『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

三十一

大満弘忍

第三十二祖大満禅師は、黄梅(オウバイ)の人なり。俗姓(ゾクショウ)は周氏なり、母の姓を称(トナウ)なり。師は無父而生(ムフニショウ)なり。たとへば李老君のごとし。
 七歳伝法よりのち、七十有四にいたるまで、仏祖正法眼蔵よくこれを住持し、ひそかに衣法を慧能行者に附属するゆゑに、正法の寿命不断なるなり。
 

【現代語訳】
 第三十二祖大満禅師(弘忍)は黄梅県の人です。俗姓は周氏であり、母の姓を名乗っていました。禅師は父なくして生まれ、それは李という母の姓を名乗った李老君(老子)に似ています。
 禅師は、七歳で法を受け継いでから七十四歳まで、仏祖の正法眼蔵(正法の真髄)をよく護持して、密かに伝来の袈裟と正法を、慧能行者に託したことで、正法の命脈は今日まで絶えることがないのです。
 

《三十四人目。大満弘忍は前の馬祖からさらに時代は返って七世紀の人で、中国の第五祖になります。
 ここには原文の異同があるのか、手元の諸注は、この後段、「住持し」の後が、「ひそかに衣法を慧能行者に附属する、不群の行持なり。衣法を神秀(ジンシュウ)にしらせず、慧能に付属するゆゑに、正法の寿命不断なるなり」となっていて、言葉は重複しますが、こちらの方が、話が分かりやすくなっています。
 つまり「ひそかに」の具体的内容が神秀にしらせず」であることを明示して、それをもって「不群の行持」と賛嘆した話であるわけです。
 では、「神秀にしらせず」というのは、どういう意味があるのか、…。サイト「禅語に親しむ・本来無一物」にそのエピソードが紹介されています。
 弘忍には七百人の弟子があったそうで、彼が次の継承者を決めるに当たって、一同に、「自ら会得した境地を偈にして示せ」と言ったときに、第一の後継者と目されていた神秀という人が「身は是れ菩提樹 心は明鏡台の如し 時時に勤めて払拭せよ 塵埃を惹かしむること莫れ」という偈を詠んで一同はさすがと感心したのだそうです。
 ところが、その時、当時まだ新参の飯炊き僧に過ぎなかった慧能が、その偈の傍らに「菩提本(もと)樹無く 明鏡も亦(また)台に非ず 本来無一物 何れの処にか塵埃を惹かん」という偈を書いて、その至らなさを厳しく指摘するということがあって、賛否渦巻き大混乱になったそうです。
 結局、弘忍は慧能の境地の方が上と認めてこれを後継にすることにしたのですが、おおっぴらに伝法すると、慧能に不測の災いが降りかかることもあるのではないかと恐れて、それで「ひそかに」、「神秀にしらせず」、夜中、慧能を部屋に呼んで伝衣した、ということがあったのでした。
 あまり感心したやりかたではないような気もしますが、禅師は、そこまでしてでも自ら信じる正統を伝えたという点で、弘忍の行いをよしと考えた、ということでしょうか。
 あるいは、前節の、常に宇宙とともにあるということは、言い換えれば、本来無一物ということでもある、ということで語られた話かも知れません。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

4 宣宗~4

 武宗ののち、書記つひに還俗(ゲンゾク)して即位す。武宗の廃仏法を廃して、宣宗すなはち仏法を中興す。
 宣宗は即位在位のあひだ、つねに坐禅をこのむ。未即位のとき、父王のくにをはなれて、遠地の渓澗(ケイカン)に遊方(ユホウ)せしとき、純一に辨道す。即位ののち、昼夜に坐禅すといふ。
 まことに、父王すでに崩御す、兄帝また晏駕(アンガ)す、をひのために打殺(タセツ)せらる、あはれむべき窮子(グウジ)なるがごとし。しかあれども、励志うつらず辨道功夫す。奇代の勝躅(ショウチョク)なり、天真の行持なるべし。
 

【現代語訳】
 武宗が亡くなった後、書記の宣宗は遂に還俗して即位し、武宗の行った仏法廃止を止めて、再び仏法を盛んにしました。
 そして宣宗は即位してから在位の間、常に坐禅を好みました。宣宗は即位していない時代に、父王の国を離れて遠方の渓流を遊行した時に、純一に精進したのです。即位の後は、昼夜に坐禅したといいます。
 まことに宣宗の半生は、父王は既に亡くなり、跡を継ぐ兄もまた亡くなり、甥のために打ち殺されて、遠方にさまよい窮している哀れな長者の息子のようでした。しかし、仏道に励む志は変わらず修行精進したのです。これは希代の優れた足跡であり、真実の行持というべきです。
 

《武宗は三十三歳で若くして亡くなったようです。宣宗は四歳しか年長ではありませんでしたから、まだ十分に後継できる年齢だったのでした。
 武宗は仏教弾圧をしたのですが、それは彼が道教を信じたからで、サイト「世界の窓」は次の な話を伝えています。
「排仏の裏にはつねに道教派の策動があり、道士が天子に取り入る手段は、常に不老不死の強壮薬を進めることであった。しかるにこの強壮薬ははなはだ危険な代物で、これまで何人の帝王がそのために精神錯乱におちいったり、死期を早めたりしたか知れなかった」。
 こうしたことでは一般の信望は得られなかったのでしょうか、武宗の後にその反対勢力とも言える宣宗が即位することになりました。
 最初に「少而より…つねに坐禅す」とありましたが、その後ずっとそうであったようです。『行持』は「この即位後の坐禅こそ、特に実行しがたいことであったと思われる」と言います。
 『行持』は、「大唐国の皇帝として、生涯を一貫して、求道に生きた、大心根の人としての宣宗こそ、行持に徹した、希有の存在と言うべきであろうか」と言いますが、禅師が取り上げたたった一人の俗人が皇帝であったということに、私としては、実は少々違和感があります。どうも、仏教を権威づけようとしている感じがあって、できれば、もう少し無名の人であってほしかったような、…。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

3 宣宗~3

 のちに杭州塩官斉安国師の会(エ)にいたりて、書記に充(ジュウ)するに、黄檗禅師、ときに塩官の首座(シュソ)に充す。ゆゑに黄檗と連単なり。
 黄檗ときに仏殿にいたりて礼仏(ライブツ)するに、書記いたりてとふ、
「仏に著(ツ)いて求めず、法に著いて求めず、僧に著いて求めず、長老礼(ライ)を用いて何にかせん。」
 かくのごとく問著(モンヂャク)するに、黄檗便掌(ビンショウ)して、沙弥書記にむかいて道(ドウ)す、
「仏に著いて求めず、法に著いて求めず、僧に著いて求めず、常に如是(ニョゼ)の事を礼す。」かくのごとく道しをはりて、又掌(ショウ)すること一掌す。
 書記いはく、「太麁生(タイソセイ)なり。」
 黄檗いはく、「遮裏(シャリ)は是れ什麽(ナニ)の所在なれば、更に什麽の麁細(ソサイ)をか説く。」
 また書記を掌すること一掌す。書記ちなみに休去(キュウコ)す。

 

【現代語訳】
 宣宗は、後に杭州の塩官斉安国師の道場に行って書記に当てられましたが、黄檗禅師は、その時 塩官の首座(修行僧の頭)に当てられていました。そのために、宣宗は黄檗と僧堂で席を並べていました。
 黄檗がある時、仏殿に行って仏を礼拝していると、書記の宣宗が来て尋ねました。
「仏に執して求めることなく、法に執して求めることなく、僧に執して求めることがないのなら、長老は何のために礼拝しているのですか。」
 このように尋ねると、黄檗はすかさず平手打ちして沙弥の書記に言いました。
「仏に執して求めることなく、法に執して求めることなく、僧に執して求めることなく、いつもこのように礼拝しているのだ。」そう言って、また平手打ちしました。
 書記は「荒っぽいな。」と言いました。
 そこで黄檗が言うには、「ここにどんなことがあって、荒っぽいとか親切とかを言うのか。」
 そしてまた書記を平手打ちしました。書記はそこで黙りました。
 

《またしても「荒っぽい」話が出てきました。
 『提唱』によれば、「仏・法・僧というふうな三つの宝はいずれも尊いものではあるけれども、それに執着してはならないという教えが仏教には伝えられておる」のだそうで、宣宗は仏殿で「礼仏」する黄檗に、そのことを問うたのですが、黄檗はそれに対して三度の平手打ちで答えたのでした。
 『提唱』は、ここの三度目の平手打ちの後、宣宗は「おやおや、これではどうにも手がつけられない、ということでその場はおさまった」と言っていますが、それでは、これによって宣宗は納得したわけでもないということになり、それでは、宣宗は何も悟らなかったことになってしまって、ここに他の仏祖と並んで語られる意味がないように思われます。
 やはり『行持』の言うように「三度打たれて、やっと、その真意を悟って、それ以上黄檗を追及することをやめてしまった」というくらいには考えなくてはならなのではないでしょう。
 では黄檗が教えた、その「真意」とは何か。
 黄檗が「礼仏」したのは、仏法僧に対して何かを求めるということではなく、自分が行持を行おうとする前に仏の姿があったから礼したまでで、自分の振る舞いは仏法僧のあるなしに関わらず、同じことをするのだ、と言っているのでしょう。「純一に辨道する」(第三十章1節)ことの大切さではないでしょうか。
 ではなぜ「便掌」したのか。先に黄檗が臨済に六十棒を食らわしたという話があり(第三十章1節)、そこではそのたたかれた痛みによって、実存的自己に気づかしめたのではないか、と考えてみたのでしたが、ここも同じように、そういう理屈にこだわらないで、もっと生の自分、裸の自分になれ、と言っている、ということでしょうか。
 ちなみに「太生」の「麁」は俗字でもとは「麤」、鹿が集まっている形で、「しかの群は羊のように密集しないところから、遠くはなれる、あらいの意味をあらわす」(『漢語林』)のだそうです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

2 宣宗~2

 ひに父王の邦(クニ)をはなれて、ひそかに香厳の閑禅師の会に参じて、剃頭して沙弥となりぬ。しかあれども、いまだ不具戒なり。智閑禅師をともとして遊方(ユホウ)するに、廬山(ロザン)にいたる。ちなみに智閑みづから瀑布(バクフ)を題していはく、
 「崖(ガク)を穿(ウガ)ち石を透して労を辞せず、
  遠地(エンチ)(マサ)に知りぬ出処の高きことを。」
 この両句をもて沙弥を釣他(チョウタ)して、これいかなる人ぞとみんとするなり。
 沙弥これを続(ゾク)していはく、
 「渓澗(ケイカン)(アニ)能く留め得て住(トド)めんや、
  終(ツイ)に大海に帰して波濤と作(ナ)る。」
 この両句をみて、沙弥はこれつねの人にあらずとしりぬ。
 

【現代語訳】
 宣宗は、ついに父王の国を離れて密かに香厳寺の智閑禅師の道場に入門し、髪を剃り落として沙弥(見習い僧)となりました。しかし、まだ僧の具足戒を受けていませんでした。
 沙弥の宣宗は、智閑禅師と共に遊行して廬山に至りました。そのとき智閑は、自ら滝を題して詠じました。
 「崖を穿ち、石を砕いて疲れを知らず。
  遠方なれば、まさしくその滝口の高きを知る。」
 この詩で沙弥を釣って、どんな人物か試してみたのです。
 沙弥は、これに続けて詠じました。

「渓流は、どうして止めることが出来ようか。
  終には大海に集まり波浪となる。」
 智閑はこの詩を聞いて、沙弥が普通の人でないことを知りました。
 

《智閑の詩句は暗に宣宗をたとえたものと解するようで、「崖を穿ち…」は「沙弥の行持の、労を惜しまぬ精進のさまを」、「遠地方に…」は「遠く離れた所において」と訳して、以下、「その人柄の高貴なる様子を意味させた」と『行持』が言います。
 「遠地」がよく分かりませんが、あなたの生まれた土地は遠く離れて来てしまってはいるが、「出処の高きこと」は十分に察せられる、というような意味でしょうか(そうだとすると、訳の「遠方なれば」はちょっとへんで、遠くからでも、とか)。
 それに答えた宣宗の詩句は、「谷水に我が身を喩えて、そのとどむべからざる力を保持しているのであるから、終局には、大海に落ち着いて、波濤をなすに至るという、内心の覚悟を以て答え、常人にあらざる見識・意志を示したことになる」(同)ようです。
 自分がこれから辿って行くであろう道筋はだれも留められないであろうと、持って生まれた強い運命を言い、みずから「波濤」となるだろうと宣言するなど、こうした境遇にあったにしては、ずいぶん自信に満ちた言葉で、確かに「つねの人」ではない感じです。
 幼時、「戯而して龍牀にのぼりて揖群臣勢をなす」(前節)とありましたが、戯而して」は大人からそう見えたというだけのことで、彼自身としては、何気ない普通の振る舞いだったのかも知れません。
 そういう人が、甥たちからの冷遇を一体どういう気持ちで受けとめていたのか、と思うと、その精神の強靱さに感嘆します。
 昔、『東京八景』(太宰治)を読んでいて、作者自身とおぼしき主人公が、師(井伏鱒二がモデルでしょう)と美術館に行き、ある絵の前で師が、「だめだね」と言ったのに対して「ええ、だめです」と応じる場面に出会い、あのひ弱で自虐的に見える太宰も、こんなにきっぱりと明快にものを言う人だったのかと驚いた記憶があります。


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

1 宣宗~1

 唐宣宗皇帝は、憲宗皇帝第二の子なり。少而(ショウニ)より敏黠(ビンカツ)なり。よのつねに結跏趺坐(ケッカフザ)を愛す、宮にありてつねに坐禅す。
 穆宗(ボクソウ)は宣宗の兄なり。穆宗在位のとき、早朝罷(ソウチョウハ)に、宣宗すなはち戯而(ケニ)して、龍牀にのぼりて揖群(ユウグン)臣勢をなす。大臣これをみて、心風なりとす。すなはち穆宗に奏す。穆宗みて、宣宗を撫而(ブニ)していはく、「我が弟は乃ち吾が宗(ソウ)(ノ)英冑(エイチュウ)也。」ときに宣宗、としはじめて十三なり。
 穆宗は長慶四年晏駕(アンガ)あり。穆宗に三子あり。いはゆる、一は敬宗、二は文宗、三は武宗なり。
 敬宗父位をつぎて三年に崩ず。文宗継位するに一年といふに、内臣(ダイシン)謀而(ボウニ)、これを易(エキ)す。
 武宗即位するに、宣宗いまだ即位せずして、をひのくににあり。武宗つねに宣宗をよぶに癡叔(チシュク)といふ。武宗は会昌(カイショウ)の天子なり、仏法を廃せし人なり。
 武宗あるとき宣宗をめして、昔日ちちのくらゐにのぼりしことを罰して、一頓打殺(イットンタセツ)して、後華園のなかにおきて、不浄を灌(カン)するに復生(フクセイ)す。
 

【現代語訳】
 唐の宣宗皇帝は、憲宗皇帝の第二子で、幼少の頃から聡明でした。宣宗は、平生に結跏趺坐を好み、宮殿の中で常に坐禅をしていました。
 穆宗は宣宗の兄にあたります。穆宗が天子の位にあったある日、早朝の政務が終わると、宣宗は冗談で天子の座に上って群臣に挨拶しました。大臣はこれを見て少し気が狂ったようだ言って、穆宗に奏上しました。穆宗はそれを見て、宣宗を撫でで言うには、「私の弟は、我々一族の優れた跡継ぎである。」と。この時宣宗は、十三歳になったばかりでした。
 穆宗は長慶四年に亡くなりました。穆宗には三人の息子がいました。長男は敬宗、次男は文宗、三男
武宗です。
 敬宗は、父の位を継いで三年で亡くなりました。そこで文宗が後を継ぎましたが、一年ほどで臣下が謀って退位させました。
 そして武宗が即位しましたが、宣宗は未だ即位せずに、甥である武宗の国にいました。武宗はいつも、宣宗をばか叔父と呼んでいました。武宗は唐の会昌年間の天子で、仏法を迫害した人です。
 武宗はある日宣宗を呼びつけて、昔父の玉座に上ったことを罰して一息に打ち殺し、後華園の中に置いて小便をかけると、宣宗は生き返りました。

《二十三人目は宣宗(八一〇年―八五九年)で、ここに挙げられる中のただ一人の俗人です。サイト『試み』ではこのあたりを三章に分けていますが、ここでは都合上、一章3節にまとめて読むことにします。
 これまでの人と書き方が異なって、ここではその生い立ち、来歴が延々と語られます。
 まず「戯而して、龍牀にのぼりて…」というエピソードが語られますが、「少而より敏黠」、「宮にありてつねに坐禅す」という日頃の様子とはちょっと違和感のある振る舞いに思われます。十三歳で、そういう聡明さなら、まずいと思って不思議ではないと思いますが、やんちゃな一面があったということでしょうか。
 兄・穆宗はこれを擁護したということで、むしろ穆宗のおおらかさを思わせる話ですが、、禅師としては兄も一目置く聡明さだったという例として語っているのかも知れません。
 穆宗が早く亡くなって(二十九歳)、その子たちが次々に後を継ぎ、三男・武宗が二十七歳で継いだときに宣宗(まだ宗ではありませんが)は三十一歳だったようです。
 武宗は彼を「ばか叔父」と呼んで「軽んじるふうでしたが、「一頓打殺」したというのは、実はその「敏黠」を恐れていたのではないでしょうか。また「不浄を灌する」から見ると、あるいは父・穆宗がほめたことを嫉んでもいたかも知れません。
 「不浄を灌するに」は、「小便を掛けたのだが、」と逆接に訳すべきではないかと思われますが、ここでは「小便をかけると」と順接に訳し、『行持』も同様に「注ぎかけたところ」と訳して「偶然の奇蹟」としています。
 ともあれ、しかし不思議にも宣宗は生き返ったのでした。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ