『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

二十四

閻魔の出家~2

あきらかにしりぬ、たとひ閻羅王なりといへども、人中の生をこひねがふことかくのごとし。すでにうまれたる人、いそぎ剃除鬚髪(シュホツ)し、著三法衣して、学仏道すべし。これ余趣にすぐれたる人中の功徳なり。
 しかあるを、人間にうまれながら、いたづらに官途世路(セイロ)を貪求(トング)し、むなしく国王大臣のつかはしめとして、一生を夢幻にめぐらし、後世(ゴセ)は黒闇におもむき、いまだたのむところなきは至愚なり。
 すでにうけがたき人身をうけたるのみにあらず、あひがたき仏法にあひたてまつれり。いそぎ諸縁を抛捨(ホウシャ)し、すみやかに出家学道すべし。国王大臣、妻子眷属は、ところごとにかならずあふ。仏法は、優曇華のごとくにしてあひがたし。
 おほよそ無常たちまちにいたるときは、国王、大臣、親昵(シンジツ)、従僕、妻子、珍宝たすくるなし、ただひとり黄泉におもむくのみなり。おのれにしたがひゆくは、ただこれ善悪業(ゼンアクゴウ)等のみなり。
 人身を失せんとき、人身ををしむこころふかかるべし。人身をたもてるとき、はやく出家すべし。まさにこれ三世の諸仏の正法なるべし。
 

【現代語訳】
 これによって明らかに知られることは、閻羅王(閻魔)でさえも、このように人間に生まれることを願っているということです。ですから、既に人間に生まれた人は、急いで鬚髪を剃り落として出家し、三種の法衣を着けて仏道を学びなさい。出家は、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、天上界などより優れた人間界の中の功徳なのです。
 それなのに、人間に生まれながら、徒に役人としての処世を貪り、空しく国王大臣のお使いとして一生を夢幻の中に過ごし、後世は暗黒に向かって、頼るところも無いのでは甚だ愚かです。
 既に受け難い人間の生を受けただけでなく、会い難い仏法に会うことが出来たのです。ですから、急いですべての事を投げ捨てて、出家して仏道を学びなさい。国王 大臣 妻子 眷属は、その所ごとに必ず会うものですが、仏法は、三千年に一度咲くという優曇華のように会い難いものです。
 およそ無常(死)がにわかに来る時には、国王、大臣、親友、下僕、妻子、財宝などで助けてくれるものはなく、ただ一人で黄泉路へ向かうばかりなのです。その時の自分に付いて来るものは、専ら自らの善業や悪業などだけです。
 自分が命を失う時には、命を惜しむ心が深く起こることでしょう。ですから、命の保たれている間に早く出家しなさい。まさにこれは、過去現在未来に居られる諸仏の正法なのです。
 

《さて、引用の経典についての、禅師の解説です。
 閻魔大王の話はそれとして、ともかく、人は人として生まれた幸いを十分に生かして、一日も早く出家すべきであるのに、「官途世路」に迷って一生を夢の中で過ごすようなことになってはならない、人として生まれたことを喜び、一日も早く出家しなければならない、と語られます。
 「国王大臣、妻子眷属は、ところごとにかならずあふ」というのが目を引きます。三世の生において、私たちは同じような生を繰り返すというふうに考えるようです。
 ちょっと分からなくなりました。私たちは前世からの因果の結果、現世では人間界に生まれ、現世の因果を受けて来世に六道のどこかに行くわけですが、その次はどういうことになるのでしょうか。
 地獄に行った人は、そこでの行いが好ければ、次にはまた人間界に生まれ、そこでまた新たに「国王大臣、妻子眷属」に会うことになり、そのようにして三世は繰り返して永遠に続くということなのでしょうか。
 昔、物理で質量不変の法則というのを学びましたが、ここでも、形は変わってもそのものの存在は変わることはなく、存在し続ける、そういうことがあるのでしょうか。
 「余趣」は、「趣は赴き生まれるところの意。それに、地獄趣、餓鬼趣、畜生趣、修羅趣、人間趣、天趣の六種がある。いまは、人間趣をのぞいたその余をいう」(『全訳注』)のだそうです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

3 道楷~3

 止(タダ)此の如くなるに於て、何ぞ須(モチイ)ん苦苦として貪恋することを、如今(イマ)(ヤメ)ずんば、更に何(イズ)れの時をか待たん。
 所以(ユエ)に先聖(センショウ)、人をして只(タダ)今時を尽却せんことを要せしむ。能く今時を尽さば、更に何事か有らん。
 若し心中無事なることを得ば、仏祖猶ほ是れ冤家(オンケ)の如し。一切の世事、自然(ジネン)に冷淡にして、方(マサ)に始めて那辺(ナヘン)と相応せん。
 

【現代語訳】
 このようなことを、どうして切に貪り求めることがあろうか。いま止めなければ、一体いつ止めると言うのか。
 それ故に、昔の仏祖は、人々にひたすら今という時を尽くすよう求めたのである。よく今という時を尽くせば、さらに何事があろうか。
 もし心中の無事を得たならば、仏祖でさえ仇のようなものである。そうして一切の世事に自然に冷淡になって、始めて仏道の真実と相応するのである。
 

《道楷の言葉が続きます。
 「止此の如くなるに於て」は、ここでは「~を」と訳していますが、「こういう工合であるのだから」などの方がよさそうです。なお、『提唱』は、この部分を前節の終わりに付けて「過ず」の内容の一部としています。原文が漢文ですので、区切り方がいろいろになるようですが、ここの場合、内容的には大きな違いはなさそうです。
 そういう世俗の心を断ち切るなら、「いつやるか、今でしょう」というわけです。
 「今時を尽却せんことを要せしむ」の解釈も二様で、「現在の瞬間を徹底的に生き抜くべきだ」(『提唱』)、「四つのもの(「声」「色」「名」「利」でしょう)への執着を消滅し尽くさせた」(『行持』)とあります。
 「今時を」という言い方を考えれば、『提唱』が穏当ですが、話の流れからすれば、『行持』の方が素直に読めます。もっとも、「徹底的に生きる」とは「四つのものを捨てる」ことだと考えれば、同じことを言っていることになり、多分そういうことなんでしょう。
 終わりの「心中無事」は、「四つ」を捨て去った状態、そうなれば「仏祖猶ほ是れ冤家の如し」というのは、素晴らしい言葉です。「天上天下唯我独尊」、洋風にいえば、世界の中で自立している、実存的に存在してる、ということになるのでしょう。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 道楷~2

 あるとき、衆(シュ)にしめすにいわく、
「夫(ソ)れ出家は、塵労を厭ひ生死を脱せんことを求めんが為なり。心を休め念を息(ヤ)めて攀縁(ハンエン)を断絶す、故に出家と名づく。豈(アニ)等閑(ナオザリ)の利養を以て、平生(ヘイゼイ)を埋没すべけんや。
 直(ジキ)に須らく両頭撒開(サッカイ)し、中間放下(チュウゲンホウゲ)して、声に遇(ア)い色に遇うも、石上に華を栽(ウウ)るが如く、利を見、名を見るも、眼中に屑(セツ)を著(ツク)に似たるべし
 況んや無始従り以来、是れ曾て経歴(キョウリャク)せざるにあらず、又是れ次第を知らざるにあらず、頭(コウベ)を飜(ホン)じて尾と作(ナ)すに過(スギ)
 

【現代語訳】
 師はある時、修行の衆に教えて言いました。
「そもそも出家は、煩悩を厭い生死輪廻を脱するためにするのである。心を休め念をやめて外界の縁を断つのである。それで出家と呼ぶのである。その出家が、どうして世間的利益のために平生を埋没してよいであろうか。
 直ちに有無、是非、善悪などの両端を開放し、その中間をも手放して、何を聞いても見ても、石の上に花を植えたように根付かず、利益を見ても名声を見ても、それは眼中のゴミのようでなければならない。
まして人は、遥か昔から今まで名利を経験しなかった訳ではないし、又 名利の始終を知らない訳ではない。それはただ頭と尾を取り違えているに過ぎないのだ。
 

《さて、ここから第二十九章のなかほどまでは道楷の垂示で、原文は全文が漢文です。
 まずは出家ということの意味ですが、「両頭撒開」以下は明解で面白い説き方だという気がします。
 一切の対立・相対的概念を解き放ってしまえ、そしてそれらの中間的な見方(『行持』は「折衷的な見方」と言います)も捨てよ、…。普通に言えば、あるものをあるがままに受け入れよ、と言うところでしょうか。
 特に次の「声」「色」「名」「利」に出会っても、「石上に華を栽るが如く」、「眼中に屑を著るに似たるべし」(すぐに取り出そうという気持ちにならなくてはならない)というのがいい譬喩です。
 以下は、「況んや」がちょっと分かりにくいのですが、まして、「声」「色」「名」「利」に初めて出会ったというなら、それに惑うということがあってもやむを得ないとも思えるが、その「声」「色」「名」「利」は、大昔から人間のよく知っているものなのであり、またそれがどのように我々の心に入り込んで来、我々をどのようにするかということも、すでによく承知していることなのだから、(そういうものに心を奪われるのは)何が大切で何が無用のことかを取り違えているだけのことで、そういうものは少しも早く放念するべきなのだ、…というような意味でしょうか。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

1 芙蓉道楷~1

 芙蓉山の楷祖(カイソ)、もはら行持見成の本源なり。国主より定照(ジョウショウ)禅師号ならびに紫袍(シホウ)をたまふに、祖うけず、修表(シュヒョウ)具辞す。国主とがめあれども、師つゐに不受なり。
 米湯(ベイトウ)の法味つたはれり、芙蓉山に庵せしに、道俗の川湊(センソウ)するもの、僅(オオヨソ)数百人なり。日食(ニチジキ)粥一杯なるゆゑに、おほく引去(インコ)す。師ちかふて赴斉(フサイ)せず。
 

【現代語訳】
 芙蓉山の道楷祖師は、専ら行持実践の本源とすべき人です。国主から定照禅師号と紫衣を賜ったのですが、師は受けず、書をしたためて辞退しました。国主は咎めましたが、師は遂に受けなかったのです。
 薄いお粥を頂いて修行する質素倹約な宗風は世に伝わり、師が芙蓉山に住すると、出家在家の者が四方から集まって、その数は数百人ほどにもなりました。しかし、日々の食事はお粥一杯なので、その多くは去って行きました。また、師は誓って在家のお斎には赴きませんでした。
 

《三十二人目のエピソードです。だいぶ終わりに近づいて、あと、この人を含めて四人です。
 さて、この人は一〇四三年生まれと言います(『行持』)から、ここも一気に時代が下ってきました。
 『行持』によれば、二十九歳で「具足戒」を受けて後、しばらくは山に庵を結んで「虎を友とした」と言われているそうです。
 彼が宋の徽宗皇帝から定照禅師号と紫衣を賜るという話を受けたのは、晩年六十六歳の時のことでしたが、「利名を受けず」と断ったために、「皇帝の怒りを買い、淄州(山東省済南道)に流罪に処せられるに至った」そうで、「とがめあれども」はそのことを言っているのでしょう。
 そう言えば、先日イチロー選手が国民栄誉賞の授与を辞退したという報道がありました。彼らしい逸話ですが、時の権力からのこうした好意(?)を拒否するのは、時代によっては、危険なこともあるのですが、彼がそういうことにならなかったのは、民主主義の世のありがたさであるわけです。もっとも、彼の場合、これが三度目だそうで、こういうことは二度が限度なのではないかという気がします。三度も推すという感覚は、何やら押しつけがましく、別の意図があるのではないかと思ってしまいます。
 それはそれとして、この道楷は、流罪から幸いすぐに許されて故郷に帰った後、招かれて芙蓉山に住むことになったようです。
 さて、彼のエピソードは、これが本題ではなくて、彼の語った長い垂示がそれなので、以下二十九章まで、それが綴られます。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

3 雲居弘覚

雲居山(ウンゴザン)弘覚(コウガク)大師、この道を七通八達するにいはく、「説の時は行の路なく、行の時は説の路なし。」
 この道得は、行説(ギョウセツ)なきにあらず、その説時(セツジ)は、一生不離叢林なり。その行時(ギョウジ)は、洗頭到雪峰前なり。
 説時無行路(ムギョウロ)行時(ギョウジ)無説路、さしおくべからず、みだらざるべし。
 

【現代語訳】
 雲居山弘覚大師が、この洞山の道を自在に説いて言うには、「説く時には行えず、行う時には説けない。」と。
 この言葉は、行うことや説くことがないと言うのではありません。その説く時というのは、一生道場を離れないことです。その行う時というのは、昔ある僧が頭を洗い、雪峰禅師の前に来て、髪を剃ってもらったという、このことです。
 この「説く時には行えず、行う時には説けない」という言葉を解明せずに放っておいたり、いいかげんにしてはいけません。
 

《この人は七人目(第九章)に一度採り上げられたことのある人で、二度目の登場ですが、『全訳注』に倣って十八人目としておきます。
 初めの「この道」は、訳にあるように「洞山の道」で、それについての弘覚の解説を挙げて、それに基づいて禅師の解釈を語る、という形になっています。
 弘覚は、「行ずることが出来ないことを説き」(前節)とあったところを「説の時は行の路なく」と言ったわけで、理論で解くべきことは理論でしか解けないのだ、と言い切ったことになりそうです。
 もちろんその場合、行においても同じく、行で解くべきことは行でしか解けない、ということになります。
 それについて、禅師は、「行説なきにあらず」と言うのですが、それは「この二つの差異をはっきりと認め」るということだと、『行持』が言い、以下をその例示だとします。
 「一生不離叢林なり」は趙州従諗の言葉((第十一章で十二人目に挙げられた人で、この言葉は第十二章にあります)で、「一生叢林を離れず、不語なること十年五載」とあり、徹底して自分と向き合うことを言っていると解したところでしたが、これを同書は「説時の語であって、…『説時、行路無ク』の実現と言えよう」と言います。
 次の「洗頭到雪峰前」は本書「道得」巻にある話で、師の前に自分を投げ出して教えを受けるといった逸話らしく、「この無言の『行時』には、全く、『行』のみ存して、『説路』の存しなかったことを挙げている。この無言の行為もまた行持に外ならぬと言うのである」と言います。
 そして同書はこの章を通して、「この三箇の祖師の遺語の間には㈠説に対しての行の根幹・優位から始まり、㈡行と説との相違に及び、㈢説と行との独立して実践されるべき意義に及んでいる」とまとめています。
 私としては、「一生行叢林を離れず」は説ではなくて行そのものではないのかという点に疑問は残りますが、大筋としてはそういうことなのだと、納得できるように思います。
 ただ、「独立して実践されるべき」だとは言っても、その至り着くところは同じであろうと考えています。高橋和巳が「(普遍的認識は)殆ど絶望的な孤独地獄の中に暗室にさしこむ一筋の光のようにおとずれるものだ」と言っています(『自立と挫折の青春像』)。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ