あるいは十二輪転、二十五有(ウ)の境界とおもひ、三乗五乗、有仏(ウブツ)無仏の見(ケン)、つくることなし。この知見をならうて、仏道修行の正道(ショウドウ)とおもふべからず。

しかあるを、いまはまさしく仏印によりて万事を放下(ホウゲ)し、一向に坐禅するとき、迷悟情量のほとりをこえて、凡聖(ボンショウ)のみちにかかはらず、すみやかに格外に逍遥し、大菩提を受用するなり。かの文字の筌罤(センテイ)にかかはるものの、かたをならぶるにおよばんや。」

 

【現代語訳】

ある人は十二因縁や二十五有を輪廻する世界と思い、また三乗や五乗の修行、仏あり、仏なし等の考えは尽きることがありません。このような見解を学ぶことが、仏道修行の正道と思ってはいけません。

しかし今は、まさに仏の悟りの法に従って万事を投げ捨て、ひたすらに坐禅する時には、迷いや悟り、思量分別の所を越えて、凡夫や聖人の道にたよらずに、速やかに出世間に逍遥して、大いなる悟りを使用するのです。これは経典の文字の方便にたよる者の、肩を並べるところではありません。」

 

《「十二輪転、二十五有の境界…、三乗五乗、有仏無仏」は、それぞれ仏教の教えの中の言葉ですが、ここでは「空華」の例です。十二輪転」は輪廻の姿、「二十五有」は人間が生きていく様々な世界、「三乗五乗」は人と仏の各段階、「有仏無仏」は仏についての考え方の段階と言うようですが、いずれにしても、こういういろいろな教えがあるが、そういう考え方を学ぶことが仏道の本道と考えてはならないのだ、と言っているわけです。

 「しかあるを」は、ここでは逆説のように訳されていますが、そのようである一方で、というように、並行する形で説かれていると考える方が解りやすそうです。

 そういうふうに「知見」を求めてはならない、その一方で、坐禅をすれば、「すみやかに格外に逍遙し」、つまりそういう「知見」の「規矩」(『全訳注』)の外に逃れ出てゆったりとできて、「大いなる悟り」を身に受けそこに遊ぶことができるのだと説きます。

 「筌罤」は、筌は魚をとるやなであり、罤はウサギをとるわなである。転じて、たんなる手段とか方便にすぎないものをいう」(同)のだそうで、文字の罠にかかっている者ということなのでしょう。

 ここまでが第四問へのこたえで、次の問に移ります。》