『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

十八

僧伽難提の出家~在家出家 1

第十七祖僧伽難提(ソウギャナンダイ)尊者は、室羅閥城(シラバジョウ) 宝荘厳(ホウショウゴン)王の子なり。生まれて能く言(モノイ)ひ、常に仏事を讃(ホ)む。七歳にして即ち世楽を厭ひ、偈を以て其の父母に告げて曰く、
「稽首(ケイシュ)す大慈父、和南(ワナン)す骨血の母。我今出家せんと欲(ネガ)ふ、幸願(コイネガ)はくは哀愍したまふが故に。」
 父母固く之を止(トド)む。遂に終日食らわず。乃ち其の家に在りて出家せんことを許す。僧伽難提と号(ナヅ)く。復沙門禅利多(ゼンリタ)に命じて、之が師たらしむ。
 十九載を積むに、未だ嘗て退倦(タイケン)せず。尊者毎(ツネ)に自ら念じて言く、「身 王宮に居す、胡(ナン)ぞ出家たらん。」
 一夕(イッセキ)天光下り属し、一路坦平(タンビョウ)なるを見る。覚えず徐ろに行くこと約十里許りにして、大巌の前に至るに石窟有り。乃ち中に燕寂(エンジャク)せり
 父既に子を失ひ、即ち禅利多を擯(ヒン)し、国を出でて其の子を訪尋(ホウジン)せしむるに、所在を知らず。十年を経るに、尊者得法授記し已りて、行化して摩提国(マダイコク)に至る。
 

【現代語訳】
 釈尊から第十七代目の祖師、僧伽難提尊者は、コーサラ国の首都、シラバ城の宝荘厳王の子である。生まれてすぐに言葉を話し、常に仏の教化を褒めたたえていたと言われる。七才の時、世の楽しみを嫌って、詩で父母に告げた。
「深く尊敬いたします慈悲深き父よ、深く敬愛いたします生みの母よ。私は今出家を願っています。どうか私を哀れみたまい、これをお許しください。」
 父母は子の出家を固く制止した。すると子は終日食事をらなかった。そこで、家に居るままでの出家を許し、僧伽難提と名づけた。また沙門の禅利多に命じて子の師にあてた。
 その後の十九年間、尊者は修行を怠ることはなかった。しかし尊者は、いつも心に思っていた。「私は今王宮に住んでいる、これで出家といえようか。」
 ある日の夕方、天空から光が射して、ひとすじの平坦な道が見えた。我知らずその道を十里ほど歩いていくと大きな岩があり、そこに石窟があった。尊者はその中に入り、静かに禅定にはいった。
 父は子がいなくなったので、ただちに師の禅利多を退け、国を出てその子を探し尋ねたが、所在を知ることはできなかった。その後十年が過ぎて、尊者は十六祖羅睺羅多(ラゴラタ)尊者の得法の証明を受け終わって、遊行教化しながらマダイ国にやって来た。
 

《出家の形三つ目は、在家のままで出家した(?)人の話です。
 第十七祖僧伽難提は「行持 上」巻第二十五章にでてきた人です。七歳で出家を志しましたが、両親に止められて、やむなく以後十九年間、家にあるままに出家して、仏道に励んで倦むことがなかったのです。しかしその間心晴れないままにいたところ、「一夕天光下り属し、一路坦平なるを見」て、何か吸い込まれるようにその道を行き(『山月記』を思いださせます)、「石窟有り。乃ち中に燕寂せり」ということになったのでした。
 そして十年の後に、「得法授記し已りて」摩提国に姿を現しました。摩提国というのが、初めの室羅閥城と何かゆかりのあるところであれば、それもまた意味を生じるのかも知れませんが、「中印度の古い国であるらしいが、詳細は未詳」(『全訳注』)なのだそうで、ちょっと落ち着きません。
 なお、枝葉のことですが、終わりのところ、「禅利多を擯し、国を出でて其の子を訪尋せしむるに」は、「禅利多」が「訪尋」したことになりそうですが、ここの訳では「父」が「訪尋」したことになりそうで、ちょっとへんです。
 ちなみに、『提唱』は、使役に読んで「禅利多」が「訪尋」したとし、『全訳注』は使役に読まないで「父」が「訪尋」した、としています。前にある「擯し」が使役を誘うかどうか、国王が直々に行くことがあり得るのか、というあたりが分かれ目でしょうか。
 さて、そういうエピソードについて、以下、禅師の解説です。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

結び

世尊 (ノタマ)はく、
「仮令(タトイ)百千劫(ゴウ)を経(フ)とも、所作の業(ゴウ)は亡ぜず。因縁会遇(エグウ)の時には、果報還って自ら受く。
 汝等当に知るべし、若し純黒業ならば、純黒の異熟(イジュク)を得、若し純白業(ジュンビャクゴウ)ならば、純白の異熟を得、若し黒白業ならば、雑(ゾウ)の異熟を得ん。
 是の故に汝等、応に純黒及び黒白の雑業(ゾウゴウ)を離るべし。当に勤めて純白の業を修学すべし。」
 時に諸の大衆、仏説を聞き已って、歓喜し信受しき。
 世尊のしめしましますがごときは、善悪の業つくりをはりぬれば、たとひ百千万劫をふといふとも不亡なり。もし因縁にあへば、かならず感得す。
 しかあれば、悪業は懺悔(サンゲ)すれば滅す、また転重軽受す。善業は、随喜すればいよいよ増長するなり。
 これを不亡といふなり、その報なきにはあらず。
 
 正法眼蔵 三時業

【現代語訳】
 世尊(釈尊)の言うことには、
「たとえ百千劫という長い時を経るとも、作った善悪の業はなくなることはない。その因縁が熟すれば、果報はその人自らが受けるのである。
 お前たちはよく心得ておきなさい。その業が、もし純黒の悪業であれば、純黒の悪しき果報を得、もし純白の善業であれば、純白の善き果報を得、もし黒白の混ざる業であれば、善悪混ざった果報を得るのである。
 この故にお前たちは、純黒の業や黒白混ざった業から離れなさい。そして、純白の業を修めることに努めなさい。」と。
 この時、法会に集まった人たちは、仏の教えを聞き終わると、歓喜して信奉しました。
 世尊のお示しになったことは、善悪の業を作り終われば、たとえ百千万劫の時を経てもなくならず、もし因縁が熟すれば、必ず果報を感受するということなのです。
 そういうことで、悪業は懺悔すれば滅するか、又は重いものも軽くなるのであり、善業は喜び修めれば、いよいよ増していくのです。
 これが業はなくならないということであり、その果報が無いわけではありません。 

『正法眼蔵』三時業
 

《最後は釈尊の言葉で結ばれます。
 これだけの言葉を聞いて、人々が「歓喜し信受」したというのは、ちょっと腑に落ちないような気もしますが、ここでは必要な話だけがひかれているのであって、実際はもっと長い話、例えばこの巻全体のような話がなされたのかもしれません。
 いや、現世が災厄そのものであるような生を送っている人々にとっては、そこから抜け出る道を確信を持って示されたことは、大きな救いであり喜びであったとも考えられます。

あるいはまた、もともと信用している人の言葉であれば、その言葉というよりも声を聞いただけでありがたく、まして自分たちに向かって励ますように語られたのであれば、ひとえに感激したというのも、まったく分からない話ではありません。

 『提唱』が終わりに「多少学問をしておる人はこういう巻を軽蔑する。小乗仏教の主張であって、大乗仏教ではこういう善悪のことはいわないのが普通だ、こういう理解のしかたをするわけでありますが、…善悪の因果を信ずるということが釈尊の教え」と言っています。
 なお、ここはこれで終わっていますが、『全訳注』にはこれまでの巻々と同様に、最後に次のように懐弉の言葉がありますので、添えておきます。 

「建長五年癸丑三月九日、永平寺の首座寮にありて之を書写す 懐弉」 

 次は「四馬」巻を読んでみます。》

 三時業 おわり。

大医道信~1

 第三十一祖大医禅師は、十四歳のそのかみ、三祖大師をみしより、服労九載なり。すでに仏祖の祖風を嗣続(シゾク)するより、摂心無寐(ムビ)にして脅不至席なること僅(ワズカニ)六十年なり。化(ケ)、怨親(オンシン)にかうぶらしめ、徳、人天にあまねし。真丹の第四祖なり。
 貞観(ジョウガン)癸卯(ミズノトウ)の歳、太宗、師の道味(ドウミ)を嚮(トウト)び、風彩を瞻(ミ)んと欲して、赴京(フキョウ)を詔す。
 師、上表遜謝(ソンシャ)すること前後三返なり。竟(ツイ)に疾を以て辞す。
 第四度、使に命じて曰く、「如(モ)し果して赴か不んば、即ち首を取り来れ。」
 使、山に至って旨を諭す。
 師、乃ち頸(クビ)を引いて刃に就く、神色儼然たり。
 使0、之を異とし、廻(カエ)りて状を以て聞(モン)す。帝、弥加(イヨイヨ)歎慕す。珎繒(チンソウ)を就賜(シュウシ)して、以て其の志を遂ぐ
 しかあればすなはち、四祖禅師は、身命(シンミョウ)を身命とせず、王臣に親近(シンゴン)せざらんと行持せる行持、これ千歳の一遇なり。
 

【現代語訳】
 釈尊から第三十一代の祖師大医禅師(道信)は、十四歳の頃に三祖大師(僧璨)と出会ってから、師に九年間従いました。仏祖の家風を受け継いでからは、心を整えて眠ることなく、身を横たえずに、ほぼ六十年過ごしました。その教化は、怨みのある人にも親しき人にも等しく及んで、道徳は人間界天上界に行き渡りました。大医禅師は中国の第四祖です。
 唐の貞観十七年、太宗皇帝は大医禅師の道風を尊んで、その風采を見ようと都に来るように命じました。
 師は書を差し上げてお断りすること前後三回して、終には病気を理由に辞退しました。
 太宗は、四度目に使者に命じて言いました。「どうしても来ないと言うのなら首を取ってこい。」
 使者は大医禅師の住む山に行って、その言葉を伝えました。
 すると師は、首を伸ばして刀の前に坐りました。その態度は気高く厳かでした。
 使者はこの様子を怪しんで、帰って書状で太宗に報告すると、帝は師をいよいよ感歎し敬慕するようになりました。そこで貴重な絹織物を師に贈り、その志を遂げたのです。
 このように四祖大医禅師が、自らの身命を身命とも思わず、国王大臣に親近しないように身を処した行持は、千年に一度しか巡り会えない優れた行持です。
 

《二十八人目のエピソードです。
 権力に屈しなかったという、これまでの話にはなかった、ちょっと珍しい話です。
 第一に、この人はなぜ太宗の招きに応じなかったのか、ということがありますが、ここでは「王臣に親近せざらんと行持せる行持」とあって、時の権力に近づくまいとする姿勢が讃えられているように見えます。
 しかし、次の節では、それよりも行持を重んじたからだ、ということになっています。
 いきなり第三十一祖という数字が出てきて、随分時代が一足飛びに下ったように見えますが、実はこれは釈尊から数えてのものです。
 ちなみに慧可は「真丹第二祖」とあるだけでしたし、中国の祖はこれまで達磨を初祖として数えた数字で語られてきました。
 『行持』は「達磨について『釈迦牟尼仏より二十八世の嫡嗣』(第三章2節)とあるのを受けた称呼」と言いますが、達磨は初代ですから、そのように呼ぶ意味はあるとしても、この人にはその意味はあまりないように思われます。
 達磨から数えれば第四祖になる人のようです。前の石頭が第八祖に当たるようですから、順序が後返りした格好です。それを思うと、石頭はやはりその前の、自分の寺を作らなかったという話の単なる一例ではなかったかという気がしますが、上巻でも順序は交錯していましたから、まあ、禅師の思い浮かぶまま、ということで、大きな問題ではないのでしょう。逆に、そうだとすると、達磨について語られるのが、随分遅かったと言うべきでしょうか。
 「其の志を遂ぐ」は、「その志のままにせしめた」(『全訳注』という解釈と「大医を見たいという望みをみたした」(『行持』)という解釈があるようです。
 さて、以下にこの人の行持に姿が語られます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

法演~2

翌日に上堂して、衆(シュ)にしめしていはく、
 『楊岐(ヨウギ)(ハジ)めて住す、屋壁(オクヘキ)(オロソ)かなり。
  満牀に尽く雪の珍珠を撒(チ)らす。
  項(ウナジ)を縮却して暗に嗟嘘(サキョ)す。
  翻(カエ)って憶(オモ)ふ、古人樹下に居せしことを。』」 
 つひにゆるさず。しかあれども、四海五湖の雲衲(ウンノウ)霞袂(カベイ)、この会(エ)に掛錫(カシャク)するをねがふところとせり。
 耽道の人おほきことをよろこぶべし。この道こころにそむべし。この語みに銘ずべし。
 

【現代語訳】
 その翌日、法堂に上って修行僧たちに説きました。
『私が楊岐山にはじめて住してみると、屋根も壁も隙間だらけで、床一面に雪の粒が舞い散っていた。その有り様に、首を縮めて人知れずため息をついたものだが、ひるがえって昔の仏祖は樹下で修行をされたことを懐かしく思うのである。』」と。
 こうして師は僧堂の修築を遂に許しませんでした。それでも天下の修行僧たちは、この道場に入門することを願いとしたのです。
 このように、深く仏道に志す人たちの多いことを喜びなさい。そして、この方会和尚の道を心に深く受け止めなさい。この言葉を身に刻み付けなさい。
 

《ここは、前章に記したように、法演の方会和尚についての講話の続きと考えて、『全訳注』にしたがって、引用の括弧を付けておきました。
 ちなみに、『試み』には法演の言葉の範囲が示されていませんが、敬語の使い方で見ると、この章は全てを禅師(道元)が語ったものと考えているようであり、『行持』も、その括弧の使い方で見ると、同様です。 
 ともあれ、ここも楊岐方会和尚についての話であるわけで、彼は、前日僧堂の修繕を願い出た一人の僧に語った話を、今度は偈の形で衆僧に示した、ということのようです。
 「四海五湖の…」は、現にその僧堂に集まってきている人に話すこととしては少し変ですから、終わりの「つひにゆるさず」から禅師の言葉と考えるわけです。
 そうすると、前章の「遂に不従なり」から禅師の言葉と考えることもできそうですが、どうなのでしょうか。
 もっとも、話者についていろいろ考えましたが、実は禅師には、そんなことはほぼどうでもいいのであって、要点は楊岐方会の行持に徹した姿を語ること、またそれを追慕する法演の姿勢を伝えることの方にある、というのは、もちろんのことです。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


童子二十歳の人

 善男子、爾(ソ)の時に宝蔵如来、金色(コンジキ)の右臂(ウヒ)を申(ノ)べて、大悲菩薩の頂きを摩(ナ)でて、讃(ホ)めて言(ノタマハ)く。
 『善哉善哉、大丈夫、汝が言ふ所は、是れ大珍宝なり、是れ大賢善なり。
 汝、阿耨多羅三藐三菩提を成(ジョウ)じ已(オワ)らんに、是(コ)の袈裟服は、能く此の五聖(ゴショウ)の功徳を成就して、大利益を作(ナ)さん』。
 善男子、爾の時に大悲菩薩摩訶薩、仏の讃歎したまふを聞き已りて、心に歓喜を生じ、踊躍(ユヤク)すること無量なり。
 因みに仏、此の金色の臂を申ぶるに長指合縵(ゴウマン)にして、其の手の柔輭(ニュウナン)なること、猶ほ天衣(テンエ)の如し。其の頭を摩(ナ)で已りて、其の身即ち状(カタチ)を変じて童子二十歳の人の如し。
 善男子、彼(カ)の会(エ)の大衆(ダイシュ)、諸天、龍神、乾闥婆(ケンダッバ)、人(ニン)及び非人、叉手(シャシュ)し恭敬し、大悲菩薩に向ひて種々の華を供養し、乃至伎楽(ギガク)して之を供養せり。復た種々に讃歎し已りて、黙然(モクネン)として住(ジュウ)せり。
 

【現代語訳】
 善男子よ、その時に宝蔵如来は、金色の右腕を伸ばして、大悲菩薩の頭を撫でて褒めて言ったのである。
 『善いかな善いかな、立派な男子よ。お前の願いは、大いなる宝であり、大いなる優れた善である。
 お前は無上の悟りを成し遂げて、この袈裟の服は、その五つの優れた功徳を成就して、人々に大きな利益を与えるであろう。』と。
 善男子よ、その時に大悲菩薩は、宝蔵仏の賛嘆の言葉を聞いて、計り知れない喜びに満たされたのである。
 その時に、宝蔵仏が金色の腕を伸ばして撫でたその手の指は長く、また柔らかいこと天人の衣のようであった。そして、宝蔵仏が頭を撫で終わると、大悲菩薩は二十歳の若者のように姿が変わったのである。
 善男子よ、その時の会衆や諸々の天神、龍神、乾闥婆などの人間や人間にでない者たちは、胸の前に手を組んで恭しく敬い、大悲菩薩に向って様々な花をささげ、伎楽を奏して供養し、そして様々に褒めたたえて沈黙したのである。」
 

《大悲菩薩は、元の大臣宝海で、今語っているのはその生まれ変わりである釈尊自身です。自分のことを「大悲菩薩」と呼んで話をするというのは、ちょっと違和感がありますが、まあ、そういうものなのでしょう。
 さてその大悲菩薩の決意を聞いた宝蔵如来(もとは大臣宝海すなわち大悲菩薩の息子)は、大変喜んで、その頭を撫でて(息子が父親の頭を撫でたことになりますが、あまりこだわらないことにします)、よくぞ言った、お前の願いは必ず叶うであろうと、保証を与えました。
 大悲菩薩摩訶薩は(しつこいですが、これは現在の釈尊自身なのですから、「私は」と言ってもよかったところです)心の底からの喜びを感じて踊り出したいほどだったのでした。
 「長指合縵」は、「長い指であって、指と指との間に膜がかかっておる」(『提唱』)というもので、「釈尊の三十二相」(同)の一つですが、ここでは宝蔵仏の手もそうだったということのようです。その手で頭を撫でられると、宝海は忽ち二十歳の若者に変じてしまいました。もっと長くしっかり務めよということでしょうか。
 そこに集まっていたあらゆる生き物たち、釈尊の涅槃図にあるような者どもが、無数のさまざまな花びらを振りかけ楽を奏して祝福し、とそこまではいいのですが、「黙然として住せり」はどういうことなのでしょうか。感涙にむせんで声も出なかった、というようなことでしょうか。
 さて、ここまでが第十六章からの、『悲華経』から引かれた話で、前章にあった袈裟の五つの功徳が語られて、以下、禅師自身の言葉に戻ります。


プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ