『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

二十七

出家成道の正伝

禅苑清規(ゼンエンシンギ) 第一に云く、
「三世諸仏、皆出家成道と曰(イ)ふ。西天二十八祖、唐土六祖、仏心印を伝ふる、尽く是 沙門なり。蓋(ケダ)し以て毘尼(ビク)を厳浄(ゴンジョウ)し、方(マサ)に能く三界に洪範たり。然れば則参禅問道は、戒律を先と為す。既に過を離れ非を防ぐに非ずば、何を以てか成仏作祖せん。」
 たとひ澆風(ギョウフウ)の叢林なりとも、なほこれ薝蔔(センプク)の林なるべし、凡木凡草のおよぶところにあらず。
 また合水(ゴウスイ)の乳のごとし。乳をもちゐんとき、この和水の乳をもちゐるべし、余物(ヨモツ)をもちゐるべからず。
 しかあればすなはち、三世諸仏、皆曰出家成道の正伝、もともこれ最尊なり。さらに出家せざる三世諸仏おはしまさず。これ仏仏祖祖正伝の正法眼蔵涅槃妙心無上菩提なり。
 

正法眼蔵 出家功徳第一 建長七年 乙卯(キノトウ) 夏安居日(ゲアンゴビ)。延慶三年八月六日、之を書写す。
 

【現代語訳】
 禅苑清規第一に言う。
「三世(過去現在未来)の諸仏は、皆出家して仏道を成就するといわれる。又インド二十八代の祖師や中国六代の祖師など、仏心を証し伝えてこられた方々は、すべて出家である。そもそも出家は戒律を厳守して、まさに世間の立派な模範となるべきものである。その故に、禅に参じ仏道を学ぶには、まず戒律を守ることが大切である。自ら罪過を離れ非法を防ぐことなくして、どうして仏となり祖となることができようか。」と。
 たとえ末世の道場であっても、この道場はクチナシの薫る林であって、平凡な草木の生える所ではありません。
 又修行僧は、水と乳とがよく混ざりあうように和合しなさい。その乳は、水に溶ける新鮮な乳を使うべきであり、古い残り物を使ってはいけません。
 このように、「三世の諸仏は、皆出家して仏道を成就するといわれる。」という正しい伝統は、最も尊いものです。出家をしない三世の諸仏は決しておられないのです。出家は仏祖の正しく伝えた正法眼蔵(仏法の神髄)であり、涅槃妙心(煩悩を滅ぼした優れた心)であり、無上菩提(最上の悟り)なのです。
 

《『禅苑清規』は、「禅苑というのは、禅寺禅林に同じ。清規とは軌範のこと。『禅苑清規』は現存する最古の清規である。…宋の慈覚大師・長蘆宗賾…によって記された」(サイト「つらつら日暮らしWiki」)というもののようです。
 そこで言われているのは、まず出家をして、そして受戒しなければ「成仏作祖」はあり得ない、ということです。
澆風」の「澆」は「薄い」の意で、学道の心の薄い時代ということでしょうか、そういう時代の僧堂であっても、僧堂であるのだから、凡俗とは異なる、立派な生活がなされているところでなくてはならない、…、と言っているところをみると、この「叢林」は永平寺のことを言っているのでしょうか。
 「和水の乳をもちゐるべし」がよく分かりません(以前、どこかに出てきたような気もします)が、ともあれ水で薄めた乳、乳を飲むときに、水で薄めた乳の他のものを飲んではならない、「澆風」ゆえに学道心が薄いのは仕方がないが、仏法以外のものを求めたりしてはならない、というようなことでしょうか。
 終わりのところ、ここには「出家功徳第一」とありますが、諸注、「第一」の語がありません。
 以上で、「出家功徳」巻を終わり、次は「供養諸仏」巻を読んでみます。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

道楷~6

又況(イワン)や活計具足し、風景疎ならず、華笑むことを解(ゲ)し、鳥啼くことを解す、木馬長(トコシナ)えに鳴(イナナ)き、石牛善く走(ワシ)る。
 天外の青山色寡(スクナ)く、耳畔(ニハン)の鳴泉声無し。
 嶺上猿啼いて、露中霄(チュウショウ)の月を湿(ウルオ)し、林間鶴唳(ナ)いて、風清暁の松を回(メグ)る。春風起る時、枯木龍吟し、秋葉凋みて、寒林花散ず。
 玉階苔蘚の紋を鋪(シ)き、人面(ニンメン)煙霞の色を帯ぶ。
 音塵寂爾(ジャクニ)として、消息宛然(エンネン)たり。
 一味蕭条として、趣向すべき無し。

 

【現代語訳】
 ましてここは生計が備わり、風景もよろしい。花は咲き、鳥は鳴いている。木の馬は永えに嘶き、石の牛はよく走り回っている。
 天に聳える青い山は霞み、耳に響く泉の声は静かである。
 山上に猿は啼いて、夜露は天空の月を濡らし、林間に鶴は鳴いて、風は清らかな暁の松を吹きわたっている。春風が吹けば、枯れ木はビューと鳴って芽吹き、秋には葉がしおれて、冬の林に紅葉の花を散らす。
 石の階段は苔のあや模様を広げ、人の顔は霞に煙っている。
 世間の塵は届かず静かであり、その様子は自然そのままである。
 ただ閑寂があるだけで、求めるべきものはない。
 

《前章で道楷の生活の仕方が語られましたが、ここはその環境の話です。
 そのように暮らしていて、生活に苦労はなく、それを取り巻く自然はといえば、生き生きと活動し(「華笑むことを…」)、風景は穏やかで(「天外の青山…」)、風雅に満ち(「峰上去る啼いて…」)、修行の場である建物は清楚なたたずまいであり(「玉階苔の紋を…」)、行き交う修行僧の表情も穏やかである(「人面煙霞…」)云々と、かけがえのない、のどかで。落ちついた様子が語られ、「趣向すべき無し」と結ばれます。
 この最後の一句は「あくせくと努力するような様子もなく、一切が静かに落ち着いておる」(『提唱』)とか、「何か目的に向かって動いてゆとい必要がない」(『行持』)とか、という解もありますが、自然の様子を言ったところですから、「なんの心を騒がすものもない」(『全訳注』)という意味に考えるが穏当ではないかと思われます。
 初めの、「木馬」「石牛」…は、「芙蓉山中の馬・牛に似た樹木、巌石が、それぞれ、働きを持ち、生命あるものとして把握されている」(『行持』)のだそうです。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 僧伽難提~6

 仏祖も恩愛なきにあらず、しかあれどもなげすてきたる。仏祖も諸縁なきにあらず、しかあれどもなげすてきたる。たとひをしむとも、自他の因縁をしまるべきにあらざるがゆゑに、われもし恩愛をなげすてずば、恩愛かへりてわれをなげすつべき云為(ウンイ)あるなり。
 恩愛をあはれむべくは、恩愛をあはれむべし。恩愛をあはれむといふは、恩愛をなげすつるなり。
 

【現代語訳】
 仏祖も恩愛の情が無いわけではありません。しかしそれを投げ捨てて来たのです。仏祖も様々な世俗の縁が無いわけではありません。しかしそれらを投げ捨てて来たのです。たとえそれらを惜しんでも、自他の因縁は惜しみ尽くせるものではないので、自分がもし恩愛を投げ捨てなければ、恩愛がかえって自分を投げ捨てるということがあるのです。
 恩愛をいとおしむのなら、恩愛をいとおしみなさい。恩愛をいとおしむとは、恩愛を投げ捨てることなのです。
 

《時間の話から、急に「恩愛」の話になるのは戸惑いますが、『行持』が先に「万縁に繋縛せらるることなかれ」(第二十三章1節)とあったことを挙げて、このことが「仏行の持続・保持としての行持には、欠くべからざる要件であることを見抜いている著者(禅師)としては」、「恩愛」は時間とともに「功夫をぬすむ」もののもっとも主要な課題だったのであろうと言っています。恩愛は、これを投げ捨てなければ、かえって恩愛が自分を投げ捨てる、本来の自分を失わせるという「云為」(なりゆき・『行持』)が生じる、…。
 と言って、恩愛は、誰にとっても事ほどさようにいじらしく大切なもの、捨てよと言われて、はいと捨てられるものではありません。どう考えるか、恩愛を捨てることこそが、恩愛を大切にすることになるのだ、と考えられれば、それは可能なのかも知れません。
 『提唱』が「そういうもの(恩愛)にこだわっている限り、時間がどんどんとたって、人生というものが消えていってしまう。だから、…まず人生の意味とは何かということを考え、それをつかむことに一所懸命の努力をすべきである」と言います。
 こういう話になると、高校時代に大きな壁として読んだ『狭き門』のアリサが思い出されます。彼女は神への愛に全霊を捧げようと、自分と恋人ジェロームの相愛を拒絶します。 あの場合は、こういうふうに生きる人もいるか、と感嘆して読めばよかったのですが、ここの場合は、全ての人はこのように生きよという話ですから、別次元です。
 『提唱』の解説はいささか安直に聞こえますが、この世の人生が有限である限り、恩愛は必ず途絶えるのだから、煩悩しか生まない、しかし人生を三世と考えれば、その生は永遠無限なのだから、その永遠の生の意味を探ることの方が肝要である、と、一応理屈の上では考えられます。
 その意味を「恩愛」において探ることもできないわけではない、しかしそれは「恩愛をあはれむといふは、恩愛をなげすつるなり」というところに向かわなくてはならない、…。『行持』がこれを「大いなる発展的止揚的立場」として、「まさに仏道の真髄の言表、すなわち『道得』と言う外ないと思われる」と言います。
 そのこともまた、日々の行持において行われていくしかないことなのでしょう。
 (補足・「行持 下」巻 第十七章1節に少し具体的な解説があることに気付きました。)



にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

1 僧伽難提~5

 光陰なにとしてかわが功夫をぬすむ。一日をぬすむのみにあらず、多劫(タゴウ)の功徳をぬすむ。光陰とわれと、なんの怨家(オンケ)ぞ。うらむべし、わが不修(フシュ)のしかあらしむるなるべし。われ、われとしたしからず、われ、われをうらむるなり。
 

【現代語訳】
 月日はどうして私の修行を盗むのであろうか。一日の修行を盗むだけでなく、その永劫の功徳をも盗む。月日と私とは、何の怨みがあるというのだろうか。うらみに思うべきなのは、自分が修行しないことの結果であるということです。自分が自分と親しくないので、自分が自分をうらみに思うのです。
 

《一日の行持の大切さを語るエピソードの結びは、人にとって時間というものが持つ力の話です。
 「光陰」(時間)が「功夫をぬすむ」とは、せっかく始めた「功夫」を、時が経つとともにやめてしまう、永続きしない、というようなことを言っているのでしょうか。「初心忘るべからず」と言いますが、それはまた、それほどに忘れやすいものだということでもあります。「三日坊主」もまたしかり。
 時間は、まるで人に怨みでも持っているように、人のしようとすることを忘れさせ、持続しようとする心を萎えさせて、人を中途半端なところに置き去りにする、…。
 しかし本当は、それは時間の問題ではなく、単に自分が修行を怠っているということに過ぎない、時間を恨むのではなく、そういう「不修」の我をうらむべきなのだ、…。
 次に「われ」が続けて二組四つ出てきますが、『行持』がそれを、それぞれ初めの「われ」は「本来の自己」、後のは「不修のわれ」であるとしています。初めの一組は、その逆ではないかとも思われますが、いずれにしても、「われ」をそういうふうに区別して考えれば、意味は分かり易くなります。
 本来の自己が、現実の自己から(または、現実の自己が、本来の自己から)離れていて、本来の自己が現実の「不修」なる自己を恨めしく思う、…。自分の意に反して、自分が思うようになってくれないことを言っている、ということのようです。
 初めに「うらむべし」と言っておいて、「うらむなり」というのは変な結びのようですが、後は「うらむ」ということの説明をしているのだと考えればいいでしょう。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

3 古徳の相伝

 有るが言く、「在家の受持する袈裟は、一に単縫と名づく、二に俗服と名づく。乃ち未だ却刺針(キャクシシン)して縫ふことを用ゐず。」
 又言く、「在家道場に趣く時、三法衣、楊枝(ヨウジ) 澡水、食器(ジキキ)、坐具を具し、応に比丘の如く浄行(ジョウギョウ)を修行すべし。」
 古徳の相伝かくのごとし。ただしいま仏祖単伝しきたれるところ、国王、大臣、居士、士民にさづくる袈裟、みな却刺なり。盧行者(ロアンジャ)すでに仏袈裟を正伝せり、勝躅(ショウチョク)なり。
 

【現代語訳】
 ある人が言うことには、「在家の人が身に着ける袈裟は、一には単縫と呼ばれ、二には俗服と呼ばれるものである。それは返し針して縫っていない袈裟である。」と。
 又言うことには、「在家の者が道場に行く時には、大衣、七条衣、五条衣の三種の法衣や、口を洗浄する楊枝、口を漱ぐ水、食器、敷物の坐具などを用意して、修行僧と同じように清浄な行を修めなさい。」と。
 昔の徳ある人が言い伝えて来たことは、この通りです。しかしながら、今、仏祖が親しく伝えて来た教えでは、国王大臣や在家の信者の人々に授ける袈裟は、皆、返し針して縫ったものです。五祖弘忍の法を継いだ盧行者(六祖慧能)が、在家の身でありながらその仏袈裟を受けて、正しい伝統を伝えたことは勝れた足跡です。
 

《ここは、これまで主に出家者に対する話であったのに対して、在家者についての話で、「参考の意味で」(『提唱』)書かれているようです。
 初めの「言(いわ)く」の、一に、二に、というのが、意味がよく分かりませんが、二つの呼び名があるということでしょうか。
 この引用は「道元禅師も叡山で親しんだ『止観輔行伝弘決』の説なのだそうです(『読む』・この書名、どこで区切って『読む』のでしょうか)。
 後に「古徳の相伝かくのごとし」とありますから、禅師も、そうだと認めているわけですが、「却刺(かえし針)」のことだけは、考えが違うようです。
 袈裟はすべてかえし針で縫うという話が、前にありました(前章)が、ここでは、その原則は在家のものの袈裟には当てはまらないという説があるといいます。
 しかし禅師は、仏祖が伝えてきた袈裟はみなかえし針であって、慧能が受け継いだのもそうだったのだから、在家用のものも、やはりそれに従うべきだと言います。
 その間に二つ目の「言(いわ)く」が入り込んでいますが、これがどういう意味でここに引用されたのか、よく分かりません。持って行くべきものの中の一番に「三法衣」が挙げられていて、袈裟はそれくらい大切なものなのだ、ただし、それはかえし針で、と言いたかったのでしょうか。そういうことなら、「古徳の相伝かくのごとし」の後に、初めの引用を入れた方が分かりやすいような気がするのですが、…。


プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ