『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

3 3現前供養~6他作供養

 第三に現前供養とは、面(マノアタ)り仏身及び支提(シダイ)とに対して、供養を設くるなり。
 第四に不現前供養は、不現前の仏及び支提に於て、広く供養を設く。
 謂(イハ)く、現前と不現前と共に、仏及び支提塔廟に供養し、并(ナラ)びに不現前の仏及び支提塔廟に供(クウ)ず。
 現前供養は、大功徳を得(エ)、不現前供養は、大大供養を得(ウ)。境寛広(キョウカンコウ)なるが故に、現前不現前の供養者は、最大大の功徳を得(ウ)
 第五に自作(ジサ)供養は、自身仏及び支提に供養す。
 第六に、他作(タサ)にして仏及び支提に供養す。少しく財物有れば、懈怠(ケダイ)に依(ヨ)らず、他をして施作(セサ)せしむるなり。
 謂く、自他供養は彼此(ヒシ)同為す。自作供養は大功徳を得(エ)、教他供養は大大功徳を得(エ)、自他供養は最大大の功徳を得(ウ)
 

【現代語訳】
 第三の現前供養とは、直接仏や霊廟に相対して供養を捧げることである。
 第四の不現前供養とは、仏像や霊廟のないところで広く供養を捧げることである。
 つまり、現前供養と不現前供養とは、共に仏や霊廟塔廟に供養することであり、また眼前にない仏や霊廟塔廟に供養することである。
 現前供養をすれば大きな功徳が得られ、不現前供養をすれば更に大きな功徳が得られる。広い心によって、現前と不現前の供養を修める者には、最大の大功徳が得られるのである。
第五の自作供養とは、自身が仏や霊廟に供養することである。
 第六、他の人が仏や霊廟に供養するとは、少しでも財物があれば、怠ることなく他の人に施しをさせることである。
 つまり、自身が供養しても、他の人に供養させても、同じように功徳があるのである。自身が供養すれば大きな功徳が得られ、他の人に教えて供養させれば更に大きな功徳が得られ、自ら供養し、他にも供養させれば最大の功徳が得られるのである。
 

《供養の種類、第三から六が一挙に語られます。
 現前供養よりも不現前供養の方が大きな供養となる、というところが興味深いところです。目の前に仏や霊廟が見えておれば、少々信心の薄いものでも供養する気持ちになるけれども、何もないところで供養しようという気持ちにはなかなかならないわけで、それをするのは「現前供養」よりも信心が篤いというふうにでも考えるのでしょうか。
 「謂く」以下は、前の二つの単なる繰り返しに過ぎないように思えるのですが、どういう意図か、よく分かりません。
 同様に、自作供養よりも他作供養の方が大きな供養となるというのは、自未得度先度他の精神に近いからでしょうか。
 あるいは、人に勧めて供養させるのは、自分もすでに供養の心があるのと同じだから、同時に二人が供養することになる、というようにでも考えるのでしょうか。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 支提供養 ~4

 塔成り已りて、世尊過去仏を敬いたてまつるが故に、便ち自ら礼を作したまふ。
 諸の比丘仏に白(モウ)して言(モウ)さく。「世尊、我礼(ライ)を作(ナ)すことを得んや不(イナ)や。」
 仏の言はく、「得ん。」
 即ち偈を説いて言はく、
「人等(ニントウ)百千の金(コガネ)、持し用いて布施を行ぜんよりは、一善心もて恭敬(クギョウ)して仏塔を礼せんには如かず。」
 爾の時に世人、世尊の塔を作りたまふを聞きて、香華(コウゲ)を持ち来たりて世尊に奉る。世尊、過去仏を恭敬したてまつるが故に、即ち香華を受けて持って塔に供養す。
 諸の比丘、仏に白して言さく、「我等 供養することを得んや不や。」
 仏の言はく、「得ん。」即ち偈を説いて言はく、
「百千車の真金(シンゴン)、持し用いて布施を行ぜんよりは、一善心にして、香華もて塔を供養せんには如かず。」
 爾の時に大衆(ダイシュ)雲のごとくに集まる。仏、舎利弗に告げたまはく、「汝諸人の為に説法すべし。」
 仏即ち偈を説いて言(ノヤマ)はく、
「百千の閻浮提、中に満てる真金の施も、一法を施し、随順して修行せしめんには如かず。」
 爾の時に座中に得道の者有り、仏 即ち偈を説いて言はく、
「百千世界の中に、中に満てる真金の施も、一法を施し、随順して真諦(シンタイ)を見んには如かず。」
 爾の時に婆羅門、信を壊(ヤブ)らず。即ち塔の前に於て、仏及び僧に飯(ハン)す。
 時に波斯匿(ハシノク)王、世尊の迦葉仏の塔を造りたまふを聞きて、即ち勅して七百車の塼(セン)を載せ、仏の所(モモト)に来詣(キタ)りて、頭面(ズメン)に足(ミアシ)を礼(ライ)し、仏に白(マウ)して言(マウ)さく、
「世尊、我広く此の塔を作らんと欲(オモ)ふ、為に得んや不(イナ)や。」
 仏の言(ノタマ)はく、「得ん。」
 仏大王に告げたまはく、
「過去世の時、迦葉仏、般泥洹(ハツナイオン)したまひし時、王有り、吉利(キリ)と名づく。七宝の塔を作らんと欲(オモ)ひき。時に臣有りて王に白(マウ)さく、
『未来世に当に非法の人有りて出づべし。当に此の塔を破(ハ)して重罪を得べし。唯願はくは大王、当に塼(セン)を以て作り、金銀(コンゴン)もて上を覆(オオ)ふべし。若し金銀を取る者あらんも、塔は故(モト)のごとくに在りて全きことを得ん。』
 王即ち臣の言の如く、塼を以て作り、金薄(コンパク)もて上を覆ひき。高さ一由延(ユエン)、面の広さ半由延なり。銅もて欄楯(ランジュン)を作り、七年七月七日を経て乃ち成る。作成(ナ)し已りて、香華(コウゲ)もて仏及び比丘僧に供養す。
 波斯匿王仏に白して言(マウ)さく、
「彼の王は、福徳にして多く珍宝有り、我今当に作るべきも、彼の王に及ばざらん。」
 即便(スナハ)ち作(ナ)すこと七月七日を経て乃ち成る。成り已りて、仏及び比丘僧を供養せり。
 

【現代語訳】
 塔が出来上がると、世尊は過去仏を敬って自ら礼拝された。
 比丘たちは仏に申し上げた。「世尊よ、私たちも塔を礼拝してよろしいでしょうか。」
 仏は答えた。「よろしい。」
 そして詩句を説かれた。
「人々が、百枚千枚の金貨で布施するよりも、一たび善き心を起こして、敬って仏塔を礼拝するほうが優れている。」
 その時に世の人々は、世尊が塔をお作りになったと聞いて、香や花を持って来て世尊に捧げた。世尊は、過去仏を敬ってその香や花を受け取り、塔を供養された。
 比丘たちは仏に申し上げた。「我々も塔を供養してよろしいでしょうか。」
 仏は答えた。「よろしい。」
 そして詩句を説かれた。
「百車千車の黄金で布施するよりも、一たび善き心を起こして、香や花で塔を供養するほうが優れている。」
 その時に大衆(仏の教えに従う者たち)が雲のように集まってきた。
 仏は舎利弗に告げた。「お前は人々のために法を説きなさい。」
 仏はそこで詩句を説かれた。
「百の国々、千の国々の中に満ちる黄金の施しよりも、一つの法を施して、その教えに従って修行させるほうが優れている。」
 その時に集まりの中で悟りを得た者があった。そこで仏は詩句を説かれた。
「百の世界、千の世界の中に満ちる黄金の施しよりも、一つの法を施して、その教えに従って真理を見ることのほうが優れている。」
 それを聞いてバラモンは、信をいよいよ固くして、その塔の前で仏と僧に食事を差し上げて供養した。
 その時に、コーサラ国の波斯匿王は、世尊(釈尊)が迦葉仏の塔を作られたと聞いて、直ちに命じて七百台の車にレンガを載せて 、仏(釈尊)の所にやって来た。そして、地に頭を付けてみ足を礼拝し、仏に申し上げた。
「世尊よ、私は広く各地にこの塔を作ろうと思います。よろしいでしょうか。」
 仏は、「よろしい。」と答えた。
 そして仏は大王に教えて言われた。
「過去の世の時代に、迦葉仏が入滅された時、吉利(キリ)という名の王が供養のために七宝の塔を作ろうと思い立った。その時に臣下が王に申しあげた。『未来の世には、きっと法に背く者が出ることでしょう。そして、きっとこの塔を壊して重罪を受けることでしょう。ですから、どうか大王様、塔をレンガで作り、金銀で上を覆ってください。そうすれば、もし金銀を取る者がいても、塔は元の姿を全うすることが出来るでしょう。』
 王は、そこで臣下の言う通りに塔をレンガで作り、金箔でその上を覆ったのである。その高さは一由延で、面の広さは半由延であった。銅で欄干が作られ、七年七ヶ月と七日を経て完成した。王は塔が完成すると、香と花で仏と僧たちを供養したのである。」と。
 それを聞いて、波斯匿王は仏に申し上げた。
「彼の吉利王は、福徳円満で多くの珍しき財宝を所有しておられます。ですから、私が今塔を作っても、彼の王には及ばないことでしょう。」
 そして、直ちに七ヶ月と七日を経て塔は完成した。完成すると王は仏と僧たちを供養した。
 

《長くなりましたが、ここは例によって、この釈尊の行ったことに習って、塔をめぐりそれを供養する人の輪が広がっていく、という物語です。
 終わりの
波斯匿王の話には、塔の作り方についてのおもしろいアイデイアが盛られていますが、趣旨としてはほぼ同様の逸話の繰り返しのように思われますので、訳だけを見て通り過ぎることにします。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 支提供養~2

 僧祇律第三十三に云(イハ)く、塔法とは、仏拘薩羅国(コウサラコク)に住して遊行(ユギョウ)したまふ。時に婆羅門有りて地を耕す。世尊の行き過ぎたまふを見て、牛杖(ゴジョウ)を持し地に拄(ツ)きて仏を礼(ライ)す。世尊見已(ミオハ)りて、便ち微笑(ミショウ)を発(オ)こしたまふ。
 諸の比丘仏に白(モウ)さく、「何の因縁の故にか笑ひたまふ、唯(タダ)願はくは聞かんことを欲(ネガ)ふ。」
 仏便ち諸の比丘に告げたまはく、「是の婆羅門は、今二世尊を礼せり。」
 諸の比丘仏に白して言(コウ)さく、「何等か二仏なる。」
 仏諸の比丘に告げたまはく、「我を礼せし其の杖の下に当りて、迦葉仏の塔有り。」
 諸の比丘仏に白して言さく、「願はくは迦葉仏の塔を見んことを。」
 仏諸の比丘に告げたまはく、「汝此の婆羅門より、土塊(ドカイ)(ナラ)びに是の地を索(モト)むべし。」
 諸の比丘、即便ち之を索む。時に婆羅門便ち之を与ふ。得已(エオハ)りて、爾(ソ)の時に世尊、即ち迦葉仏の七宝塔の、高さ一由延(ユエン)、面の広さ半由延なるを現出したまへり。
 

【現代語訳】
 僧祇律の第三十三に塔の法が説かれている。仏(釈尊)がコーサラ国に留まって遊行されていた時に、一人のバラモンが地を耕していた。そのバラモンは、世尊(釈尊)が通り過ぎるのを見て、牛を操る杖を地に突き立てて仏(釈尊)を礼拝した。世尊(釈尊)はそれを見て微笑まれた。
 比丘(出家僧)たちは仏に申し上げた。「仏は何故お笑いになられたのですか。どうかその訳をお聞かせ下さい。」
 仏は比丘たちに答えた。「このバラモンは今、二人の世尊を礼拝したからである。」
 比丘たちは仏に申し上げた。「二人の仏とは、どなたのことでしょうか。」
 仏は比丘たちに答えた。「バラモンは私を礼拝すると共に、その杖の下に迦葉仏の塔があり、それを礼拝したのである。」
 比丘たちは仏に申し上げた。「どうかその迦葉仏の塔を見せてください。」
 仏は比丘たちに答えた。「それならお前たちは、このバラモンから土塊とこの土地を求めなさい。」
 そこで比丘たちはこれらをバラモンに求めると、その時にバラモンはこれらを比丘に貸し与えた。これらを得ると、そこで世尊は高さ一由延(牛車が一日で行く距離)、表の広さ半由延の迦葉仏の七宝塔を出現させた。
 

《「婆羅門」は、「仏教がインドに出る以前に盛んであった婆羅門の教えを奉じておる僧侶」(『提唱』)で、普通は仏教から見れば異端者として語られると思いますが、ここではそうではなく、「比丘」以上に釈尊と気脈を通じた話ができる人として登場しているようです。
 その婆羅門が「牛杖を持し地に拄」き立てながら釈尊を礼拝したのをみて、釈尊は「微笑」(もちろん、満足の、でしょう)を浮かべました。
 そのわけを問われて、釈尊は、その「杖の下」に「迦葉仏の塔」があるからなのだと答えます。
 「迦葉仏」というのは、釈尊の師とされる人です(「仏祖」巻)が、釈尊は、その人の塔(霊廟)がその杖の先にあるのだ、と言います。釈尊としては、自分とともに師にも礼拝をしてくれたことを喜んだ、ということでしょう。
 弟子たちにしてみれば思いもよらない話で、ぜひその塔を見たいと言い出しましたので、釈尊は、それならばと、その婆羅門からその土地を「索め」させ、ただちにそこに立派な「塔」を「現出」させたのでした。
 ちなみに、『提唱』は「現出」を「迦葉仏の塔を建てられた」と解していますが、それでは前の「其の杖の下に当りて、迦葉仏の塔有り」とは言えないでしょう。
 『全訳注』は、「婆羅門にしたがって、その土地を掘ってみるがよろしい」と訳しており、比べれば、その解釈の方が妥当だろうと思われます。が、「一由延」は約七マイルとか九マイルとかに相当すると『提唱』が言いますから、大変な遺跡が発掘されたことになり、そんな大作業を考えるのは、ちょっと非現実的です。
 それならいっそのこと、釈尊の念力で突如として「現出」させた、というくらいに考えたい気がしますが、どうなのでしょうか。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

1 たれの智人か欣求せざらん

 かくのごとく生滅する人身なり、たとひをしむともとどまらじ。むかしより、をしんでとどまれる一人いまだなし。
 かくのごとくわれにあらざる人身なりといへども、めぐらして出家受戒するがごときは、三世の諸仏の所証なる阿耨多羅三藐三菩提、金剛不壊(フエ)の仏果を証するなり。たれの智人(チニン)か欣求(ゴング)せざらん。
 これによりて、過去日月燈明仏(カコニチガツトウミョウブツ)の八子、みな四天下(シテンゲ)を領する王位をすてて出家す。大通智勝仏の十六子、ともに出家せり。大通入定(ニュウジョウ)のあひだ、衆(シュ)のために法華をとく。いまは十方の如来となれり。
 父王転輪聖王(テンリンジョウオウ)の所将衆中八万億人も、十六王子の出家をみて出家をもとむ。輪王すなはち聴許す。妙荘厳王(ミョウショウゴンオウ)の二子、ならびに父王、婦人みな出家せり。
 

【現代語訳】
 このように生滅しているのが我々の人身であり、たとえ惜しんでもその生滅を止めることは出来ないのです。昔から命を惜しんで止まった人は、まだ一人もいません。
 このように、我が物でない人身であるとしても、その身心をめぐらして出家受戒すれば、過去現在未来の諸仏が証明した無上の悟り、金剛の如き堅固な仏の悟りを得ることが出来るのです。智者であれば、誰が喜び求めずにいられましょうか。
 この道理によって、過去の日月燈明仏の八人の子は、皆 四方の国を治める王位を捨てて出家しました。また 大通智勝仏の十六人の子も共に出家して、大通仏の八万四千劫の禅定の間に、人々のために法華経を説き、今は十方の如来となりました。
 大通仏の父である転輪聖王の率いる衆の中の八万億人も、十六王子が出家したのを見て、共に出家を願い求めたところ、輪王はすぐに許可しました。また妙荘厳王の二人の子と、父王、夫人も皆出家しました。
 

《かくして、世の一切の存在は、普通、刹那生滅の道理を免れることができないのですが、人間の中にだけは、時に、そこから逃れることができる者がいます。
 図らずも袈裟を羽織ったがために、仏法の道に招き入れられ、それによって刹那生滅の道理に思い至り、そこを越える者。
 または、何かの折にその道理に思い至って、そこから出家の道に飛び込む者。
 そしてまた、ここに挙げられるように、その道理に思い至った父に導かれて出家の道にはいる者。
 「日月燈明仏」、「大通智勝仏」、「妙荘厳王」の話は、いずれも「法華経」の中に出てくるものだそうで、「転輪聖王」は、先の第五章で語られた印度の聖王です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 

一法一善

一句一偈を身心にそめん、長劫(チョウゴウ)光明の種子(シュウジ)として、つひに無上菩提にいたる。一法一善を身心にそめん、亦復如是(ヤクブニョゼ)なるべし。
 心念も刹那生滅し、無所住なり、身体も刹那生滅し、無所住なりといへども、所修の功徳、かならず熟脱のときあり。
 袈裟また作(サ)にあらず無作(ムサ)にあらず、有所住(ウショジュウ)にあらず無所住にあらず、唯仏与仏の究尽(グウジン)するところなりといへども、受持する行者、その所得の功徳かならず成就するなり、かならず究竟(クキョウ)するなり。
 

【現代語訳】
 仏法の僅かな教えでも身心に染めれば、それは永劫に智慧の光明の種子となって、遂には無上の悟りを得るのです。この袈裟の一法一善を身心に染めれば、また同じように無上の悟りを得ることでしょう。
 心の思いは、刹那に生じては滅して、止まる所なく、身体も、刹那に生じては滅して止まる所はありませんが、修めた功徳は、必ず熟して脱落(解脱)を得る時があるのです。
 また袈裟は、働きのあるものでも、ないものでもありませんし、止まる所が有るのでも、無いのでもありませんが、ただ仏だけが究め尽くすことが出来るところであっても、この袈裟を受けて護持する修行者は、その功徳によって必ず成就することが出来るのであり、必ず究め尽くすことが出来るのです。

 

《「一法一善」は一つの教え一つのよいこと、『読む』は「ここの『一法一善』は袈裟である」と言いますが、つまり、袈裟の大切さを知り、それを身につけること、というような意味でしょうか。
 「袈裟また作にあらず無作にあらず」を『読む』は「信心をもって縫わなければ袈裟はできあがらない。しかし、勝手に縫うのではなく法に従って縫うのであるから、人間の所為ではない」と注しています。前段が「無作にあらず」、後段が「作にあらず」の解説ということになります。
 「有所住にあらず無所住にあらず」がよく分かりません。例によって諸注の訳を列挙しますと、
『全訳注』・ここにありかしこにありというものでなく。
『読解』・固定的な場面があるのでもなく固定的な場面に無関係なものでもない。
『提唱』・永遠のものではない。…それじゃ空気のように頼りがないもんかというと、そうでもない。
『読む』・とどまるところが有るでもなく、とどまるところがないでもなく。

 これでは、なんとも理解のしようがないような気がしてしまいますが、『読む』が「真実のあり方が、その通り袈裟に現成している」と注を付けています。
 仏法がいわば象徴的に袈裟の形をとっているというようなことでしょうか。それは普通の人が見ても見えないけれども、「唯仏と仏と」の間で交感しうることであって、つまり、あると言えばあるし、ないと言えばないものであって、修行者には分からなくても、身につけていることによっておのずと成就へ導いてくれるものである、…。 

 


プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ