『正法眼蔵』を読んでみます

      ~『現代語訳の試み』と読書ノート

超難解との誉れ(?)高い書『正法眼蔵』を読んでみます。
説いて聞かせようとして書かれたものである、
という一点を信じて、…。

仏性

五祖大満禅師

 五祖大満禅師は、蘄州黄梅の人なり。父無くして生まれ、童児にして道(ドウ)を得たり。乃ち栽松道者なり。
 初め蘄州の西山に在りて松を栽えしに、四祖の出遊に遇ふ。
 道者に告ぐ、「吾れ汝に伝法せんと欲(オモ)ふに、汝已(スデ)に年邁(ス)ぎたり。若し汝再来せば、吾れ尚汝を遅(マ)つべし。」
 師諾す。遂に周氏家の女(ムスメ)に往きて托生す。因みに濁港(ジョクコウ)の中にすつ。神物(シンモツ)護持して、七日損ぜず。因みに収(ト)りて養へり。
 七歳に至るまで童子たり。黄梅路上に於て、四祖 大医禅師に逢ふ。祖、師を見るに、是れ小児なりと雖も骨相奇秀、常の童に異なる。
 祖見て問うて曰く、「汝 (イカ)なる姓(ショウ)ぞ。」
 師答へて曰く、「姓は即ち有り、是れ常の姓にあらず。」
 祖曰く、「是れ何なる姓ぞ。」
 師答へて曰く、「是れ仏性。」
 祖曰く、「汝に仏性無し。」
 師答へて曰く、「仏性空なる故に、所以(ユヘ)に無と言ふ。」
 祖、其の法器なるを識りて、侍者たらしむ。後に正法眼蔵を付す。黄梅の東山に居して、大いに玄風を振ふ。
 

【現代語訳】
 五祖 大満禅師は蘄州黄梅県の人である。父が無くて生まれ、童子でありながら仏道を得ていた。この人が栽松道者と呼ばれる人である。
 当初、蘄州の西山で松を植えていると、四祖大医禅師の遊行に出会った。
 四祖はその道者に告げた。「私はお前に法を伝えようと思うのだが、お前は既に老年である。もしお前が生まれ変わって来るなら、私はそれまでお前を待ちたい。」と。
 師は承諾し、そして周氏という家の娘の所に出かけ、その胎に宿って生まれた。
 それで娘は濁った港に捨てたが、神仙が護持して七日間その身は損なわれなかった。
 そこで娘は赤子を引き取って養育した。師は七歳になるまで寺院で僧行を習う童子であった。そして、黄梅の路上で四祖大医禅師に会った。
 四祖は師を見て、子供ながらめずらしく秀でた骨相であり、普通の童子ではないことを知った。
 そこで四祖は尋ねた、「お前は何という姓か。」
 師は答えて、「姓はありますが普通の姓ではありません。」
 四祖が言うには、「それは何という姓か。」
 師は答えて、「仏性といいます。」
 四祖が言うには、「お前に仏性は無い。」
 師は答えて、「仏性は空であるから、仏性は無いというのでしょう。」と。
 四祖は、その童子が法の器であることを知って、侍者として仕えさせた。そして後に正法眼蔵(仏法の真髄)を付与した。その後、五祖は黄梅の東山に住して大いに宗風を振るった。
 

《大変残念ですが、この巻の初めにお断りしたように、使わせていただいているサイト「正法眼蔵現代語訳の試み」は、著者のご容態のためでしょうか、ここで中断されています。
 改めて冥福をお祈りして、この巻を終わります。
 ただし、私は老師の労作を『全訳注』にある巻の順に改編して進めていまして、同サイトには、さらに十四の巻が残されていますので、さらにそれらの巻々を読み進めて行くことにします。
 次は「行持 上」巻です。》

4 明々百草頭

 しかあれば、六神通は明々百草頭、明々仏祖意なりと参究することなかれ。
 六神通に滞累せしむといへども、仏性海の朝宗(チョウソウ)に罣礙(ケイゲ)するものなり。
 

【現代語訳】
 ですから六神通とは、単に明らかな万象の中に、明らかに仏祖の心が現れていることをいう、と学んではいけません。
 六神通に捕らわれれば、仏性海の謁見に妨げとなるのです。
 

《『哲学』が「明々百草頭、明々仏祖意」は『聠灯会要』の言葉(『哲学』・ただし『全訳注』は別の書を挙げています)だとして、「百草頭の頭は助字で百草の意、森羅万象を意味する。森羅万象はそれぞれの爾かある所以を明々白々に現成している、すなわち仏祖の意を明々白々に表現している、とするのがこの語の意味であるが、道元はここに、その語のように参究するなかれという」と言い、その理由は、「明々百草頭」によって仏性の意義は明らかであるから、更に「仏祖意」を加える必要はないとする諸注の節を認めた上で、さらに、一応はそうだが、それ以上に「仏祖といえども仏性と斉肩し得るものではないからだ」と言い添えています。
 ところで、ここでは「六神通(「菩薩が…体得した自在無礙の妙用・『哲学』)は」ということで語られているのですが、その六神通は、「仏性に由って発現している」(前節)とされたわけですから、それが「明々百草頭、明々仏祖意」(それは仏性の世界そのものであると思われます)である、ということはあり得ないのではないでしょうか。
 馬鳴尊者の「山河大地皆依建立 三昧六通由茲発現」という言葉(1節)は、それだけ読むと、「三昧六通」も仏性であるかのように思われかねないが、それはあくまでも仏性界における、菩薩・仏の行う作用ないし働きを指しているのであって、 そちらに向かうことは仏性を把握することについては妨げになるのだ、という意味での話であるように思われます。》


3 由茲発現

 昧六通、由茲発現。しるべし、諸三昧の発現未現、おなじく皆依仏性なり。全六通の由茲不由茲、ともに皆依仏性なり。
 六神通はただ阿笈(アギュウ)摩教にいふ六神通にあらず。六といふは、前三三後三三を六神通波羅蜜といふ。
 

【現代語訳】
 「諸仏の禅定、六つの神通力も、仏性海によって出現する」。この言葉から知りなさい、諸々の禅定の現れることも現れないことも、同じように皆 仏性に依っているということを。又すべての六神通の、仏性海によるものもよらないものも、共に皆仏性に依るものであることを。
 ここにいう六神通は、もっぱら阿含経に説かれている六神通のことではありません。六とは無量であり、無量の神通力を六神通波羅蜜というのです。
 

《続いて今度は三昧六通について禅師が説きます。
 まず語義を見ると、「三昧」は「梵語Samadhiの音訳であって、禅定と訳され、心を集中して安定した状態に入り、遊ぶが如き境地を指す」(『哲学』)とされます。普通にいえば、悟りの境地というところかと思われます。
 「六通」は六神通で、普通には「仏・菩薩に備わる六種の超人的な能力」(コトバンク)を言い、例えばその一つである天眼通は「仏・菩薩、また修行を積んだ人のもつ、現在・過去・未来のすべてを見通すことのできる能力」(同)というようなものですが、ここでは、「阿笈摩教(「小乗仏教を指しているようである」・『全訳注』)にいふ六神通にあらず。六といふは、前三三後三三(「前後さまざまなる不定数をいうことば」・『全訳注』)を六神通波羅蜜といふ」とされます。
 つまり六というのは、あらゆる、というくらいの気持ちで、仏や人のさまざまな能力を言うようです。なお、『正法眼蔵』に「神通」巻があります。
 そこで「三昧六通」は、悟りの世界と仏・菩薩の霊験な世界、ということになりそうです。その世界は、仏性の世界において発現する、…。
 前節では山河大地という実体を伴った現象世界について語ったのに対して、ここでは三昧六通という、実体を持たない、例えば先の「見通す」といった心の作用の世界、精神世界とでも言ったらいいのでしょうか、その世界を語って(そういう分け方は禅師の思考ではないような気もしますが)、全宇宙を網羅することになって、一切の世界は仏性によっているのだ、という話になると思われます。
 さて、その「三昧六通」が仏性に由って発現している、とは、と禅師の話が始まっていますが、その中で、「未現」もまた仏性だ、というのが分かりません。
 私の山河大地についての理解では、山河大地は常に仏性を示してそこにあるのであって、そこに仏性を見る見ないは人の問題だ、と考えているのですが、ここでは「三昧六通」が発現しないのも仏性であるとされます。それはどういうことか、…。
 その禅師の見解について『哲学』は、「三昧の『発現未現』、六神通の『由茲不由茲』とことわられていることに注意すべきであろう。…(三昧が)発しても仏性、発せざるもまた仏性である。同じく六神通のこれによるも、よらないも仏性である。」と言い、続けて、「仏性を逃れてあり得る所は何処にもないのである」と言います。そういうことであろうとは思いますが、「未現」もまた仏性だ、とはどういうことになるのか、…。
 鍵になるところかと思いますが、ここは、とりあえず措いて、先に進むしかありません。

2 驢腮馬觜

 恁麼ならば、山河をみるは仏性をみるなり、仏性をみるは驢腮馬觜(ロサイバシ)をみるなり。
 皆依は全依(ゼンイ)なり、依全なりと、会取(エシュ)し不会取(フエシュ)するなり。
 

【現代語訳】
 そうであれば、山河を見るということは仏性を見ることであり、仏性を見るということは、万物を見ることです。
 皆 仏性海によるということは、すべてが仏性海によるものであり、仏性海はすべてによるものであると、そのように会得し、また会得しないのです。
 

《「驢腮馬觜」は、文字通りにとればロバのエラ、馬のくちばしで、ずいぶん変わったものに思えますが、諸注「ロバや馬のあごや口先」(『提唱』)と、ごく軽い意味に考えていて、つまり日常ありふれたもののことを言っているようです。つまり、仏性はどこでも見えるものだということです。
 「全依と依全とは同義で、部分的依存ではなく全的依存である。全的依存とは、…あらゆる存在者は存在者たるかぎり存在性に裏付けられるとの意味である。そこで山河大地の爾かある(建立)は、まったく仏性によって爾かあるのである、このように会取すべきである」(『哲学』)。
 ここまではこれまで幾度か語られて来た話の流れから、一応理解できます。
 が、次の「不会取」が分かりにくく思われます。
 『哲学』は、続けて、「同時に、山河大地が直ちに仏性なのではなく、山河大地が爾かあること(建立)が仏性なのであるから、山河大地を直ちに仏性と考えてはならない、これが不会取である」と言い、『読解』も「実体化され固定化された分別的な理解に傾くべきではないのである」と解釈していて、ほぼ同様の理解だと思われます。
 山河大地を見るのは仏性と見ることであるが、と言って、そこに現実にある山河大地がそのまま仏性だと「会取」してはならない、そうではなくて、山河大地が「爾かある」こと、それを私は例えば『風景開眼』の光景(第六章3節)で言えば、その風景が「輝く生命の姿」として見えていること、現実のその風景は単に「もの」であるに過ぎないのですが、そのものの上にいわばヴェールのように「輝く生命の姿」としての風景が「彷彿」(前節)として見えていること、と考えてはどうかと思っているのですが、それが仏性なのだ、というようなことでしょうか。
 時はあたかも『新古今和歌集』の時代ですが、例えば、その中でよく知られた歌、
  田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ
 この歌には矛盾があって、まず、現実の田子の浦からは富士は見えないそうですし、また、雪が降っているなら「富士高嶺」は雲で見えないはずだ、と言われます。しかし本歌をこう読み変えた当代の歌人の心には、その光景が「彷彿」として見えているのであって、彼にはその光景の方が生の現実よりも美しく、「幽玄」に思われたわけです。
 幽玄もまた仏性の一つの形(逆かもしれませんが)であって、同時代の精神の生み出した美意識なのではないか、などと思ってみます。》

1 山河大地、みな仏性海

 第十二祖馬鳴(メミョウ)尊者、十三祖のために仏性海(ブッショウカイ)をとくにいはく、
「山河(センガ)大地皆依建立(カイイコンリュウ)
 三昧六通由茲発現(ユウジホツゲン)
 しかあればこの山河大地、みな仏性海なり。皆依建立といふは、建立せる正当恁麼時(ショウトウインモジ)、これ山河大地なり。
 すでに皆依建立といふ、しるべし、仏性海のかたちはかくのごとし、さらに内外中間(ナイゲチュウゲン)にかかはるべきにあらず。
 

【現代語訳】
 第十二祖馬鳴尊者は、十三祖迦毘摩羅(カビモラ)のために、仏性海について次のように説いた。

「山河大地は、皆仏性海によって建立している。
  諸仏の禅定、六つの神通力も、仏性海によって出現する。」と。
 このように、この山河大地は皆仏性の海なのです。「皆仏性海によって建立している」とは、仏性によって建立しているまさにそのものが、山河大地であるということです。
 すでに「皆仏性海によって建立している」というのですから、仏性海の姿はこのように山河大地であり、それは決して内外中間には関係しないことを知りなさい。
 

《「仏性海」は「仏性の広大無辺なことを海になぞらえている」(『読解』)ということですから、つまりは仏性を説いて聞かせたということのようです。
 馬鳴の言葉について、禅師が説きます。
 馬鳴が言ったように、山河大地はみな、仏性によって建立されている、「ありとあらゆる事物・現象が、いずれも実体的なものではなく、みな相互依存関係によって成り立っている」(同)、ということは、一つの山、一つの河が仏性を示しているのではなく、それらが全体としてそのようにあることが仏性を示している、というようなことでしょうか。
 『哲学』は「広大無辺の仏性が、形をとったら山河大地なのである」と言います。
 そういうことだから、この山河大地はすべて仏性の世界なのだ、「『皆依建立』というのは、その建立している正にその時、建立しているということわりが、そのまま山河大地をなしているのである」(『哲学』)」…。
 先に「皆依建立」と言ったが、「仏性海」とはそういうかたちであるものであって、決して、仏性が内にあってそれを核として、外形としての山河大地があるといった「内外中間」というような関係があるのではなくて、仏性はそのまま山河大地なのである、…。
 「仏性」というのは、「ほとけ」に関わる話ではなくて、やはり、先に挙げたように「仏」の字の本来の意味「ほのか・かすか。彷彿という熟語で、それらしくありながら、はっきりとは見えないさまを表す」(『漢語林』)のであって、また繰り返しますが、例えば、「特に珍しい眺めというわけではない」風景が「輝く生命の姿」(第四章3節)見せていることを指している、と考えるのがいいのではないか、という気がします。
 そして世の「山河大地」、森羅万象の一切が実はそのように存在しているのであって、そのことを認識し、把握することを、悟りというのではないか、と考えみます。》

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
  • ライブドアブログ