慕し奉らん人は、必ず此の十二卷を書して、之を護持すべし。此れ釈尊最後の教勅にして、且つ先師最後の遺教(ユイキョウ)なり。
                               懐弉之を記す

【現代語訳】
  本書の奥書きに言う。
  建長五年一月六日、永平寺に於て書く。
  今、建長七年、解制の前日に、義演書記に書写させ終り、同じくこれを一校正した。

  右の本は、先師最後の病中の御起草である。仰いで考えるに、先師は以前に撰述した仮名正法眼蔵などを皆書き改め、並びに新たに起草して、すべて合わせて一百卷を撰述しようとしたようである。すでに起草されたこの卷は、第十二に当たる。
 この後は、御病状がしだいに重くなられたので、御草案等の計画もそこで中止されたのである。故にこの御草案等は、先師最後の教えである。
 我々は不幸にして、先師の一百卷の御起草を拝見できなかったことを、最も残念に思う。もし先師を恋慕している人であれば、必ずこの十二巻を書写して護持しなさい。これは釈尊最後の教えであり、また先師最後の遺教である。
                              懐弉これを記す。

 

《この章は、巻末に懐弉が書き添えた部分で、先に記したように、『全訳注』には原文は載っておらず、「開題」にその現代語訳があります。
 禅師最後の教えとあって、懐弉には格別の思いがあったのか、この巻の由来を語り残します。
 途中「始草の御此の卷は、第十二に当たれり」が分かりませんが、禅師の真筆とされる『正法眼蔵嗣書』などではそのようになっている、という意味でしょうか。
 ちなみに、特に関係はありませんが、禅師が京に向かう道中、木ノ芽峠で詠んだとされる歌を挙げておきます。
 

  草の葉に かどでせる身の 木部山 雲に路ある 心地こそすれ     》
 

八大人覚おわり。

次は「三時業」巻を読んでみます。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ